僕と君の境界線
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JPは底面の直径が4㎝、高さ7.5㎝の小型の瓶であり、その内部は直径およそ5㎜の多数の白い錠剤(SCP-XXX-JP-1)と包装材とみられるビニールで満たされています。瓶は一般的なネジ式の封と、未知の技術による特殊なロックがかけられています。瓶自体も非常に耐久性が高く、破壊的なものを含めたいかなる手段においても異常性発現前にその中身を取り出す試みは成功していません。これまでに複数のSCP-XXX-JPが回収されており、そのいずれにも共通して頭痛薬であることと服用量の目安のみ表記されたラベルが貼付けられていることが確認されています。

SCP-XXX-JPの異常性は、以下の条件が満たされた際に発現します。

  1. SCP-XXX-JP所有者(SCP-XXX-JP-a)が何らかの依存的習慣を持っている
  2. SCP-XXX-JP-aが、特定の人物に対し強い興味や感情を示しているか、自らのコミュニケーション能力に不安を抱えている
  3. SCP-XXX-JP-aが、ラベルに記載された分量(表1を参照)以上のSCP-XXX-JP-1を服用する
(表1,SCP-XXX-JP側面ラベルのSCP-XXX-JP-1服用量に関する表記)
年齢 一回量 服用回数
15歳未満 1錠 1回
15歳以上 2錠 1回

1及び2の条件が満たされると、瓶のロックが外れ容易に瓶を開封することが可能になります。加えて3の条件が満たされると、服用後5時間ほどで異常性を伴う症状(表2を参照)が出現し始めます。なお、SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-aでなくとも服用可能ですが、SCP-XXX-JP-aではない人物にはいかなる効果も発現せず、自然に体外に排出されるものと考えられています。

(表2,SCP-XXX-JP-1事例)
SCP-XXX-JP-a 服用量 体重 所見・主訴 症状が治まるまでの時間
D-128753     1   2錠 64㎏ 軽度の幻聴。「話しかけてきた同僚の声に重なって、うっすらと別の内容の言葉が聞こえた」と証言。 9時間
浜█ ██2   2錠 75㎏ 自らの視界の中の人物に由来すると思われるイメージの数秒の幻覚が見えた後、軽い眩暈・立ち眩み。複数人分の幻覚が見えたが、そのどれをもはっきり覚えていないと 訴えた。 3~4時間程度
美██ ██3 1錠 65㎏ 特になし。浜█ ██が立ち眩みを起こした際に彼を介抱したと証言。 特になし
今█ ██4 3錠 45㎏ cell-content
cell-content cell-content cell-content cell-content cell-content
cell-content cell-content cell-content cell-content cell-content
cell-content cell-content cell-content cell-content cell-content
cell-content cell-content cell-content cell-content cell-content
cell-content cell-content cell-content cell-content cell-content

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The Sesame_rigging's portal does not exist.


エラー: Sesame_riggingのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6316209 ( 14 Apr 2020 14:08 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License