SCP-XXXX-JP 【不滅の煙草】改訂版2

このページの批評は終了しました。


不滅の煙草 改訂版2
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト██の3m×3m×3mの部屋の中に置いた水を張った水槽に沈めた状態で収容してください。水槽の水は常に規定水位を保つようにしてください。また、部屋の中に入る場合は不燃布で作られた防護服を着てください。
SCP-XXXX-JPを用いた実験は現在禁止されています。無許可でSCP-XXXX-JPが収容されている部屋に入った職員は処罰を受けます。

説明: SCP-XXXX-JPは火のついた長さ約3.6cmの██社製の紙煙草です。
SCP-XXXX-JPは燃焼によって消失せず、また破壊しても直ちに修復されます。実験によりSCP-XXXX-JP周辺の液体又は固体の低密度化が報告されており、SCP-XXXX-JPは周囲の物質を消費して燃焼しているという予測が立てられています。
また先端に灯っている火はいかなる方法を用いても消すことができず、他の有機物に燃え移った場合にも同じ性質を示します。

SCP-XXXX-JPは██県██市の██アパートが突然崩壊したことで崩壊跡から発見されました。██アパートにはカバーストーリー「欠陥住宅」が適用されました。

【SCP-XXXX-JP消火実験報告書】

実験1: SCP-XXXX-JPを二酸化炭素で満たした容器の中に入れる。

結果1: SCP-XXXX-JPは二酸化炭素の中で燃焼し続けた。容器内に変化は認められず。

実験2: SCP-XXXX-JPを水で満たした容器の中に入れる。

結果2: SCP-XXXX-JPは水の中で燃焼し続けた。容器内に変化は認められず。

実験3: SCP-XXXX-JPを真空状態にした容器の中に入れる。

結果3: SCP-XXXX-JPの火は燃焼し続けた。また、[編集済み]。

実験4: [編集済み]。

結果4: [編集済み]。

[この実験記録はO5-█の権限により編集されました。]

警告

レベル4以下の職員がこの先を閲覧した場合、
クリアランスレベル格下げまでを含む懲戒処分を受ける根拠となります。



ERROR

The VoidVoid_Void's portal does not exist.


エラー: VoidVoid_Voidのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6338987 ( 06 May 2020 06:33 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License