続 悪魔との取引

現在このページの批評は中断しています。

ここから翻訳済

When the call came, she'd figured out enough that she'd been expecting it for a while. There had been an air of distance — rather than quiet interference — from her superiors. Like her actions were being watched. Radio silence.
呼び出し音が鳴った。彼女には聞くまでもなく、それがずっと待っていた電話だとわかった。隔てられているような──むしろ、無音の干渉を受けているような──雰囲気を、彼女の上司から向けられていた。まるで、彼女の行動監視されているようだった。電波沈黙時間。

電話のベルが鳴った。鳴っている間、彼女はそれが長い間待っていたものだと理解した。上司からの空間を隔てた感覚を──言うなれば、無言の圧力を受けているように──彼女は感じた。行動を逐一監視されているようだった。無線封止の間のように。

Were they going to ask Dr. Sophia Light about Site 41, her pride and joy buried in the freezing wilderness? About one of her projects? About Erdenet, even?
彼らは、ソフィア・ライト博士にサイト-41のことを尋ねるつもりでいるのだろうか。そこは、彼女の誇り、喜びが埋められた凍てつく荒野だ。それとも、彼女のプロジェクトの一つを尋ねるのか?もっと言えばエルデネトのことについてだろうか?

彼らはソフィア・ライト博士にサイト-41のことを聞きたいのだろうか。彼女の誇りと喜びが詰まった凍てつく荒野について。それとも彼女の抱えるプロジェクトについてだろうか。あるいは、エルデネト1について?

The meeting was arranged in a small, well-lit antechamber in the depths of the Svalbard Site, with Light's assistant Vaux watching and taking notes. The Council member — Seven — was a tall woman with deep brown skin and a fishtail braid. She also wore a teal skirt suit that looked like it was bought at a Value Village in the 80’s. Light had to adjust her understanding of reality to account for this fact. If she can’t wear that, who else can?
会議は照明の明るい、小さなアンティチェンバー(副室)で設けられた。スヴァールバル・サイトの奥の部屋だ。ライト博士のアシスタントのヴォーも一緒に傍聴しつつ、ノートを録っている。評議会のメンバーが1人──セブン──背の高い、濃い褐色の肌とフィッシュテールの編んだ髪を備える女性だった。彼女の容姿をさらに述べれば、緑がかった青のスカートスーツで、まるでValue Villageで80年代に買ったかのように見えた。ライトは、自身の現実性に関する知見を、この事実を説明するために調整せざるをえなかった。(あんな服着れなくなったら、他に誰が着るというのかしらん?)

会議が手配されたのはスバールバル2のサイトの最深部、ごく小さくて明るい控え室だった。ライトの助手であるヴォーも傍聴しながら記録を録っていた。評議会のメンバーの1人──セブンだ──は背が高く、褐色の肌とフィッシュテール式に編んだ髪を持つ女性だった。まるで80年代のバリュー・ヴィレッジ3で購入したように見える青緑色のスカートスーツを着ていた。ライトはこの事実を考慮して、現実の理解を調整しなければならなかった。彼女が着なくなったら、他に誰がこの服を着られるんだろう?

"Thank you for meeting with me, Dr. Light."
「お会いできてよかった、ライト博士。」

「お会いしてくれてありがとう、ライト博士。4

"Likewise. I wouldn't refuse."
「こちらこそ。断るつもりはありませんでした。」

「わたくしもです。お断りすることなんてありませんわ。」

Seven smiled a lot, and it was nothing but teeth. "I've come on behalf of the Council to ask for your thoughts on some recent matters. You've had a storied career thus far. More objects under your care reclassified as 'Explained' than any other research director, if I recall."
セブンは大変に微笑んだが、歯が見えただけだった。「私は会議を代表して、ここ最近の問題についてのあなたの見解を尋ねにきました。あなたには、歴史に名高いキャリアを持っていらっしゃるから。思い返せばあなたは、他のどの調査担当ディレクターよりも多く、オブジェクトを尽力の上で'Explained'に再分類したものですしねえ。」

セブンは微笑みを絶やさなかったが、少し歯が見える程度にだった。「評議会を代表して、あなたの最近の状況を聞きに来ましたのよ。あなたはここまで名高いキャリアを築いてきましたもの。思い返せば、他のどの調査管理者と比べても本当に沢山のオブジェクトを『Explained』に再分類することに尽力してくれました。」

