SCP-XXXX-JP 誰かの命でお支払い

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは、現在サイト8126にある、小型の収容室に置かれています。

SCP-XXXX-JPについての情報を外部に漏らすことがないようにしてください。もしSCP-XXXX-JPが収容違反を起こした場合、SCP-XXXX-JPの捜索を開始してSCP-XXXX-JPと直接関わった可能性のある人物とSCP-XXXX-JPの再収容に関わった職員にはクラスAクラスB記憶処理を、その人物と関わった可能性のある人物にはクラスA記憶処理を施してください。

職員が故意に収容違反を起こした場合はその職員を終了処分してください
また、███博士の厳正な人格検査による許可なくSCP-XXXX-JPの名称を知ろうとしてはいけません。

説明: SCP-XXXX-JPは、五芒星の落書きが書かれた小切手です。SCP-XXXX-JPの名称である[編集済]を知っていて且つ直接視認するだけでなく、映像や写真、ある程度正確な絵画等を介してSCP-XXXX-JPを視認した人物がSCP-XXXX-JPに向けて願いを叶えて欲しいと要求するとSCP-XXXX-JPは活性状態に入りその人物の手元にテレポートします。
SCP-XXXX-JPを持った人物は、「自分の[願い事]を一つだけSCP-XXXX-JPが叶えてくれる」と直感的に理解します。

SCP-XXXX-JPを持った人物がSCP-XXXX-JPに向けて[願い事]を言うとその内容は基本、無制限に実現します。ただし、その際[願い事]のスケールに応じた人数の使用者の身近な人物が親しい順にあらゆる原因で死亡します。その際、使用者と何の関係もない人物が亡くなることもあります。
また、その人数は、SCP-XXXX-JPの使用実験や、過去の文献及び言い伝えからある程度明らかになっています。


また、「[願い事]を叶えない」等のSCP-XXXX-JPの異常性を阻害する内容の[願い事]を要求するとその場であらゆる原因により死亡します。
[願い事]が実現した後はSCP-XXXX-JPを持つ人物はSCP-XXXX-JPを不要に感じ、その場に放棄します。
その後SCP-XXXX-JPは、新たにSCP-XXXX-JPを発見した人物の手元に移動します。この結果自己中心または、凶悪な思考を持つ人物が、SCP-XXXX-JPを発見してしまうと、XK-シナリオにもつながり兼ねません。

補遺1: 現在SCP-XXXX-JPの名称と外観を認知していることが確認されているのは███博士のみですが、SCP-XXXX-JPは過去に収容違反を起こしており、他にSCP-XXXX-JPの名称及び外観を認知している人物がいないことが不確実なため、SCP-XXXX-JPの完全な収容には至ってないとされています。

SCP-XXXX-JPの活用は人命を大量に奪う危険があり、検討されていません。

補遺2: SCP-XXXX-JPは過去に収容違反を起こしています。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The sabotensio's portal does not exist.


エラー: sabotensioのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6287545 ( 05 Apr 2020 14:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License