闇寿司ファイルNo.1134000000000000 "未知の握り"

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

概論

"未知の握り"は、文字通り未知の存在を使用した寿司である。どんな闇寿司も寿司としては未知の存在を寿司として運用してみることから始まるため、最初はあらゆる寿司が未知の握りと言えるかもしれない。だが、今回私が記述するのは寿司として未知の存在ではなく、そもそも存在が知られていなかったものを握った寿司についてだ。

闇寿司は、現在ではこの世界の中でも指折りに強い団体だと言えるだろう。そのことは我らが管理している区域の大きさからも見て取れる。しかし、それゆえに未開の土地も多い。異次元や特異星、形式的存在空間などは未だに対策を持って侵入せねば災害やレジスタンスの攻撃に見舞われることもあり、海賊や連合の襲撃の対処にいっぱいいっぱいの闇寿司国軍ではこれらの場所の開拓は困難だといえる。だが、可能性を切り拓くのが闇寿司の理念だ。私は多くの未開拓地を巡り、様々な未知を握ってきた。その中でも最も強力だと感じた寿司、仮称SAをここに残す。

ちなみに、「未知」という概念を握った概念の握りも存在するが、そちらについては闇寿司ファイルNo.1342671431541097を参照してほしい。

スシブレード運用

攻撃力

防御力

機動力

持久力

重量

操作性

SAは形而下の寿司であり、ミームや射出のような能力が存在するわけでもない。ピンク色で肉のような見た目をしているがその味は培養肉とも天然肉とも異なり、また非常に美味である。たとえ負けても打ちのめされた心がすぐに生き返るような感覚が湧き出てくる。逆に、いわゆる背水の陣、劇薬だったり致死性の寿司を使うことにより自らを追い込む戦法には向いていない。性能としては他の能力と比較して速さが秀でているが、現在の主流であるヒカリモノ光速どころか旧世代のソニックタイプにも大きく劣る。 ──ただし、何も知らずに使えばの話だが。

SAの特徴、それは対話と成長だ。たしかに、既に対話可能な寿司は存在する。連合、旧財団は所属している職員をネタとして使った寿司を放ってくることで有名だし、

他の活用法

(オブジェクトのスシブレード以外での使用方法に関する記述)

エピソード

(オブジェクトに関するエピソードの記述)

関連資料

(リンク先の記事がない場合)
資料名
資料の解説

(リンク先の記事がある場合)
[リンク先のURL 資料名]
資料の解説

文責: (任意の人物名)


ERROR

The MrDrYTisgod's portal does not exist.


エラー: MrDrYTisgodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6321361 ( 14 Apr 2020 06:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License