SCP-XXX-JP-あい

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png

警 告

この報告書は現在、大規模な改訂が求められています。
十分な注意の上、閲覧してください。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81B0のキッチンとバスルームが付いていない特別居住型収容室101号室に、施錠をせず、また監視設備を設置せずに収容を継続してください。ただし、特別居住型収容室101号室には子供用学習机と冷暖房機、シングルベット、クローゼット、本棚があるものとします。必要があれば適宜、洋服や洗面用具、筆記用具等を買い足してください。SCP-XXX-JPには一か月に500円の小遣いを与え、サイト-81B0内の店舗での買い物が許可されます。SCP-XXX-JPが要求する娯楽用品、書籍、菓子類は職員で検討の上、購入を決定してください。ただしクリスマスと誕生日1は例外的に、SCP-XXX-JPの要求をできるだけ叶えてください。

SCP-XXX-JPには日に3度の食事と午後3時のおやつを、サイト-81B0職員専用食堂にて与えます。この際、特に用事のない職員は必ず同席してください。食事内容はサイト-81B0の調理技師らがSCP-XXX-JPや職員の要望を踏まえた上で決定します。また、SCP-XXX-JPは日に1度以上の入浴を義務とし、入浴の際はエージェント松村およびエージェント西が同伴してください。髪型についてはSCP-XXX-JPから要求があった場合にのみ、山元博士によって散髪を行ってください。

SCP-XXX-JPは日常的に小規模な収容違反を起こしますが、それは指定されたサイト-81B0内に留まる程度と決まっており、またSCP-XXX-JPは就寝時間23:00までには特別居住型収容室101号室への帰還が義務付けられています。戻らない場合、機動部隊 ぬ-7"熊男達"が捜索します。発見した場合は即刻再収容し、厳しく叱ってください。SCP-XXX-JPの体調が悪化した場合はサイト-81B0付属隔離病院へ搬送し、診察を行います。SCP-XXX-JPに精神的問題が生じた場合、気づいた時点でその職員によるカウンセリングを迅速に実施してください。

SCP-XXX-JPにはサイト-81B0の指定範囲外へ出ることが禁止されています。特に異常オブジェクトの収容区域は危険ですので、これを警備担当らは警戒してください。該当の行為があれば、機動部隊 ぬ-7"熊男達"と警備担当らが全力でSCP-XXX-JPを保護した後、サイト管理官椎名がSCP-XXX-JPへ厳しく説法をします。

説明: SCP-XXX-JPは日本語を話すモンゴロイド系女性で、収容当時の年齢は推定8歳程度です。当時こそ人見知りが激しかったものの、現在では活発で、常に笑顔が絶えません。性格は非常に素直で優しく、しっかり者です。一方、暗い場所や水の中に対して臆病な一面もあります。SCP-XXX-JPは自身を"やしま あい"と名乗っており、各職員には"あいちゃん"や"あい"と呼ばれることを好みます。

SCP-XXX-JPは運動能力が高く、走ることが得意です。SCP-XXX-JPは好んで"かけっこ"を職員に仕掛けますが、運動不足の職員は負けます。ただし、稀にSCP-XXX-JPに勝つとSCP-XXX-JPはしばらく口を聞いてくれません。ただし、機動部隊 ぬ-7"熊男達"の場合は、SCP-XXX-JPは定期的に機動部隊 ぬ-7"熊男達"にいたずらを仕掛けることで鬼ごっこが開始されます。SCP-XXX-JPは捕まると、隊員から"肩車の刑"に処され、肩に乗せられると例外なく喜びます。

SCP-XXX-JPは勉強にも興味があり、博士や研究員から算数や理科、社会、英語、神秘学等を教えてもらっています。特に算数は得意で、冬木研究員から天才の称号を受けとっています。家庭科にも熱心でサイト-81B0職員専用食堂でよく調理技師と料理をしたり、エージェント西に編み物を教わっています。SCP-XXX-JPはバレンタインデーや勤労感謝の日、各職員の誕生日にこれらの腕前を披露し、該当者へプレゼントを渡したり、食事を振る舞ったりします。

SCP-XXX-JPはおしゃれが好きで、特に洋服には気を遣っています。髪型はいずれ長くしたいようですが、いつも途中で邪魔になり、散髪してもらいます。読書も好きでよく児童書や絵本を読みます。また、サイト-81B0職員専用休憩室でテレビ番組を眺めることも好きで、この際SCP-XXX-JPは必ず紅茶を嗜みます。稀にコーヒーに挑戦するも、3口ほどで諦めて、近くの清掃員に飲んでもらうのが常です。

補遺1: SCP-XXX-JPは20██/██/██にサイト-81B0の正面玄関付近で、多数の打撲と栄養失調の状態で倒れているところを冬木研究員が発見し、サイト-81B0内で介抱したことをきっかけに収容が開始されました。

補遺2: 調査の結果、SCP-XXX-JPの収容以前の住所が判明しました。██県██市にある████アパート███号室で、現在も一組の男女が暮らしています。部屋は非常に不衛生で、多数の雑誌、たばこの吸い殻、アルコール飲料等が散乱していました。

ERROR

The qpqpqpqpqpqpqpqpqp's portal does not exist.


エラー: qpqpqpqpqpqpqpqpqpのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6307271 ( 10 Apr 2020 14:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License