湖に溶ける涙

湖に戻るんだ。

皆が君を待っている。


置いて行かないでくれ。


聞こえないのかい?

俺たちは友達だった。今だってそうだろう?













あの湖で、俺と君以外は音楽を聴いた。
俺らが水中の死体となってからは、ずっと静かだったんだ。
何十年経っただろうか、ここにはもはや誰も来なくなった。
一体どうして君は、湖に戻ってきてくれないんだい?
ずっと俺たちが呼び掛けているというのに。































ほら、久しぶりに誰かが来た。もしかしたら彼かもしれない。
きっとそうだ。さあ、湖に来て。ようやく再会できる。

「助けて!溺れる!ガイドさん!助けて!ああ、足に!止め…」

ああ、違う。彼じゃない。また探さなきゃ。けれど、何かおかしい。今までは誰も俺たちを置いていこうとしたりなんてしなかったのに。
どうしてあの人は、俺たちから逃げようとしたんだろう?

































あの日以来、湖の上は騒がしくなった。俺たちには何が起こっているのか分からないが、誰かの声が聞こえる。
いったい何度、「君の声だ」と思っただろう?それが気のせいなのかどうかさえ、今では確かめられない。
湖に戻ってきてくれ。俺たちの思い出を色あせさせないでくれ。俺たちを思い出してくれ。
いくら願っても、いくら君を呼んでも、水中には誰も来ない。
忘れてしまったのかい?俺たちは絶対に諦めない。君を見つけるまでは。
君が湖に戻ってくるその時まで、俺たちの魂はずっと湖に沈んだままだろう。



















「そしてここが世界遺産、バーチウッド湖です。こちらは俗に言う負の世界遺産としても有名で、ヴェール崩壊前最悪の集団認識災害事件が発生したとして知られています。テロリスト集団"失神交響曲"は今やメンバーの殆どが逮捕されていますが、事件について一切口を割らず、したがってこの事件の動機等も全て湖の底に沈んだままとなっていますが、今でも彼らの叫び声は途絶えておらず、失神交響曲によって捻じ曲げられた声により死者が続出しました。どうか、湖に沈んでいったバーチウッド高校全40名に、黙祷を捧げていってください。…………はい、ありがとうございます。では、そんなに長居するところでもないですし、バスに乗りましょうか。どうか彼らの魂が、無事に天へ行けることを祈りながら。」

ERROR

The MrDrYTisgod's portal does not exist.


エラー: MrDrYTisgodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6321361 ( 14 Apr 2020 06:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License