地獄からの退店、あるいは別の地獄への入場

当店は現在閉店しております、建物から退出してください。

暗い、古臭い、だだっ広いイケアで、1ミリヘルツたりとも違わない声が四方から響いてくる。追うは異形の化け物、逃げるは彼らにたった今第二の故郷を潰された数十人の顧客たちだ。

「クソ、クソ、クソッタレ…」

オーウェは思い返す。一体何が起きた?武装は完璧だった。数十年もの間外部からこのクソ異空間イケアに監禁される人が増え続ければ、非常に運よく武器の作り方を知っている人間に出会うのも納得できよう。ただでさえこのイケアは生きるための物には事欠かない世界だったが、素材という点ではさらに何だってある。そんなわけで修正第二条の通り武装権は保障され、誰もが原始的な銃を手にできた。だが、

夜目が効かない。誰か信頼できる集落の仲間と走ってるのは足音で分かるが、何人いるかも誰なのかも分からない。もしかしたら3m後ろには退店の看取り人がいるかもしれないんだ、カートオキバを離れるまで、誰も貴重な酸素を会話に使う者はいないだろう。

ERROR

The MrDrYTisgod's portal does not exist.


エラー: MrDrYTisgodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6321361 ( 14 Apr 2020 06:12 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License