SCP-XXX-JP "自白"

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト81██1の高価値物品標準収容ロッカーに保管されます。SCP-XXX-JPの使用はいかなる場合においても禁止されています。またSCP-XXX-JPの情報はSCP-XXX-JPの担当職員のみが知ることができます。
この文書への不用意なアクセスは推奨されません

説明: SCP-XXX-JPは1995年から2013年までの約18年年間において、財団で使用されていた自白剤です。
SCP-XXX-JPは無色透明な液体であり、注射器による使用が主流です。またSCP-XXX-JPを使用しても通常自白剤を使用した際、起きる副作用どは確認されていません。
SCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPを人物(以降使用者と表記)が、人物(以降被験者と表記)に対して使用した際に発生します。SCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPが使用された被験者が必ず使用者の望む自白(発言)を行うという点です。この使用者が望む自白というのはその状況において、使用者が被験者に言って欲しいと望む回答です。この異常性は人種や性別に関係なく、いかなる状況においても必ず発生します。

補遺:1 SCP-XXX-JPは1993年に要注意団体███の拠点にて発見された自白剤を、財団の研究部門の職員が研究及び改良を進め完成したものです。
当時、要注意団体███はSCP-XXX-JPを副作用のない量産可能な自白剤として開発していました。
要注意団体███の拠点を財団が捜索したさいSCP-XXX-JPを発見、前記したように財団研究部門にて改良を進めていたのがSCP-XXX-JPです。
当時財団内でもSCP-XXX-JPを使用するかの議論は行われていましたが、当時は財団内部で使用する正式な自白剤が存在しなかったため、最終的には財団で正式に使用する自白剤となりました。
 
その後2013年7月22日に異常性が発覚するまでSCP-XXX-JPは財団内で使用され続けました。

補遺:3 SCP-XXX-JPは異常性発覚当初、Anomalousとして収容される予定でした。
しかし異常性発覚から3日後の7月25日に、突如としてインターネットサイト█████にてSCP-XXX-JPの製造方法と使用法が流出してしまいました。
最終的に財団の権限で情報流出を妨害し、カバーストーリー「たちの悪いjoke」を配布しましたが、事件終息まで犯人の特定に至りませんでした。
さらに、製造法を見た一部の人間がSCP-XXX-JPを製造及び使用した疑いがあり、今事件の犯人が財団職員や要注意団体███のメンバーの可能性も踏まえ、情報管理の目的から当該オブジェクトを正式なSCPナンバーに指定されました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The NazonoR's portal does not exist.


エラー: NazonoRのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6286008 ( 07 Apr 2020 06:11 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License