空飛ぶスパゲッティ・モンスター

私は黒の女王、メルディグルよ!今回もいいカタログを作りましょう!

クラブのクイーン。

黒の女王のイオ。さっさと済ませちゃいましょ。

ちゃんと繋がってます?黒の女王の止雨 三六です。

よろしくお願いします、末娘、ヘーレンです。

俺こそキング・オブ・黒の女王、バイアバッターだ!!


ベースライン

空飛ぶスパゲッティ・モンスターはそのまま空飛ぶスパゲッティモンスター教の神格です。見た目は基本的にスパゲッティとミートボールに目を付けたような形をしています。特に成長、豊穣、美食など食の力、また海の旅に関する加護に秀でていますが、大体が一神教なのでほかにも力を持っていることが多いですね。"大体"ということは、一神教ではないタイムラインもあるんですか?カタログを作れるほどに力を持っている神格なのに…ええ、どうやらなぜか次元ごとの存在の"ズレ"が強く、神格の加護や、宗教の教義もブレやすいんです。一神、多神の一柱、その他宗教とすら言えないものまで。ってことは、見つけ辛い世界も結構多いの?いいえ、さすがに神格、存在は簡単に解りますよ。

必須条件

スパゲッティの存在。この宗教はアメリカで生まれることが多いですが、必須条件ではないようです。アメリカ?たしかスパゲッティの生まれはイタリアよね?まあそこは、神は気まぐれって言うしな。祈りの言葉は決まってラーメン。そこから、恐らくパスタとラーメンの両方が必要となる。ただし、それらが何処で考案されたかなどはあまり関係ないよう。

実用性

先ほども言ったように、一神教の神格の力はとても強力です。協力してもらえるとなればその恩恵は中々に大きいでしょう。それに、美味しい料理も色々食べられるわ!食の力は特に麺類に強く注がれてるようです。拉麺、ミートソース、ネーロ、フォー、そば、などなど。種類が豊富ですね。海のたびの加護だなんてあるが海の定義は曖昧で、暗喩的にでも無理やり解釈すれば受けられることもある。神さんの解釈次第だが、空'港'からの移動とかも楽になりそうだ。

傷つけやすさ

通常の神殺し、信仰の減衰といった手段によって消滅させることが可能です。通常、ってったって神を殺せる力を持った奴がいる宇宙は一体いくつに絞れることやら。こう、食べちゃうことはできないの?見た目も食べ物っぽいし、なんだかいけそうじゃない!中々怖いことを言いますね…実例有り。タイムライン X-610やB-217ではプロト・サーキックの神食の対象になっている。また、境界線イニシアチブによって13の、壊れた神の教会によって3の実例が殺害、もしくは封印されている。


実例: タイムライン G-343 

このタイムラインのFSMは、日本の北海道にいる。彼の麺を目の代わりにすることで、そこから動かずに世界を見渡してるわ。最近は世界を観察するのにも飽きてきたのか、自分の領域内でたまに料理してる。ただし、料理の腕は壊滅的よ。でも、少し前に彼が気に入った料理があったらしくて、自身の神格エネルギーをたくさん使ってこの世界のウキタの収穫量をすごく増やしたみたい!さすが豊穣の神ね!すみません。ウキタ、とは?存在してる宇宙が結構少ないレアな植物だ。一番近いところだと、たしかカサブランカのやつのところに沢山生えてたはずだぜ。閑話休題、FSMの話に戻りましょう。料理の腕が壊滅的、というのは麺類でも同様なのですか?ええ。少し前に財団の収容下に入って実験が行われたけど、酷いなんてもんじゃなかったよ。アキヴァ放射を可視化できるカメラ越しに見てたけど、料理をしていた触手群の統制はほぼないに等しい。むしろほとんどが自然現象を使うことによる確率論的調理だったわ。

実例: タイムライン O-199

世はまさに大海賊時代!この世界は昔はなかなかに文明が栄えてたがぶっ壊れて大陸はバラバラになり、今じゃちっせえ島しかない。んでもってロボットやら神像やらお宝兵器がジャンジャンあるもんだから、より強い武器と船を持ってるやつが勝者になる。FSMは航海の神として崇められてるが、今ついてるのは百二十三つの海の中でもひときわ大きい海賊団だ。つまり、世界中の熱心な信仰を風に帆を立ててる状態だ。なかなか強い信仰だけど、どれくらいの恩恵があるのかしら?その言い草だともう海を歩いて渡れるレベルくらいに聞こえるけど。それほどじゃないが、奴らは航海じゃ嵐どころか渦潮一つにも遭遇しない。更に船長はFSMを半ば"降ろして"いる状態で、腕が水を吸ったパスタのように伸びてうねうねするぜ。

