下書き SCP-XXX-JP ピエロ育成袋

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2035-JP

オブジェクトクラス: Safe

収容プロトコル: SCP-2035-JPとSCP-2035-JP-Aはサイト-8107の施錠可能なロッカー内部に保管してください。SCP-2035-JPやSCP-2035-JP-Aをレベル3以上の職員の許可なく持ち出しすることは禁じられています。もし膨らんだ状態のSCP-2035-JP-Aを発見した場合、Dクラス職員1名にSCP-2035-JP-Aを破壊させた後にクラスB記憶処理を行います。

説明: SCP-2035-JPはクラフト紙によって作られた高さ220㎜、正面幅180㎜、マチ幅120㎜の茶色の紙袋(Paper bag)です。SCP-2035-JPの異常性は中に物を入れることで活性化します。一般的に使用されているゴム風船をSCP-2035-JPの中に置くと、そのゴム風船はSCP-2035-JP-Aとなります。SCP-2035-JPの中にゴム風船以外の物を置くと、置いた物が5分後に消滅します。またこの時「ゴム風船をください」という日本語で書かれた手紙が出現されるということが確認されました。
SCP-2035-JP-Aはゴム風船(Rubber balloon)です。SCP-2035-JP-Aは現在4種類(赤、オレンジ、青、白)確認されています。人間がSCP-2035-JP-Aの破裂音を直接聞いた時、認識災害に感染します。感染した人間(SCP-2035-JP-B)は、睡眠時ピエロが現れる夢を見るようになります。ピエロの夢を見始めてから約1週間で人格は完全に変わり、夢の中で現れたピエロと同じ行動を他人に行おうとします。認識災害については、破裂音を聞いてから3日以内にクラスB記憶処理を行えば問題はありません。

SCP-2035-JPは20██年█月██日に広島県██市で発見され、収容に至りました。最初のSCP-2035-JP-Bは児童施設で働いていた職員8名だと考えられています。 彼らは回収される3日前、██市にある██駅で負傷者11名、死者█名の大量殺人事件を起こしました。事件当時殺人の他に風船を破壊していたり、犯人の1人がゴム風船を盗み、紙袋に入れるという変わった行動をしていたと報告があり、財団の注意を引きました。SCP-2035-JP-Bは身元の確認を終えた後、焼却処分されました。犯人らと同じ職場の職員の証言から、児童施設でゴム風船を使ったレクリエーションを行い、後始末をしていたということ、全員がピエロに殺される夢を見ていると相談していたことが分かりました。夢の内容からSCP-2035-JP-A異常性の1つであると判断し、その事件に遭遇しピエロに関連する夢をみた一般人に対し、精神安定剤という名目でクラスB記憶処理を行いました。

SCP-2035-JPは人間に近い知能を有しており、こちらがSCP-2035-JPの中に手紙を入れることで会話が可能です。食ベ物や娯楽品を入れた場合には、好感的な返答が見られます。今のところ財団に協力的であり、定期的に会話や実験を行っています。詳細はインタビュー記録や実験ログ-2035-JPを確認して下さい。

補遺1: 20██年█月█日、SCP-2035-JPから1つの手紙が送られてきました。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Shelo135's portal does not exist.


エラー: Shelo135のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6335605 ( 16 Apr 2020 14:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License