SCP-XXXX-JP 誤字ノート

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは、サイト-8151の小型収容室に収容されています。SCP-XXXX-JPの視認は通常禁止されています。SCP-XXXX-JPが視認された場合、SCP-XXXX-JPを視認した対象にはクラスBの記憶処理を施してください。

説明:SCP-XXXX-JPは、「山本 ██」という名前が書かれたノートです。対象がSCP-XXXX-JPを視認する際、SCP-XXXX-JPの内容は対象の母国語として認識されます、その内容の意味はどの言語の場合も同一で、中学数学の2次関数の応用から数列の範囲の問題の計算や、その単元についてのメモが書かれています。

SCP-XXXX-JPを構成する文字はどの言語の場合も著しく崩れています。また、SCP-XXXX-JPを構成する文字は、似た表記を持つ文字が入れ替わる形で誤って書かれています。


SCP-XXXX-JPの誤字部分を対象が視認すると、対象は文章を書く際に文字が著しく乱雑になり40~70%の確率で視認した誤字部分と同様の誤字を起こします。この症状は対象が注意しながら書くなどで抑制できます。また、クラスBの記憶処理を受けると、SCP-XXXX-JPによる影響は完全に無くなります。
SCP-XXXX-JPの内容を写した文やSCP-XXXX-JPを写した写真などではこの現象は起きません。

補遺:SCP-XXXX-JPの持ち主と思われる山本氏は1982年に32歳で他界しておりSCP-XXXX-JPの内容からSCP-XXXX-JPは、山本氏が14~15歳の時に書かれたものと推測されています。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The sabotensio's portal does not exist.


エラー: sabotensioのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6287545 ( 05 Apr 2020 14:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License