実例: タイムライン T-200

天界で自前の店を開いていましたが、その店は風営法違反によって潰れています。現在はアンブローズ・ヘブン 地球出張店に勤務中。この世界のアンブローズ・レストランは経緯は未だ不明ですが神々との距離が近く、数柱の神を好待遇で雇用しているようです。あ~ら、如何わしいお店?私はまだ死んだことはないけど、天国も意外としっかりしてるのね。正確には神界の一画。各宗教によって"天国"の法則は変わるが、この世界は全知連合による法のもとで厳格に運営されている。アンブローズの引き抜きも正当な取引の上で行われた。なんにせよ、現在は健全な店で働いてますよ。以前イオンが来店した、なんて騒動もありましたが、さすがアンブローズ、迅速に安全証明をしています。「天上の味と品質のお墨付き。」のキャッチコピーで今でも運営してますよ。図書館で適当な多次元美食本を引き出せば見つけられるくらいには有名です。

実例: タイムライン I-485

この宇宙にはどうやら異常なモノが全く存在しないよう。奇跡論術を使って調査しようと思ったら、危うく世界に排斥されかけたわ。でも、情報はwikipediaにも普通に載ってたわよ!どうやら、21世紀に設立された"ジョーク宗教"として存在してる。要約すると、進化論に反対する創造論者を皮肉った宗教。当然、この宇宙では神の加護どころか神格すら存在してないから、実用性どころか神格が存在してないわ。ただ、アメリカンジョークを学びたいなら役に立つかもね!

実例: タイムライン K-998

このタイムラインは1998年にポーランドで神格実体が顕現し、ヴェールが崩壊済。この実例はディア大学帝都大学の共同実験により人工的に創られたもの。あら、技術が発展すればするほど神への信仰は失われる、だなんて聞いたことがあるけど、そんな予想の斜め上を飛んできたわね。とは言えども、お手軽に顕現させるなんて事は未だ不可能。2037年、同大学の神学科にいた学生たちを中心に、多くの研究機関や正常性維持機関の支援と好奇心旺盛な一般人の協力を受け、神格実体を人間の手で創造する"プロジェクト・FSM"が始動。数十回の失敗、事故を繰り返して何人ものメンバーを入院や退学で失いながらも、2042年にようやく安定した神格として実例が誕生。人類の進歩が垣間見えますね。神をも支配できる、と増長しないといいですが。正にその通り、その後に安定した信仰の供給方法まで入手したおかげで、創造された神はDクラス、モルモットと揶揄を受けるほどに過酷な実験、調査に行かされた。だが、実例は成功例第一号として有名になり、今ではそれなりの力を得ている。有名、といっても動物園の檻の中みたいな感じだけどね。この世界の技術が非常に高い上、有名な割に対した力を持ってないから勧誘とかはハイリスクローリターンになる、やめといたほうがいいわね。

実例: タイムライン C-238

このタイムラインでは、数千年前に壊滅的収容違反が起き、文明レベルが中世ほどまで下がっています。現在の現存人類の99%以上が信仰しているのは財団教、財団職員らを聖人としている宗教となっています。収容違反から数百年はFSM信仰があったようですが、おそらく伝承者が絶え、神も世界から消滅した、と思われます。文明の発展は常に信仰と共にある。滅びかけた世界では、ほかの神話の神々も難儀してたようね。古今東西の神々に向けるのは間違った仕草かもしれないけれど、合掌しておくわ。

実例: タイムライン V-020

このタイムラインにおける実例は航海の守護神としての力が強く働き、特に海の環境や天候に影響与えていた。現在は財団に捕獲され、天気を財団の好きに改変するために使用されている。追記です;状況が大きく変わりました。財団の強要による過度な気象の改変によってFSMの力が大幅に減衰、他の神話の(より過激な)神々に'制空権'を奪われた状態のようです。財団はそれによって急増した文字通りの異常気象に対処せざるを得なく、FSM復活のための研究の提言も却下されています。ま、因果応報、ざまあみろってこったな。

