鳴瀬の提言 - 保護なる行為

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

新着メッセージです!

SCiPネットからメールの新着通知が来たのは、伊前いのまえ元管理官から引き継いだ書類の山で丁度ソレの事を思い返しているさなかの事だった。
デスクトップの作業の手は止めずに、スマートフォンでメールを開き内容を確認する。

…と、ここまでは22年前に受け取ったメールだ。今回届いたメールはわざわざこれの追加メッセージという形で送信されていた。

私は非常に諦めの悪い性格をしていた。警告まがいの忠告を受けたのだから大人しく引き下がればいいものを、何としても真実を、真っ当な手段で知って鼻を明かしてやろうと躍起になって気付けばサイト-8101の管理官になってしまっていた。いや、自分が望んだことだというのに"なってしまっていた"などという表現は些か無責任だろうか。どちらにせよ、自分でも未だに実感が湧かない。

興味を失う筈があるものか、絶対的な私の行動指標だったんだぞ。そんな反論をスマートフォンの液晶に投げかける。日本語でメールのやり取りができるようになってから間もない頃の出来事だったせいで、メールというもの自体にも余計な嫌悪感を抱いてしまったのをよく憶えている。

心して読めと指示されては仕方なく、作業の手をようやく止めて体ごとスマートフォンと向き合った。
あんなに知りたがっていた事にありつけたというのに片手間に確認しようとしていた自身の仕事癖を恨む。それもこれも人手不足のせいだ、早いところ解消されないものか。22年前にあの調査申請を提出した私も恐らくは文字通り猫の手も借りられないものかと思い詰めていたように思える。まあ最も、手が一つや二つ増えたところでどうにもならないのが現状だが。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Ruka_Naruse's portal does not exist.


エラー: Ruka_Naruseのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6323156 ( 21 May 2020 04:20 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License