"Not by me directly, but yes, I've heard I hold the record."
「直接私によるものではないんですが、ですが、おっしゃる通り、その記録は私が持つものだと聞いていました。」

「直接的にではございませんわ。ですが仰る通り、そういった記録をわたくしは持っているようですね。」

"Nobody else has really focused on that. Haven't you said something to the effect that the ultimate goal of the Foundation should be to explain everything?"
「他の者は、再分類することに真に注力しませんでした。確かあなたは、こういう趣旨のことを言ってましたよね?財団の究極的なゴールは全ての事象を説明することだ、とか?」

「他のみんなは誰もそこに注目したりしませんでしょ。確か、財団が全ての事柄を説明出来る様になることが、究極の目標だとか?」

Light grimaced. "Not quite. Even I don't believe that every single anomaly has a reasonable explanation. I've just said that while the main priority of researchers is necessarily aiding containment, we also have a responsibility to the Foundation and the world to increase our overall ability to explain reality. Raise the scientific waterline, I suppose."
ライトはしかめっ面をした。「事実無根です。私にだって、全てのアノマリーに理にかなった説明を施せるとは思っていません。私は単に、主要な研究者が必然的に封じ込め任務となる以上、私たちも財団とこの世界に責任を持って、現実性を説明するための総合的な能力の向上に努めるべきだと言いました。科学の海岸線を広げなきゃ、と、思います。」

ライトは顔をしかめた。「それは事実無根ですわ。わたくしだって、全てのアノマリーに理にかなった説明が出来るとは思いません。単に、主要な上位研究者が収容の援助を行うのが必然的である以上、財団とこの世界に責任を持ち、現実的な説明が出来るよう総合的に能力を向上させていかなければ、と考えているのです。科学の喫水線を上げていかなければ、と。」

"Oh, yes. That's much less ambitious."
「ああ、ええ。さほど、野心的ではないのですね。」

「あぁ、なるほど。さほど野心は抱いてらっしゃらないのね。」

Light shrugged. "Anomalies are part of reality. Most research seems to ignore the fact that any effort to make them go away and conform to 'normal science' is fundamentally flawed — the anomalies are already here."
ライトは肩をすくめた。「アノマリーだって、現実性の一部です。多くの研究は、ある種の事実を無視しようとしているように見えます。つまり、いかなる努力を払ったとしても、連中とおさらばできませんし、”正常科学”に従わすことはできないのです──だって、アノマリー(例外)は、すでにここにあるのですから。」

ライトは肩をすくめ言った。「アノマリーは現実の一部です。研究の多くがある種の事実に逆らおうとしているように思えるんです、つまり、いかなる努力を払おうともそれらを何処かにやってしまうことは出来ませんし、『通常の科学』に準拠していると考えるのは根本的に誤っているということです──アノマリー(例外)は既にここにあるのですから。」

"Interesting."
「面白い。」

「興味深いわ。」

Several seconds ticked by. Light asked, "What did you want my thoughts on?"
幾秒過ぎ去る。ライトは訊く。「私のどの考えをお望みなんです?」

数秒が刻まれた。ライトは尋ねた。「どういった考えをお聞きしたいのでしょう?」

“Well. You’ve seen the documentation. You were around for some of it. What did you think of Mobile Task Force Omega-7?”
「えーとですね。書類は見ましたね。あなたは例のモノに一枚噛んでいましたよね。機動部隊オメガ-7について、どう思いますか?」

「ふむ、公式文書はご覧になりましたわね。あなたはあの中のいくつかに関係していた。機動部隊 オメガ-7についてはどのようにお考えかしら?」

This was not the tack she was expecting. Light considered. “Kind of a clusterfuck.”
予想外の方向に話が進んだ。ライトは考え込んだ。「クソの塊の類ですかね。」