実例: タイムライン K-004

ここの人類は地球をとっくに飛び出して、宇宙規模で大活動してる。んで、肝心の実例は宇宙料理海賊Space Cooking Piratesの守護神として活動してるらしい。さっき言った旅の守護神の範囲が空どころか宇宙までぶっ飛んじまってるぜ。どうやら、元来この神格は海旅の守護神というより、海賊の航海を守護している、らしいです。名前に海賊と付いているから守護しているのかもしれません。その線が濃いいな、感謝するぜ。そんで、その宇宙料理海賊とやらはどうやらSCPの名に背かず異常なもんをとっとく団体らしい。ただし、激ヤバな料理をな。どうやら、もう今にも食材の原材料がなんの生物なのかなんて揉めて内ゲバ起きそうな雰囲気だ、組織がバラバラになったら捨てられた神を拾う人になってみるつもりだよ。

実例: タイムライン A-073

この宇宙のFSMは、典型的な宇宙におけるユダヤ教及びキリスト教を置換する形で存在しています。一部おかしいように思えるものが混じっていますが、これが単にそうできただけのものなのか、もしくは置換自体が世界の再構築の結果であり、そのせいで多少のブレが生じたのかは不明です。"異常"な例を1つ挙げると、自らの供物が顧みられなかったカインは通常タイムラインと同様にアベルを殺害しますが、その後カインは神──つまりFSM──に殺害したアベルの肉を捧げています。それに神はドン引きし、人間の倫理を強化することを思いついた、と聖書に書かれていますね。なんだかいやに奇妙な神話のように聞こえるけど、現在の社会はちゃんとまともに成り立ってるの?まともにどころか、精神の面で言うとその文化レベルにも関わらず極めて高いものを持っています。少なくとも、FSM教信者が人類の7割を占めているにも関わらず一度の強制改宗や異教徒狩りを行ったことがないというのは、全並行次元に向けても誇れることでしょう。

実例: タイムライン L-013

このタイムラインは今までに見てきた中でもひどい世界だったわ。ただ下らない、馬鹿馬鹿しいものだけが存在として残って、その他は全て薄れて消える。以前にもふざけたクソ世界は数個見てきたけど、ここほどのものはなかった。それで、肝心のFSMはどうなってました?アキヴァも加護も全部ぶち抜く爆発でドカーンとされて、パパの形を模したようなぜんまい仕掛けですりつぶされた挙句パパの彼氏の鼻の穴にねじ込まれたわ。…死にたいか狂いたいでもない限り、この宇宙には二度と近づかないほうが良さそうだな。

実例: タイムライン B-034

顕現の経緯と宗教の在り方は典型的なタイムラインとほとんど同様。ここのところ奇妙なタイムラインばっかしやってたので、普通といえどもなんだか新鮮ですね。FSMは2001年までTTt社に勤めていましたが、同社が倒産。その後は日本へ訪れています。同時期に日本の伝承者グループの1つである闇寿司という団体の内部で第五主義者による侵略が起こっていたようで、実例はそこからなんとか逃れた"闇"という男と出会っています。詳細は省きますが、彼らは血の滲むような修業の果てに、意識を保ったままに自らの分身を依り代として神を降ろす手法を獲得しました。闇とFSMの場合では、寿司(ラーメン)を媒体とすることによって所謂神格の握りというものを完成させています。結果として、彼らは第五のミーム複合体にスシブレードで辛勝し、闇寿司はダメージを受けながらも以前と同様の活動を再開しました。日本人はラーメンを握ることができるのね。どうやるのか分からないけれど、さすがの職人技だわ!でも、それにしても記述がやけに詳細でなくって?第五教会は近づいただけでも精神を侵される危険なミームだったわよね?それについてですが、ディヴァーニが少し前からこの宇宙と闇寿司について強い興味を持っていて、私は実際に彼女が立ち会ったものを聞いただけなのです。なるほど。

ちょうど今、統計学的なデータ解析が完了。常識度、つまり標準的なタイムラインとの差異が大きいところほど、そのタイムライン実例が存在する確率が高くなっている。

  • 黒の女王
  • goi-format-jp
  • アンブローズ・レストラン
  • 第五教会
  • 闇寿司
  • スシブレード
  • 1998
  • af2018
  • 崇高なるカルキスト・イオン
  • 制空権
  • 財団4k
  • 教会の博士
  • ディア大学
  • ttt社
  • アベル
  • カイン
  • サーキック
  • 壊れた神の教会
  • 境界線イニシアチブ
  • 第五教会
  • ギアーズ博士
  • 宇喜田博士

ERROR

The MrDrYTisgod's portal does not exist.


エラー: MrDrYTisgodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6321361 ( 14 Apr 2020 06:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License