下書き SCP-XXX-JP ピエロの風船 改稿
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

収容プロトコル: SCP-XXX-JPとSCP-XXX-JP-Aはサイト-8107の施錠可能なロッカー内部に保管してください。SCP-XXX-JPやSCP-XXX-JP-Aをレベル3以上の職員の許可なく持ち出しすることは禁じられています。膨らんだ状態のSCP-XXX-JP-Aを発見した場合、Dクラス職員1名にSCP-XXX-JP-Aを破壊させた後にクラスB記憶処理を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPはクラフト紙によって作られた高さ220㎜、正面幅180㎜、マチ幅120㎜の茶色の紙袋です。現在5つ(SCP-XXX-JP-1~SCP-XXX-JP-5)発見されており、全てに亀裂が数箇所見られます。現在SCP-XXX-JP-1の中にはゴム風船(SCP-XXX-JP-A)が現在4個入っています。一般的に使用されているゴム風船をSCP-XXX-JPの中に置くと、そのゴム風船はSCP-XXX-JP-Aとなります。SCP-XXX-JP-Aは現在4種類(赤、オレンジ、青、白)確認されています。SCP-XXX-JPの中にゴム風船以外の物を置くと、置いた物は5分後に消滅し「ゴム風船をください」と日本語で書かれた手紙が出現します。

SCP-XXX-JP-Aの異常性は、SCP-XXX-JP-Aの破裂音を聞いた時に発生します。SCP-XXX-JP-Aが割られた時、その破裂音を直接聞いた人間は認識災害に感染し、SCP-XXX-JP-Bとなります。録音された破裂音を聞いても、感染することはありません。またこの認識災害は、破裂音を聞いてから3日経つ前にクラスB記憶処理を行えば問題はありません。

事件記録-XXX-JP: 20██/█/██に██県██市にある██駅でその3日前に行われていた子供向けのレクリエーションのスタッフ18名(SCP-XXX-JP-B)による大量殺人事件が発生しました。スタッフは全員白い顔に赤い鼻のピエロのような格好をしており、殺人の他に風船を破壊していたり、一般人から財布や鞄ではなく紙袋だけを奪っていたことにより、██県担当の職員らの注意を引きました。この時SCP-XXX-JPは18つ確認されましたが、SCP-XXX-JP確保の際、SCP-XXX-JP-Bが強く暴れたため、13つは大破し異常性を失いました。その後確保された犯人らを拘束し身体検査を行った結果、白い顔、赤い鼻だったのは化粧ではなく、SCP-XXX-JP-Bの皮膚そのものが変わっていたという事が分かりました。その後SCP-XXX-JP-Bは身元の確認を行った後、終了処分されました。
犯人らと同じ会場のスタッフの話から、事件を起こす前、彼らが全員ピエロに殺される夢を見ていると話していたことが分かりました。夢の内容からSCP-XXX-JP-Aの異常性の1つであると判断し、確保されたその事件に遭遇し、ピエロに関連する夢をみた一般人に精神安定剤という名目でクラスB記憶処理を行いました。


以下の記録はSCP-XXX-JPとの手紙のやり取りを纏めたものです。

変な言い方がないか、内容がまとまっているか、また手紙の主の嘆きや悲しみを表現するためにはどうすればいいかのアドバイスもできればお願いします。
また前回の記事も置いておきます。


ERROR

The Shelo135's portal does not exist.


エラー: Shelo135のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6335605 ( 16 Apr 2020 14:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License