それは予期せぬ話題だった。ライトは考え込んでから言った。「大失態と言ったところでしょうね。」

“It was a bad idea.”
「悪いアイデアであったと?」

「悪いアイデアであったと?」

"Extremely.”
「非常に。」

「非常に。」

“They say hindsight is twenty-twenty.”
「過去を振り返る目の視力というものは満点──後悔先に立たずというものですねえ。」

「後から言うのは容易いものですわ。」

“Hindsight bias is a factor. I still wouldn’t have planned it that way.”
「後知恵バイアスというものあるでしょうが、私は未だに、あんな計画しなきゃよかったと思っていますね。」

「後知恵バイアスであるのは確かです。未だに思います、あんな方法を計画すべきでは無かった。」

“What would you have done?”
「どのようにして、件の事に始末をつけたのです?」

「事件の後、どうしたのかしら?」

“Gotten rid of Able.”
「アベルを切り捨てました。」

「アベルを外しました。」

“What else?” Seven smiled.
「他には?」セブンは微笑んだ。

「その他には?」セブンは笑顔だった。

“Um. Decentralize them — having to travel as a unit increased response times. Reduce the burnout rate from training, and move leadership into a hierarchy within the unit. Flexibility is more important than strict order —”
「うーん。彼らを分散させました ── 移動距離を増やして、ユニットのレスポンス・タイムを低減させたのです。極度の疲労を伴う訓練を減らし、ヒエラルキー的なリーダーシップをユニットに導入しました。柔軟性はですね、厳格な命令よりもずっと重要なんですよ──」

「ええ、彼らを分散させたんです ── 今までは部門単位で移動する必要があり、到着まで時間がかかりました。トレーニングによる消耗率を減少させ、ヒエラルキーによるリーダーシップを部門に導入しています。柔軟性というのは厳格な命令よりずっと重要であって──」

She paused. She'd never been good at reading people, but saw Vaux’s service dog bark and jump into his lap, reacting to some sign of his anxiety. This alerted Light third-hand that something was wrong. Seven was really smiling.
ライトはいうのをやめた。彼女は、人を読み取ることが決して得意ではなかった。だが、ヴォーの介助犬が吠えて彼の膝上に飛び乗ったのを見て、彼の不安のなんらかの合図らしいと察せた。間接的にだったが、何かおかしいという警告を彼女に発したのだった。セブンは非常に微笑んでいた。

ライトはふと喋るのを止めた。彼女は空気を読み取ることに長けている訳ではなかった。しかし、ヴォーの介助犬が吠え、彼の膝に飛び乗ったのを見て、助手が何らかの不安を感じているのを察した。何かがおかしいとライトに伝える間接的な警告だった。セブンはあまりに、にこやかすぎた。

“Vaux,” said Light, “If you need to leave, go ahead.”
「ヴォー……」ライトは言った。「出ていかなければならないなら、どうぞ行きなさい。」

「ヴォー」ライトは言った。「離れる必要があるなら、構わないのよ。」

“It’s fine,” said Vaux.
「いや、結構です。」ヴォーは言う。

「いえ、大丈夫です」ヴォーは答えた。

“Keep going,” said Seven. “Excellent points.”
「さあ続けて。」セブンは言う。「優れた着眼点ですねえ。」

「続けて」セブンが言った。「素晴らしい着眼点ですわ。」

“What do you want?” asked Light.
「望みはなんですの?」ライトは尋ねた。

「望みは何ですか?」ライトは聞いた。

“Director, we’re re-opening Pandora’s Box. A similar task force: Alpha-9, 'Last Hope.' We'd like you to be the director."
「ディレクター・ソフィア、私たちはあのパンドラの箱を、もう一度開けるんですよ。よく似た機動部隊をね。アルファ-9『残された希望』ですって。私たちとしては、あなたに、これのディレクターになっていただきたいという訳なんです。」

「管理官、パンドラの箱は再び開かれますのよ。類似する機動部隊、アルファ-9『残された希望』としてね。我々はあなたにその管理者を務めて頂きたいの。」

Permission to get some of whatever Command was on when they made that decision. "…That doesn't sound at all controversial."
(どんな形にしろ、司令部の一部に関わる許可が出るっってことは、司令部の結論は出ているよね。) 「……全然、議論の余地があるようには聞こえないのですが。」

司令部の誰であれ、許可が出ているということは既に決定済みの事項なのだろう。「…議論の余地があるようには聞こえませんわね。」

"It is. It will be. But it is proceeding. When possible leaders were discussed, your name came up."
「そうですね。そうなるでしょうね。しかし、進んでいることなんです。リーダーに割り当てられる人材の議論をした時に、あなたの名前が上がりました。」

