玉座より

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


ガイドへのリンク
アイテム番号:682Item#:682
クリアランスレベル5: Clearance
収容クラス: keter
keter-icon.svg
副次クラス: embla
Embla.svg
撹乱クラス: #/ekhi
ekhi-icon.svg
リスククラス: #/critical
critical-icon.svg

特別収容プロトコル: SCP-682はできるだけ早く破壊しなければなりません。現時点でSCPチームはSCP-682に重傷を与えられるだけで、破壊にまではいたっていません。SCP-682は内側の表面全てを25cmの耐酸性の板金で補強した5m×5m×5mの収容室に収容してください。収容室はSCP-682が完全に浸かり無力化するほどの塩酸で満たしてください。SCP-682がすこしでも動く、話す、または脱走を試みた場合はすぐに、その状況で使用できる全力をもって対処してください。

SCP-682の体組織は、概念工学部門及び芸術部門によってSCP-001の依代となる彫刻の作成に使用されます。その不安定性と適応能力、極度の破壊性から、SCP-682自体を依代とすることは禁止されています。

説明: SCP-682は巨大な爬虫類のような生物で起源は不明です。インタビューにより、SCP-682は少なくとも平均的な人間程度の知能を有していることが確認されており、また破壊記録に見られる即席の対応能力などからそれ以上の知能を持つことが確実視されています。SCP-682はすべての生命に対し憎悪を示しており、このことは収容中のインタビューにおいて何度も確認されています。(補遺682-Bを参照)。

SCP-682は極度に高い力、スピード、反射神経を持っていることが観測されています。ただし、その正確な強さはその形状によって変化します。SCP-682の身体は非常に素早く成長、変形します。その体長は摂食することで増加し、脱皮することで減少します。SCP-682は有機物、無機物関係なく摂取したものからエネルギーを得ることができます。消化はSCP-682の鼻孔内部にある濾過を行なうエラに助けられているようです。そのエラはあらゆる溶液から使用可能な物質を取り除くことができ、収容コンテナの酸から常にSCP-682が再生することを可能にしています。SCP-682には驚異的な再生力、回復力があり、身体の87%を破壊、腐食させても動き、会話することが確認されています。

+ 補遺682-B



プロット

補遺682-KEY-1で管理者が月と682の類似を指摘
ここで682終わり


はあ、とひとつ溜息をつく。682については高位職員たる者知っていたし、O5からKEYプロジェクトに送られてきたのだから何か月と蜥蜴に大きな関係があったのかと期待していた。しかし、蓋を開ければ"似ている"、"生み出された可能性が高い"などと高齢の政治家でも言わないような曖昧な言葉が放たれるだけだった。管理者は概念工学について知っているんだろうか?彼の知識は限りないもののように思えるが、この学問の発展はダエーバイトの未解読記録を除けばここ10年で急速に発達したものであるし、卓越したセンスを持った人間でなければ脳内での整理すら難しい。

モト博士がSCP-001-DJ(管理者)と対話。管理者の真実(O5のとんでもで実在まではしてるが本体は概念、ウィリアムズみたいに傀儡がバンカーに、のどっちか)
CN-2999とDJ3を送りつけ、ヘンペルのカラスを引き合いに出して現状なら「この世のどこかに黒き月を顕現させる事実を使って観測者の外にあるものをひとつ作れば待遇論的存在証明でそれが月の顕現(KEY実体)になる」と提言

博士頑張る(ここで尺稼ぐ)

失敗して罪の意識で自殺(またはアセンション)

ERROR

The MrDrYTisgod's portal does not exist.


エラー: MrDrYTisgodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6321361 ( 14 Apr 2020 06:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License