Shelo135-17--2fe4

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

こんにちは。

私は、君たちとは違う世界、時空に住んでいる者だ。

予想ついているかもしれないが、この球は私が作った道具だ。

別にバレても構わないさ。君たちの世界は私の世界と比べて科学は発達していないようだからね。

君たちがアレを死ぬ気になって調べても、この球を完全に解明することは出来ないだろう。

それほど私の世界は進んだ。進みすぎてしまった。

私は人間ではない。人間に造られた。ロボットというものだ。

私は完全に人間になりたいと考えている。

そのためには心が必要なんだ。心臓じゃないぞ?感情、意志、思いやりといえばいいかな?そんな心を作りたい。

そのためにはデータが必要なんだ。 人間が残した資料には心は1つだけではない、様々な感情というモノが集まっていると学んだ。

怒り、悲しみ、喜び,,,沢山あるようだ。

君たちの世界に恋愛という感情を知るための道具を送った。

送ってからしばらく経つがおかげでデータが取れているよ。

心ができるまでもう少しだろう。ありがとう。

お礼といってはなんだが、その道具、君たちで言うSCPをあげよう。

もし要らないなら壊してくれ。まあ壊せたらの話だが。

私の世界は退屈だからね。書物に書いてあるようなキャラクターみたいに楽しい生き方が出来ればいいなと思っているよ。

ERROR

The Shelo135's portal does not exist.


エラー: Shelo135のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6335605 ( 16 Apr 2020 14:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License