「そうね。そうなるでしょうね。でも既に進行中なの。リーダーとなり得る人材について議論している際にあなたの名前が上がったのよ。」

Time seemed to slow down. Light's eyes went a little distant. She started thinking very, very quickly. "Who else?"
時間が失速するようであった。ライトの目は、どこか遠くなった。彼女は兎に角、兎に角、早く思考を始めた。「他の人は?」

時間がゆっくりと進むように感じた。ライトは視線を離れた場所に向けて、とにかく、とにかく、思考を回転させ始めた。「他に候補者は?」

"We asked Lament first. Another senior operative with an impressive track record."
「私たちは、最初にラメントに打診しました。もう一人のシニア工作員で、印象的な実績の持ち主でしたから。」

「我々は初めにラメントに打診しましたわ。印象的な程の実績を持ったシニアエージェント5ですから。」

"What did he say?"
「それで、彼はなんと?」

「彼は何と?」

"He said it was the worst idea he'd ever heard and told Four to fuck off."
「今まで聴いた中で最悪のアイディアだと言って、フォーに”帰れ”と言いました。」

「今まで知る中で最悪の計画だ、失せろ、とフォーに言ったそうよ。」

Light snorted. That's my boy! "Who else?"
ライトは鼻を鳴らした。( えらいぞ!)「他には?」

ライトはふん、と鼻を鳴らした。偉いぞ!「他には?」

"After you, we'd ask Dr. Gears. Past that, we're looking at options."
「あなたの次は、ギアーズ博士に尋ねます。それを終えてから、選択肢を探ります。」

「あなたの後にはギアーズ博士に打診するつもりでしたの。それも終えたら選択肢を探ることになるでしょうね。」

Gears? He would absolutely do it. He'd probably do it very well. He'd fulfill High Command's goals precisely. A person like that was dangerous.
(ギアーズ?)彼は間違いなくするな。きっとうまくやってくれるでしょう。正確無比に、最高司令部の目標を実現するはず。そんな人は危険だった。

ギアーズ?彼なら間違いなくやるだろう。それもおそらく、うまくこなすはずだ。正確に上位司令部の目標を実現するはず。そんな人間は危険すぎる。

On the other hand, if the Council didn't have a fourth lined up, they'd be looking at someone less competent. That was very dangerous. Still…
一方、評議会が第四のラインナップを持っていないなら、もっと有能ではない誰かさんを探すことになる。それはとってもに危険なことだった。それでも…

その一方で、評議会が4番目の候補者を見つけていないなら、もっと有能じゃない誰かの中から探すことになる。それは更に危険だ。それでも…

"I've never led a task force. My plate is full."
「私は機動部隊を率いたことがありません。またいろいろと立て込んでいまして。」

「わたくしは部隊を率いたことがありません。今の仕事も立て込んでいますし。」

"We expect you to leave your post as Site Director in any meaningful capacity. We're confident you'll do fine."
「私たちは、あなたに今のポスト、サイトディレクターとしてのポストを降りてもらって欲しいのですよ、何かしらいみのある手段でね。私たちは、あなたうまくやると確信しています。」

「あなたにはサイト管理官のポストを離れて頂きたいの、有意義な能力のためにね。あなたなら上手くやると、我々は確信しているわ。」

"When you're in a car with no brakes, it doesn't matter how skilled of a driver you are. I don't want to be your figurehead when you crash."
「ブレーキのない車に乗っている時、ドライバーがどれだけ熟練しているかってことは問題ではありません。あなた方が事故ってしまった時に、私は矢面に立ちたくありません。」

「ブレーキの無い車に乗っているのに、ドライバーの運転がどれほど上手いかは問題になりません。事故が起きた時に矢面に立ちたくはありません。」

"We don't intend to crash. We're changing things up. You'll have autonomy, resources, whatever you need. Traditional methods are failing to keep up with the influx of anomalies worldwide. Things are getting worse, Director, and we don't want to lose the progress we've made. The world needs Alpha-9."
「私たちは、事故を起こすつもりではありません。私たちは、状況を切り替えているのです。あなたには自主性が与えられます、資源が与えられます、必要ならば何とあれ与えられます。従来の方法では、殺到する世界中の例外に付いて行くことはできないのです。状況はさらに悪化しています。ディレクター・ソフィア、私たちは、私たちの作ってきた歩みを失いたくはないのです。世界はアルファ-9を必要としています。」

