SCP-XXX-JP - 五月蝿い

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Ticonderoga1

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが引き起こす現象はカバーストーリー「耳鳴りの存在」「高周波数の音を聞くことにより感じる嫌悪感の普遍性」によって公には科学的に解明された事になっています。

説明: SCP-XXX-JPはハエ亜目環縫短角群ハエ下目に属すると考えられる平均体長2μmの昆虫です。

SCP-XXX-JPは電子、光を完全に貫通します。このため、一般にSCP-XXX-JPが発見された例はありません。SCP-XXX-JPはSCP-████の聴覚器官への影響を調査するために振動伝達技術を応用した████を用いた鼓膜の表面観察によって発見されました。

SCP-XXX-JPはヒトの聴覚野に流れる電気信号に起因する栄養合成機関を有しており、捕食を必要としません。また、デンキウナギ(Electrophorus)のもの等とは異なったプロセスによる、蓄電性を有した発電機間を持ちます。

SCP-XXX-JPの遺伝子は鼓膜を構成する細胞内に先天的に含まれており、胚の発生から3週間の間細胞内共生しますが、羽化の後に細胞を破壊し、寄生します。この後はSCP-XXX-JPは殆どの時間を鼓膜の上で生活します。SCP-XXX-JPは2,000~4,000Hzの音によって発生する電気信号が発生した際、活発に栄養の合成を開始します。この際に一部利用しない電気信号が存在し、その信号が脳に届いた際、視覚的な音の発生の認識との相違により不快に感じるという事が判明しています。また、外部から音の供給が無くなった、もしくは著しく少なくなった場合、蓄電器間から一定の電気信号を発し、宿主の発声を促します。

SCP-XXX-JPは栄養合成の際にミラーニューロンを活性化させる物質を分泌します。この物質の発生源は未だ不明です。また、この事によりSCP-XXX-JPの宿主がSCP-XXX-JPの栄養合成の際に感じた不快感を再び感じる事があります。

補遺: SCP-XXX-JPの寿命が近づくにつれSCP-XXX-JPは苦痛により激しく動き回ります。また、これにより宿主の鼓膜が傷つき聴力が低下する、もしくは破壊されて聴力が完全に失われることが判明しました。この際前述の分泌物質に含まれるリドカインにより局所麻酔がかかるため多くの場合痛みを感じません。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The readmaster's portal does not exist.


エラー: readmasterのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6251290 (22 Mar 2020 11:12)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License