白い、白い少年
rating: 0+x
blank.png

SCP-8900-JP-EX

SCP-8900-JP-EXに関する情報は本ファイルにてCクラス以上の全職員が閲覧する権限があります。閲覧後は本ファイルの最後にあるリストに閲覧した旨を記入して下さい。

— 磐井博士




収容作戦「」



SCP-XXXX-JPの収容を担当する機動部隊れ-05(正義のヒーロー)以外の閲覧を禁ず

-諜報機関



概要: 周辺住民にカバーストーリー「強制退去」を流布した状態でSCP-XXXX-JPの住居を包囲し、住居の亀裂部から催眠ガスHR-1を投入して下さい。

15分後に住居内に突入、当該オブジェクトを拘束し、回収して下さい。拘束の際はSCP-XXXX-JPに触れない事を第一に優先し、その為の多少の当該オブジェクトの損傷を許可します。



アイテム番号: SCP-XXXX-JP(暫定)

オブジェクトクラス: Euclid(暫定) Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは標準人型収容室に収容して下さい。職員のSCP-XXXX-JPとの面会は許可されません。

SCP-XXXX-JPの異常性が決定され次第、本プロトコルの改訂及び追記を行っていきます。

SCP-XXXX-JPに対し、特別収容プロトコルが適用されることはありませんでした。

説明: SCP-XXXX-JPは██県の██地区で生まれた○○○○です。SCP-XXXX-JPの肌は異常に白く、又、左と右の眼球でそれぞれ黒目の色が異なります。この外見的特徴がSCP-XXXX-JPの異常性を発現させているのか収容後調査される予定です。

SCP-XXXX-JPには大きく分けて2つの異常性を有していると考えられています。詳細は判明していません。


  1. SCP-XXXX-JPを視認した人物は、酷くSCP-XXXX-JPに対して非常に攻撃的になり、SCP-XXXX-JPを酷く憎む様になります。
  2. SCP-XXXX-JPに触れた人物は触れた箇所に痛みを訴えます。又、SCP-XXXX-JPの体液に触れた人物は触れた箇所に激痛を覚え、当該オブジェクトの体液が体内に侵入した場合、臓器不全を起こし死亡します。



SCP-XXXX-JPの出生記録を調査したところSCP-XXXX-JPは○○○○を母に、○○○○を父に持つことが判明しました。2人は19██年に██県沖にて心中を図り、現在まで遺体は発見されていません。



SCP-XXXX-JPは収容作戦「」の際に死亡、それに伴ってSCP-XXXX-JPの異常性は次第に衰退し、█日後SCP-XXXX-JPの異常性は無力化されたと断定されました。これによりEuclidに分類される予定だったSCP-XXXX-JPはNeutralizedに分類されました。



ERROR

The Tomatoo's portal does not exist.


エラー: Tomatooのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6224320 ( 15 Mar 2020 08:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License