SCP‐XXX‐JP‐花噂症(かそんしょう)

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

 
    • _

    アイテム番号: SCP-XXX-JP

    オブジェクトクラス: Safe

    特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの全ての標本はサイト-81██の屋外収容センターに植え替えられます。担当職員は各植物種によって適切な育成を行ってください。SCP-XXX-JPを発見した場合、サイト-81██まで報告してください。

    説明: SCP-XXX-JPは互いに花粉を媒介として意思疎通を行い会話する植物です。この会話を人間が聞くことはできません。SCP-XXX-JPは外見やその他科学的特徴について通常の植物1と一致しています。PLTS2による調査の結果、会話内容の全てがSCP-XXX-JPが顔を認識した個人に対する想像を踏まえた悪評や真偽不明の噂話であることが確認されました。
     

      • _

      日付: 19██/4/██
       
      対象: 雄花と雌花がついた杉の木の枝3本(以降これをSCP-XXX-JP-a~cと分類します)

      実施方法: PLTSを用いてSCP-XXX-JP-a~cの会話内容を記録する。
       
      記録係: 山田研究員
       

      <記録開始>

      SCP-XXX-JP-b: ねぇ、見てよあの顔面松ぼっくりの裏側を模写しましたみたいなブスアマ。最近あのデブスれんこん男と結婚したらしいぜ。

      SCP-XXX-JP-a: 噂ではあの松ぼっくり女が例の胞子プンプン女から奪ったらしいです。さすが、れんこん男を引き抜くだけあって泥臭い最低地中植物のようです。

      SCP-XXX-JP-c: しかも研究室内でいちゃラブ受粉したらしい。葯狂いの雌しべ。朽ちろ。

      SCP-XXX-JP-a: うわ、あの女最悪ですね。こんなだから研究員留まりなんですよ。こういう女は█んで栄養分になったほうが地球環境のためです。

      SCP-XXX-JP-b: あいつが吐いた二酸化炭素使って光合成してると思うとチラコイド膜ぶっ壊れそうだわ。あとあと、あの松ぼっくり女、実は

      [PLTSが破損]

      <記録終了>

      終了報告書: 山田研究員、PLTSを壊さないでください。あと、そろそろ泣き止んでください。

      次回から噂話の対象外となるため顔を隠すことを強く求めます。機材は弁償します。ごめんなさい。-山田研究員

     
    補遺1: 以下は放棄された日本生類創研の研究所から発見されたメモ書きです。

    19██/█/██
    お花さんたちが楽しくおしゃべりしてくれたらいいなぁ

     
    補遺2: 通常の植物がSCP-XXX-JPに変異する現象が報告されました。至急、対策を講じる必要があります。

  
 
アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Cernunnos

特別収容プロトコル: 財団はSCP-XXX-JPを社会的、環境倫理的観点からSCP-XXX-JPの収容または無力化の方針を一時放棄することを決定しました。現在SCP-XXX-JPは依然増殖しており、なんらかの有効な対策を模索中です。
SCP-XXX-JPによる影響を受けた対象にはカバーストーリー「花粉症」を流布し、顔を隠してSCP-XXX-JPの噂話の対象にならないためのマスク着用の推奨と、治療薬に偽造した精神安定剤の配布を行ってください。

説明:SCP-XXX-JPは互いに意思疎通し、会話を行う植物です。この会話の全てはSCP-XXX-JPが顔を認識した個人に対する想像を踏まえた悪評や真偽不明の噂話です。
SCP-XXX-JPが行う噂話には「噂されるとくしゃみが出る」効果があることが確認されています。これにより、噂話の対象はSCP-XXX-JPが対象を変えるまでくしゃみが止まりません。
また、SCP-XXX-JPの噂話の全てが対象を強く攻撃する内容であり、対象はこの影響を無意識に受け、身体に以下のような影響が現れます。
 
・まるで涙を拭うような(いわゆる目をこする)行為。
・多量の涙を流した際に見られるような目の充血。
・多量の涙を流した際に見られるような多量の鼻水。
 
なお、通常の植物から半径1.5m以内にSCP-XXX-JPが存在すると通常の植物がSCP-XXX-JPに変異することがあり、これにより全ての植物がSCP-XXX-JPに変異することが懸念されています。
 

現在、世界中の約8割の植物がSCP-XXX-JPに変異してしまいました。我々はすぐに世界中の山々と農耕地を封鎖し、収容することも、特に攻撃的なスギ、ブタクサ、オーク、イネ科植物については無力化することも可能であります。しかしながらこれらの対応によって世界中の農林水産業および観光業に与える悪影響は計り知れず、政治、世界経済、地球環境問題の混迷は自明です。いいですか、我々は今、「植物」を収容しようとしているのです。これが大飢饉や大規模災害、世界大戦に繋がる可能性を完全に拭い去ることはできません。我々は世界を守る組織ではありませんが、世界を壊す組織であってはならないのです。
サイト-81██管理者 山田


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The qpqpqpqpqpqpqpqpqp's portal does not exist.


エラー: qpqpqpqpqpqpqpqpqpのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6307271 ( 10 Apr 2020 14:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License