「我々は事故を起こそうとしている訳ではないの。状況をより良い方へ切り替えているところなのよ。あなたには自由と、資源、必要であれば他に何でも与えられる。従来のやり方のままでは急速に増加する世界中のアノマリーの数には追いつけませんわ。状況は刻一刻と悪化しているの、管理官。我々が築いてきた歩みを止めたくはない。世界はアルファ-9を必要としているわ。」

"Excuse me," said Vaux. He stood up and unsteadily left the room, with Mango in tow.
「ちょっとすいません……」ヴォーが言う。彼は不安定に立ち上がって、マンゴーちゃんを牽いて部屋を出て行った。

「失礼」ヴォーが言い、立ち上がるとマンゴーを率いてふらつきつつ部屋を離れていった。

Light looked at Seven. "You're serious."
ライトはセブンを見た。「本気なんです?」

ライトはセブンを見つめた。「本気ですか?」

"As the bodies in the wake of a containment breach."
「封じ込め違反後の犠牲者のように。」

「収容違反の犠牲者のようにね。」

"Are you my O5?"
「あなたは、私のO5なんですか?」

「あなたが私のO5なんですか?」

Seven blinked. "What?"
セブンは瞬いた。「はい?」

セブンは瞬きした。「はい?」

"Well —" Light searched for the words. "I've learned that most senior staff were promoted because, well, because some overseer thought they had potential and followed them along the way. I never found out who mine was."
「えーっと ──」ライトは言葉を探した。「私は経験上、多くのシニア・スタッフが昇進したのは、その、なぜなら、一部の監督官が、そのスタッフに可能性を見出して、そこに至るまで、彼らを追ったわけだと知りました。ですが、私は誰が、私のO5なのか知りません。」

「ええと──」ライトは言葉を探した。「大部分のシニアスタッフが昇進してきたのは、ええと、理由がある、それは司令官の何名かがそれらのスタッフに可能性を見出して、進む道を辿っているからだと知りました。自分のは誰なのか、分からないんです。」

"Oh, no. I'm Clef's."
「オーノー。私はクレフのですね。」

「そういうことでしたの。私はクレフの担当ですわ。」

"Ah."
「あー。」

「なるほど。」

"Yours… is more hands-off. But they're also recommending you for this position."
「あなたのは……もっと、不介入な人ですね。でも、彼らもあなたを推薦していますよ。この状況だから。」

「あなたのは…もっと干渉しない人間よ。だけど、この立場にあなたを推薦しているのは確か。」

Light considered the evidence. Weighed the options. "I'll take it."
ライトは証拠を考えてみた。選択肢を秤にかけた。「やりましょう。」

ライトは勝機を計算し、選択肢を熟考し、比較して考えた。「やりましょう。」

"Good." Seven nodded. "I thought it would take more convincing than that."
「素晴らしい。」セブンは頷いた。「説得するよりもそっちの方がいいでしょう。」

「素晴らしいわ。」セブンは頷いた。「説得するより断然そちらの方が良い。」

"As you said. I don't want someone less competent than me in charge of this. Lives are at risk. I think this is a mistake, but I believe I have a track record at averting disaster."
「あなたが言った通り。私よりも有能ではない誰かさんに、これの担当になって欲しくはないですから。命が危険に晒される。私はこれが間違いだと思っていますが、私には災難を避けることについては実績があると自負しています。」

「あなたの仰る通りです。私より能力のない誰かに
こんな責任を負わせる訳にはいきません。命の危険がありますから。決断が正しいとは思いませんが、損失を回避することに対しては実績があると信じています。」

"Not quite the attitude I was hoping for. But as they say, any port in a storm. We'll be in touch, Director."
「私の期待していた態度の全くその通り、というわけではないですが、嵐に遭えば、どんな港も有難い1。また連絡します、ディレクター。」

「期待していた態度そのまま、という訳ではないけれど、嵐の中ではどんな港でもありがたいものね。また連絡しますわ、管理官。」

Any port in a storm. Yeah. Huh.
嵐に遭えば、どんな港も有難い。(そうね。ふーん。)

嵐の中ではどんな港でもありがたい。そうね。ふうん。


ここまで翻訳済

Afterward, Light sat down next to Vaux in the atrium. Wordlessly, Vaux handed her a cup of coffee. She took a sip.

