SCP-2791-JP 鰐の涙

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2791-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: 日本全国の葬儀は常に斎場に設置された隠しカメラを通じて監視されます。SCP-2791-JPの出現の兆候が見られた場合、全国のサイトに常駐している機動部隊か-9("冠婚葬祭")が対象の地点に急行し、目撃した民間人への記憶処理および適切なカバーストーリーの流布などの事後処理を行います。
SCP-2791-JPは消失する特性上、実質的に収容は不可能と判断されています。SCP-2791-JPとの接触に成功し、かつ意思疎通が可能な場合、情報収集に焦点を当てたインタビューを行ってください。

説明: SCP-2791-JPは日本国内の葬儀で以下の5つの条件が満たされた場合のみ発生する異常実体です。

条件1 会場付近にて雨が降っている
条件2 亡くなった故人が30歳以下である
条件3 故人の遺体に大きな損傷が見られない
条件4 遺体がほぼ腐敗しておらず、新鮮な状態である
条件5 葬儀に出席している人数が30人以下である

以上の条件が満たされた場合会場内入り口に、SCP-2791-JPが出現します。この動作は瞬間的に行われるためハイスピードカメラを用いても、出現する瞬間は撮影できていません。

SCP-2791-JPは異常な外見を持つ人型実態です。
SCP-2791-JPは黒いスーツを着用し、黒い傘と黒い中折れ帽を持った成人男性ですが、頭部がイリエワニ(学名:Crocodylus porosus)に置き換わっています。またSCP-2791-JPは常に眼球から涙を流しています。1SCP-2791-JPが出現しても葬儀を行っている人物は違和感を抱く事は無く、通常通りに振舞います。SCP-2791-JPは葬儀中常に葬儀を眺めており、現在まで周囲の人間に接触を行おうとするなどの行動は確認されていません。基本的にSCP-2791-JPは葬儀が終了した時点で消失します。SCP-2791-JPは限定的な予知能力もしくは現実改編能力を有する可能性があります。

以下はSCP-2791-JPへのインタビュー記録です。SCP-2791-JPはインタビューの際、標準的な日本語を用いました。

補遺:1 SCP-2791-JPとのインタビューにてインタビュアーを勤めた ████研究員が、20██/█/█に行ったインタビュアーから、三日後の20██/█/█に交通事故にて死亡しました。2現在SCP-2791-JPと████研究員の死亡の関連性について調査が進められています。

████研究員の葬儀にはインタビューどおりSCP-2791-JPが出現しました。以下は████研究員の葬儀に現れた、SCP-2791-JPへのインタビュー記録です。

補遺:2 SCP-2791-JPの出現した葬儀の遺体に、脳・眼球・舌・心臓・肝臓の完全な消失が発生していることが分かりました。3おそらく限定的な認識災害によって、遺体を視認した人物や遺体に関わった人物も一切の違和感を抱くことはありませんでしたが、█回目のSCP-2791-JP発生の際、認識災害に強い耐性のあるエージェント███によってこの異常性は発覚しました。SCP-2791-JPにまだ発覚していない異常性がある可能性も踏まえSCP-2791-JPはオブジェクトクラスKeterに格上げとなりました。

以下は新たな異常性が発覚した後に行われたSCP-2791-JPへのインタビュー記録です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The NazonoR's portal does not exist.


エラー: NazonoRのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6286008 ( 07 Apr 2020 06:11 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License