SCP‐✘✘✘✘‐JP このページは開かない方がいいですよ
rating: 0+x

警告

このページは開かない方がいい。

あなたのためにも。

引き返すなら今です


アイテム番号: SCP‐✘✘✘✘‐JP

別のオブジェクト番号と被っていませんか?なら安心です。

オブジェクトクラス: Keter。

あなた方の基準ではそうなるでしょう。

特別収容プロトコル: SCP‐✘✘✘✘‐JP‐1‐Aは通常、とある団体に勤務しています。その団体は、世界に多く存在する異常存在を確保・収容・保護するのが目的の非営利組織です。その団体には明確な名称が存在せず、便宜上「財団」と呼ばれています。

…なんてこと書かなくても分かるでしょう?そう、あなた方ですよ。

SCP‐✘✘✘✘‐JP‐1‐Aを収容しようとする試みは、現在のところ全て失敗しています。これからもするでしょう。

無理なんですよ、収容するのは。


ねえ、本当に見たいんですか?見たら、確実に死ぬんですよ?
止めてください。害は無いんです。いや、あるか。
でも危険性は無いんですよ。
財団の理念には反するかもしれないですが、これで収容完了ってことにしてくれないですか?

そこまで見たいならどうぞ。


説明:SCP‐✘✘✘✘‐JPは人型の実体が持つ異常性です。これを保持している人物をSCP‐✘✘✘✘‐JP‐1と呼称します。同時にSCP‐✘✘✘✘‐JP‐1が存在することは不可能と思われます。現在のSCP‐✘✘✘✘‐1はSCP‐✘✘✘✘‐JP‐1‐Aと呼称されます。SCP‐✘✘✘✘‐JP‐1‐Aは財団と呼ばれる巨大な組織に属している人物です。その人物は一見何の変哲もない普通の人間に見えます。検査ではその異常性を確認することは出来ず、計器は一般的な値を示します。ですが、その人物を確保しようとする行為は不可能です。
SCP‐✘✘✘✘‐JPを認識した人間は皆、きっかり20秒後に死亡するためです。その死因は原因不明の心停止であると判明しています。ミームに対抗する防備も無意味です。詳しくは音声ログ✘✘✘✘‐ろを参照。

つまり、あなたは今から20秒後に心停止します。

ご愁傷さまです。自分の死因を誰かに伝えようとしない方がいいですよ。伝えられた側も死にますから。

AIまたは知性のある機械による収容は不能です。機械もSCP‐✘✘✘✘‐JPの異常性を認識した場合、修復不可能かつ原因不明の損傷を受けることが確認されています。

自分が試しましたが、無駄でした。私はプログラム関係はさっぱりなんですが、職場の知り合いに借りたAIで試してみたんです。マイクに向かって「私はあるSCPオブジェクトを知っています。人型実体です。その人物の異常性は心停止です」って言って、20秒待ったらクラッシュしました。
そもそも、収容したところでそれを管理できる人間はいないでしょう。

機動部隊も最新鋭の科学技術も無意味です。

さて。もうこの記録を読んでいる人は居ないでしょうが、これを書いている私も一応財団エージェントの端くれです。こんなことになった事情ぐらいは説明しておきます。音声ログとして残しておきますので、聞きたい方はご自由にどうぞ。
途中を飛ばして読めない財団報告書のシステム上、聞く人はいないとは思いますが、
もしもSCP‐✘✘✘✘‐JPの異常性について認識していながら生きている人がいるなら。
そう、今この報告書を読んでいるあなたです。あなたは絶対に聞くべきです。
SCP‐✘✘✘✘‐JPについて、私が見たすべてをここに残しました。「読んだら死ぬ報告書」をわざわざ制作し、財団のデータベースに保存した理由もそれです。すべて、あなたの為です。

ERROR

The Nycticebus018's portal does not exist.


エラー: Nycticebus018のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6314286 ( 09 Apr 2020 07:44 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License