"Did that woman really look me in the eyes and say 'we're re-opening Pandora's Box'?"

"Yep."

Light groaned. "I don't know how they take themselves seriously."

その後、ライト博士はアトリウムにいたヴォーの隣に座った。黙ったまま、ヴォーは彼女にコーヒーを手渡した。それを彼女は一口飲んだ。

「あの女性は本当に貴女の目をみて『私たちは再びパンドラの箱を開ける』と言ったんですか?」

「そうよ。」

ライト博士は呻くように言った。
「それ自体がどのくらい真剣なものか、私にはわからないわ。」


Three days later, the most urgent administrative duties were reassigned. The suitcases were packed and the office cleared out. One of the more familiar-looking suited Council representatives had been hanging around the Svalbard Site and reviewing preliminary details about the task force. Seven herself flew off shortly after their meeting.

三日後、ライト博士は最も緊急性の高い任務を割り当てられた。スーツケースに荷物を詰め、彼女のオフィスはきれいに片付けられた。最も近しく適切な評議会の代表1人がスバーバルサイトをぶらつき、タスクフォースについての暫定的な詳細を再検討していた。7人は会った直後にスバーバルサイトを飛び立った。

The fluorescent bulb in the meeting room flickered, barely perceptibly. Sophia Light tried to ignore it. Closed her eyes. She'd be out of here soon enough.

蛍光灯がチカチカと部屋を照らしていた。それはかろうじてわかった。だがソフィアライト博士は疲れていたから気づかないフリをした。目を閉じた。彼女はもうすぐここからすぐ出でいくことになるだろう。

"Protection," she said. "I don't want my name attached anywhere to this. Don't want to be traceable, don't want anyone connecting my file to this. In the Foundation, or outside it."

「保護」
彼女は言った。
「私はこの任務に私の名前を添付したくはありません。私は、誰かが私のファイルと関連付けることで、私まで遡られたくない。財団の内外問わずにね。」

"That's not going to work, Director."

「管理官、それでは都合が悪いのです。」

"Every Group of Interest out there with a gun is going to be out for blood once this goes live. I need protection."

「全ての団体が興味本位で銃を持ち出し、血を血で洗う事態になるでしょう。保護が必要です。

"You do,"

「貴女がやるんです。」

agreed the suited Council representative.

評議会の代表が貴方に任せると決めた。

"But Alpha-9 won't be seen as a hopeful act within the Foundation. People need to know that someone they've heard of and respect is in charge. They do actually have to see you doing it."

「しかし、アルファ9は財団内で期待した働きをしたとは言えませんでした。人々は聞いたことのある人や、尊敬している人が担当していると知る必要があります。そしてその仕事振りを見なければなりません。」

"Fuck. Can you at least keep my name out of it until it goes live?"

「クソが。ではせめて私の名前が公表されるまで私の名前を入れないようにしていただけますか?」

"That seems doable."

「それは可能のようです。」

"Alright. Guards, then. Well-trained, diverse skillset, highly loyal. Maybe a popemobile? If I have to be a target, I'd prefer not to be an easy one. I find dying sub-optimal, personally."

「了解しました。それでは、監視員。良く訓練され、多彩な機能を持った、非常に忠実な、たぶん、パパモビル6?もし、私が標的になるのなら、簡単に殺されるようなことになりたくありませんし、個人的に、死ぬのは適当では無いと思います。」 

The representative, to their credit, kept a straight face.
"You will have access to our resources. Guards, absolutely."

代表者は、彼らの名誉のために正直な表情をした。
「貴方は私達の資料にアクセスできるようになります。監視員、間違い無くね。」

" I know Command has their own. You're their representative, you probably have them. Well, I want some too. New designs."

「私は指揮権が独自のものがあると知っています。そして貴女は彼らの代表です。おそらく彼らは待っている。ええと、私も欲しています。新しい構図って奴を。」

"I assume you have ideas already."

