SCP-XXX-JP 初投稿です

このページの批評は終了しました。


アイテム番号 SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス keter

特別収容プロトコル
SCP-XXX-JPが発生した場合、あらゆる手段を用いて、その企業を倒産まで追い込むべきです。
SCP-XXX-JPの発生が発覚した場合に、即座に対応するため、財団エージェントが全国の各企業に勤めなくてはいけません。
大企業において、財団との協定関係を築く為にも、SCP-XXX-JPが発生する前に、財団エージェントはできるだけ、企業内での有力者になるべきです。

説明
SCP-XXX-JPは全国の企業における企業形態に対し、異常性が生じます。
SCP-XXX-JPは経済的に大きな業績を残した企業に発生する場合が多いです。

実験データ - 日付YYYY/MM/DD

[対象]財団エージェント(課長):

 出世 結果

エージェント(課長)、室長に昇進。

エージェント(室長)、次長に昇進。

エージェント(次長)、部長に昇進。

エージェント(部長)、[編集済み]に昇進。

エージェント([編集済み])、[編集済み]に昇進。

エージェント(編集済み)、常務に昇進。

エージェント(常務)、███に昇進。

エージェント(███)、███に昇進。

エージェント(███)、███に昇進。
記録終了

結果: [編集済み]は、追加された役職であり、███に関しては、存在しない言語が使用されていました。役職の追加は、企業の上層部で行われており、その上層部でも同じ事象が発生していました。しかし、その企業の誰一人としてSCP-XXX-JPの影響下にあることを認識しておらず、その企業は財団によって[編集済み]され、倒産しました。

補遺
SCP-XXX-JPの影響を受けた企業は、その社員が昇進する時、一定の確率で、本来あるはずの役職以外の役職が追加されます。影響はその企業だけに留まらず、大きな規模の企業であるほど、影響はその企業の傘下である企業にまで及び、外部の企業にまで及びます。企業の規模は、ピラミッド状に広がるため、役職が増えるにつれピラミッドの下層が広がり、結果としてEK-クラスシナリオを引き起こす恐れがあります。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Orbit 0629's portal does not exist.


エラー: Orbit 0629のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6346854 ( 17 Apr 2020 06:54 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License