管理者の憂鬱

現在このページの批評は中断しています。


人というのは、何もしていなくてもストレスがたまる生き物だ。更に、自分に使命があり、それを成す為の事が何一つできないとなれば、尚更積み上がっていく。そして、管理者は今まさにその状態であった。
サイト-01に閉じ込められ、自ら含めた世界の叡智を結集しても、アレに対してはとうすることもできない。イライラ、ムラムラが募っていく。そして、それらの感情が降り積もると、時折人間の頭はおかしくなる。管理者もそれを知っていたが、体験したことはなかった。しかし今、きっとこれがそうなのだと確信を持った。頭が割れるように痛い。脳に情報が流れ込んでくる。吐き出してしまいたい。彼は即座にペンを取り、近くにあった紙の上に情報を全て吐き出した。いくらほど経っただろうか、目の前には何を書いていたのか記憶にもない文章と、管理者の異常を察知したO5が見えた。

「成程、頭が痛くなって、気がついたら文章を書き終えていたと。おそらくこれはSCP-2101-JPと分類されている異常現象ですね。特にあなたの精神状態とは関わりありませんでしょうし、黒き月があなたに何かしたわけでもありません。」

「そうか、ありがとう。私にはこれからまた何か異常なことが起きたりするのかね?」

「ええ、詳しいことは未だ調査中なので不明ですが、この発作は数週間に一度起きるそうです。まあ、あなたの方に問題があるわけでもありませんので、カウンセリングに回されたりとかは特にないでしょう。では、とりあえずあなたの書いたTaleを見させてもらいましょう…」
















































5000兆年、初夏

西暦5,000,000,000,000,000年の初夏は、ポーランド人にとっては⋯

管理者はカウンセリングに回された。

ERROR

The MrDrYTisgod's portal does not exist.


エラー: MrDrYTisgodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6321361 ( 14 Apr 2020 06:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License