嘘コン用「無の恐れ」

現在このページの批評は中断しています。

**岸渡研究員の手記 **

こんな言葉がある
「無知を恐るることなかれ、偽りの知識を恐れよ」

これは無知そのものよりも、"無"を回避するために生む偽りの知識を恐るるべしという事だ。

例えば過去、原理などが不明な"無"の恐怖であった雷を神の怒りや妖怪、妖という虚像を生み出し、無を回避した。

様々な異常存在、概念などが確保、収容、保護されており、これらの本質は無から生まれた虚像の実体化によるものではないだろうか。

科学的な観点から見れば虚構、無、虚は否定されているし、否定すべきなのだろう。

今までの無理やりの虚像をより確実に物理的に説明するために生まれた学問だろうから、神や妖怪、妖は科学的には否定された。

真に恐ろしいのは、科学が凄まじい速度で、今の文明を支えるまでに発展、発達しても、人間に進歩がない点だ。

言うなれば、ソフトウェア、ハードウェアの上辺のアップデートによって支えられ、BIOSやOSは最初期のままであるという事。

疑心暗鬼の暗鬼も、虚像を指していると言っていい。暗闇に隠れた鬼。

敵無き戦場で敵を探し、あげく仲間を敵として排除する。

矛盾や虚像と分かっていても、無知より偽りの知識を求め、信じ、事実や真実とするのは、人間が"無"に対する異常なまでの本能的潜在的な恐怖によるものなのだ。

真に恐怖すべきは、そんなSCiPを生み出す人間こそではなかろうか。

私は人間が嫌いだ。
人間である己自身も嫌いだ。

だからこそ、私は財団に居る
SCiPを研究している。

私は過去脳外科の医師だった。
執刀ミスにより、医師免許を失った

脳は生物の根幹だ、いくらリスクヘッジしても、危ない橋には変わりなかった。
助けて欲しいからと、私に頼み私は執刀した。

同意書もあり、全霊を尽くした。
だが、患者はやむなく死亡した。

その時の親族の言葉を表情を私は忘れることが出来ない。

私は、その後脳について研究していた。
生物学を学び、ある時財団に呼ばれた。

助けるなどとエゴをかざすつもりはない。
私はただ、研究するだけだ。

"無"意味に時間を空費し、"無"理に死にたいけではなく私はただ、生きがいとして研究を続けている。

義務も責任もなくただ研究に没頭していた私は、生物であれば…つまり植物にも詳しくなり、今はあるSCiPの担当研究員として研究している。

ただ生き、"無"駄に"無"意味に争い、"無"理に理より離れようと、拒もうとする人間よりも美しい"彼女"は私は愛している。

私は人間が嫌いだ、私は人間だ。
だから私も"無"をそして"死"を恐れているのだ。だからこそ、SCiPに魅了されてもいるのだと私は思う。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The hugeki's portal does not exist.


エラー: hugekiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6350623 ( 18 Jul 2020 15:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License