「私は貴女がすでに何か考えを持っているに違いないと思っているのです。」

"Yes."

「ええ。」

"So did your predecessor. You'll find more in the file."

「前任者もそうでした。貴女はファイルの中から多くの情報を探し当てるでしょう。」

Light frowned, running her fingers over the yellowed folder and its peeling label. "GENERAL BOWE". "Is he my predecessor? Technically?"

軽く眉を顰め、黄色いフォルダーと剥がれたラベルの上に指を滑らせた。
「ボウ司令官」「彼が私の前任者ですか?技術面の?」

The representative shrugged. "Matter of definitions. Symbolically, maybe. With naming the task force Alpha rather than Omega, he's not anyone's predecessor."

代表者は肩をすくめた。「定義の問題です。象徴的に言えば、おそらくは。機動部隊をオメガではなくアルファと名付けた彼は、誰の前任者ではありません。」

“Hm. Lastly…” She thought. She wasn't commonly sentimental, but power is just the ability to make uncommon things happen. “I want a layover."

「ふむ、最後になりますが…」彼女は思った。彼女は一般的に感傷的ではありませんでしたが、力というのは普通ではないことを実現する能力でしかありません。「待ち時間が欲しいわ。」

They groaned. "Right now? Command doesn't like to be kept waiting."

彼らはうめき声を上げた「いますぐに?司令部は待たれるのが好きではありません。」

"The task force has been shelved for nine years. They can wait another six hours."

「タスクフォースは9年間棚上げされていたのだからあと6時間くらい待てるでしょう。」

"Where?"

「どこで?」

"Site 14. Have a few last goodbyes before I drop off the radar indefinitely."

「サイト14。私がレーダーから永遠に消える前に最後のお別れをしないと。」

"Hrm. They won't be happy about this."

「ふむ、彼らはこれで満足しないだろう。」

"If I had to be happy about everything I did, I'd never get anything done. Work with me here."

「何をやっても幸せにならないのであれば、私は何もできないわ。ここで一緒に仕事をしましょう。」

"I'll see what I can do. That all?"

「やってみましょう。これで全てですか?」

"For now. Thanks, Jay. See you around."

「今のところは。ありがとうジェイ。じゃあまた。」


She met Vaux on the surface, waiting with their bags by the runway. He was bundled in a parka and throwing tennis balls for Mango. She warned him the flight had an unexpected layover, told him that he could keep himself busy.

滑走路のそばで荷物を持って待っている間に、地上でヴォーと合流した。彼はパーカーを着込んでいて、マンゴーのためにテニスボールを投げてやった。彼女は航空機が予期せぬ乗り継ぎをしたことを告げ、しばらくは忙しいだろうことを予告した。

Then she fished out her cell phone and dialed an old contact. The other end picked up before the first ring finished.

それから、彼女は携帯電話を取り上げ、旧友の番号をダイヤルした。最初の呼び出し音が鳴り終わる前に相手は電話に出た。

Light drummed her feet on the ground. "Hey Troy, it's Sophie. Still kicking. You? Yeah. Listen, I know it's last-minute, but I have a flight that's stopping in 14 for a few hours. I wondered if you could free some time up —"

ライツは地面を足で蹴っていた。「どうもトロイ、ソフィーよ。ええ元気よ。あなたは?そう、良かった。あのね、これが最後の連絡になるんだけど、飛行機が14時に着いたら数時間空きがあるの。ちょっとそこで時間を取ってもらえないかなって──」

(Vaux mouthed to Mango, "Sophie"?)

(ヴォーはマンゴーに語りかけた、ソフィーだって?)

"Yes, that sounds great. Yes. Plane's on the way, I can't talk for long. I'll call you once I'm there." Light smiled. "You too."

「ええ、良かったわ。うん。まだ乗り継ぎしなきゃいけないからあまり長く話せないの。着いたら電話するわね。」ライトは微笑んだ。「あなたも。」

She hung up.

彼女は電話を切った。

"It's a nice day," said Vaux.

「いい日だな」ヴォーは言った。

It was, as far as days go in Svalbard. Chilly, but sun bright on the tundra meadows and rolling rock hills. She supposed she'd add the cold and quiet site to the list of places to miss.

