Shelo135-27--cc7a

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

収容プロトコル: SCP-XXX-JPとSCP-XXX-JP-Aはサイト-81██の低脅威度物品ロッカーに収容してください。SCP-XXX-JPを用いた実験は███博士またはレベル3以上の職員の同席の下で行われます。膨らんだ状態のSCP-XXX-JP-Aを発見した場合、Dクラス職員1名にSCP-XXX-JP-Aを破壊させた後にクラスB記憶処理を行ってください。SCP-XXX-JP-Aを用いた実験はDクラス職員のみが行います。SCP-XXX-JP-Aの破裂音を聞いた対象については、現在経過観察が実施されています。SCP-XXX-JP-Aを用いた実験は実験記録XXX-JP-A以降禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPはクラフト紙によって作られた高さ220㎜、正面幅180㎜、マチ幅120㎜の茶色の紙袋です。現在5つ(SCP-XXX-JP-1~SCP-XXX-JP-5)発見されており、全てに亀裂が数箇所見られます。現在SCP-XXX-JP-1の中にはゴム風船(SCP-XXX-JP-A)が現在4個入っています。一般的に使用されているゴム風船をSCP-XXX-JPの中に置くと、そのゴム風船はSCP-XXX-JP-Aとなります。SCP-XXX-JP-Aは現在4種類(赤、オレンジ、青、白)確認されています。

SCP-2035-JP-Aの異常性は、SCP-2035-JP-Aの破裂音を聞いた時に発生します。SCP-2035-JP-Aが割られた時、その破裂音を直接聞いた人間は認識災害に感染し、SCP-2035-JP-Bとなります。録音された破裂音を聞いても、感染することはありません。またこの認識災害は、破裂音を聞いてから3日経つ前にクラスB記憶処理を行えば問題はありません。
20██/█/██に██県██市にある██駅でその3日前に行われていた子供向けのレクリエーションのスタッフ18名(SCP-2035-JP-B)による大量殺人事件が発生しました。スタッフは全員白い顔に赤い鼻のピエロのような格好をしていたと報告されています。殺人の他に風船を破壊していたり、一般人から財布や鞄ではなく紙袋だけを奪っていたことにより、██県担当の職員らの注意を引きました。犯人らと同じ会場のスタッフの話から、事件を起こす前、彼らが全員ピエロに殺される夢を見ていると話していたことが分かりました。夢の内容からSCP-2035-JP-Aの異常性の1つであると判断し、確保されたその事件に遭遇し、ピエロに関連する夢をみた一般人に精神安定剤という名目でクラスB記憶処理を行いました。

SCP-2035-JPのもう1つの異常性として、SCP-2035-JPの中にゴム風船以外の物を置くと、置いた物が5分後に消滅するという点があります。またこの時「ゴム風船をください」という日本語で書かれた手紙が出現されるということが確認されます。SCP-2035-JPはゴム風船以外の物の分別も可能であり、食ベ物や娯楽品を置いた場合には、好感的な返答が見られます。今のところ財団に協力的であり、定期的に手紙の交流を行っています。詳細はインタビュー記録を確認して下さい。

インタビュー記録:

対象: SCP-2035-JP

インタビュアー: ███博士

███博士: おはようございますSCP-2035-JP。良ければお話しませんか?

SCP-2035-JP: こんにちは、少しだけならいいですよ。

███博士:ありがとうございます。いくつか質問したいのですが、まず貴方の名前を教えてくれますか?

SCP-2035-JP: 名前はありません。呼び方で困るなら、あなた方がいうようにSCP-2035-JPと呼んでください。

███博士: 分かりました。私のことは███と呼んでください。SCP-2035-JP、私たちが今5つ保護していますが、貴方は今いくついるのか教えてくれますか?

SCP-2035-JP: 前は10以上はありましたが、今は5つだけです。問題ありませんよ。

███博士: 貴方は日本語を上手く読み書きできるようですが、どこで覚えたんですか?

SCP-2035-JP: 別に上手くありませんよ。あなた達の声がこちらに聞こえているので、この言語を覚えただけです。

███博士: 貴方の目的は何ですか?

SCP-2035-JP: 私の目的はピエロを増やすことです。人を笑わせる愉快なピエロ、そんなピエロになるきっかけを作ることが私の仕事でもあります。あなたは彼ら(SCP-2035-JP-B)と会いましたか?個人差はあるとはいえ立派なピエロになれているはずです。面白かったですか?

███博士: 彼らはもういません。全て処分しました。

SCP-2035-JP: なぜですか?どうしてそんな酷いことをするんでしょうか。

███博士: こちらのセリフですよ。貴方が作った風船によって彼らは殺人鬼になったんです。殺人は笑い事でも愉快なことでもありません。知らなかったんですか?

(10分後)

SCP-2035-JP: すいません。話を終わらせてください。

███博士: 分かりました。ありがとうございました。何か聞きたいことあるならいつでも連絡してください。

SCP-2035-JP: なら私からも1つだけ聞きたいことがあります。いいですか?

███博士: いいですよ。

SCP-2035-JP: ███にとってピエロはどんな存在なのですか?

███博士: そうですね、私は少し怖い存在だと思っています。

SCP-2035-JP: そうですか。ありがとうございます。


ERROR

The Shelo135's portal does not exist.


エラー: Shelo135のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6335605 ( 16 Apr 2020 14:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License