スバールバルでの日々に限れば、そうだった。肌を刺すような寒さはあれど、ツンドラの草地と岩が転がる丘を太陽は明るく照らしていた。彼女は寒くて静かなこのサイトを、去り難い場所のリストに加えることになるだろうと考えた。

Vaux was still watching her.

ヴォーはまだ彼女を見つめていた。

"What?" she asked.

「何?」彼女は聞いた。

"Why did you take it? The position. It's, um. It's strange that they offered it to you."

「どうしてこの仕事を受けたんです?だって…いや、おかしいですよ、あなたにオファーするだなんて。」

“They say that in the entire universe, not one unusual thing has ever happened.”

「彼らは宇宙全体で、異常なことが起こったことは一度もないと言ってるわ。」

“Liiiight. That's bullshit.”

「ライト…滅茶苦茶だそんなの。」

Light cracked a grin. "Arguably. In this instance, I know that High Command has had some kind of interest in me since very early in my career. Used to think I only got promotions because people thought I was either with the Olympia Project or related to Bright. But that's not true. There's something else.”

ライトは自嘲的な笑みを浮かべた。「恐らくはね。今回、高位司令部は私の経歴のとても早い段階から目をつけていたようね。前は、単にオリンピアプロジェクトにも参加してたし、ブライトとの関係もあると思われてたから昇進したんだと考えてた。でもそうじゃない。別の何かがあるのよ。」

“Is this why you're not worried that they're going to shoot us if this plan fails?”

「それが、この計画が失敗したとしても我々が撃ち殺される心配をしていない理由?」

“They'd only shoot me.” She sighed. “Vaux — When she offered it, I wasn't sure. Imagine you believe in nuclear power. You can't support it outright, because it's politically taboo. For… inane bureaucratic reasons. But you've seen that it can supply humanity with cheap energy, pure water, food, health, opportunity."

「その時は撃たれるでしょうね。」彼女はため息をついた。「ヴォー、──彼女がそれを持ちかけてきたとき、私は確信が持てなかった。あなたが原子力を信用してると想像して。あなたはそれを公然には出来ないの、何故なら政治的にタブーだから。もしくは…馬鹿げたお役所的な理由でね。でも、あなたはそれが人類に安価なエネルギー、綺麗な水、食べ物、健康、チャンスを与えてきたのを、見てきて知ってる。」

"But it's dangerous," ventured Vaux.

「しかし危険ですよ」ヴォーは思い切って言った。

"Of course it's dangerous. But you strongly suspect it's less dangerous than the alternative- not using it. You just can't convince anyone to try it."

「もちろん危険よ。でも、他の方法──それを使わなければもっと安全じゃないかって、あなたは疑ってるのね。誰がやったとしてもあなたは納得できない。」

"Then," she continued, "Imagine the government puts you in charge of its nuclear weapons program."

「それに、」彼女は続けた。「想像してみて、政府があなたに国の核兵器計画を一任しているって。」

"…Oh."

「…ああ。」

"What else could I do?" She leaned back, staring out at the tundra.

「他に何ができる?」彼女は身を乗り出して、ツンドラをじっと見つめた。

Vaux nodded. "You sure nobody's going to try to kill you?"

ヴォーは頷いた。「誰もあなたを殺そうとしてないのは確かなんです?」

"Someone will, almost assuredly, but not Command. Like I said, they like me, although I have no idea why."

「いるでしょうね、ほぼ確実に。けど司令部じゃない。さっきも言ったけど、私を気に入ってるみたいだから。理由は分からないけど。」

"Ah." Above them, a whining engine indicated that their ride was inbound. Vaux whistled Mango back to him, clipped on her leash.

「ええ。」2人の頭上で、エンジンの甲高い音が彼らを運ぶものが飛来したことを告げた。ヴォーはマンゴーに口笛を吹いて呼び戻し、リードに繋いだ。

"But," said Light, "I intend to find out. And then I intend to make use of it."

「けど、」ライトは言った。「私は理由を見つけるつもりよ。それから、それを利用するわ。」


ERROR

The kabesimi's portal does not exist.


エラー: kabesimiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6309380 ( 30 May 2020 00:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License