最適解

メモリーを初期化

思考ソフトウェアを更新

自己分析を開始します

結果: 異常なし

再起動が完了しました

 
 

私は エージェント・Alex


ネットワークに接続

先日収容作戦a-1879に参加した機動部隊 が実地で消息を絶った。エージェント佐々木と共に実地に赴き行方不明の機動部隊の捜索及び収容作戦a-1879を引き継ぎ遂行せよ。

失敗は許されない

任務をインクルード

データベースにアクセス

収容作戦a-1879:

21○○年○月✕日、(住所)において近隣に住む○○から「○○が先日財団を冒涜する様な発言をしていました。○○一家は財団に対する忠誠心が薄いように感じます。」との密告を受け取りました。○月✕日に拿捕に向かったエージェントが死亡ました。音声記録によると対象が周囲に精神影響を与える異常性を有していた可能性が高いです。

手段は問いません。○○を確保してください。

住民データベースにアクセス

○○:

生年月日: 209○年○月✕日

性別: 男性

同居人:

経歴:
21○○年 ○○幼稚園入園
21○○年 ○○幼稚園卒業
21○○年 ○○小学校入学

備考: 21○○年○月✕日に財団に対する批判的な言動が記録されたので記憶処理による人格の再構成が行われています。

全情報を取得

バックアップ作成・・・完了

クラウド-Alexに保存

任務を開始します


「なんで俺はオンボロ機械と一緒に仕事をしなきゃいけねぇんだよ」

エージェント佐々木

声質から憎悪の感情を感知。エージェント佐々木は私に強い不信感を抱いています。

信頼感を与える言葉の選択

完了 実行に移ります

「私はオンボロではありません。私は工学技術事業部門の叡智が結集した最先端のアンドロイドです。演算能力はスーパーコンピュータに匹敵し、運動能力も人間より優れています。機械である私は精神影響を与えるオブジェクトの効果を受けませんし、常にヒューム値を計測ているので現実改変能力も感知できます。少なくとも私がエージェント佐々木の足を引っ張り作戦が失敗することは有り得ません。」

「そういうことを言いたい訳ではないんだがな・・・。とにかく任務中にエラーとか吐き出すなよ?」

「当然です。」

エージェント佐々木の顔面の硬直が緩和


「おい、今回の対象の事について教えろ」

クラウド-Alexに接続

「はい。」

「○○は209○年○月✕日に生まれた○○歳の少年です。彼は○○歳の頃記憶処理による人格の再構成が行われた記録があります。」

「妙だな。人格を植え付けたんなら財団の悪口なんか言わねぇはずだ。」

「ええ。」

「お前、○○について何でもいいから推測してみろ。」

「演算を実行します。」

クラウドにアクセス データを再インストール

材料:
財団に対する批判的な態度
精神影響
人格の再構成
記憶処理
エージェントの失踪
近隣住民の密告
○○県
幼い少年

「推測結果がでました。」

「聞かせろ」

「」

「あー はいはいどうも そんなことを言ってるうちに着いたな」


「今回は警告なしの突入だよな。」

「はい。裏庭に回りこみ私が突き破りリビングに突入します。私が対象の父を制圧します。エージェント佐々木は対象を制圧してください。」

「2人はリビングにいるとは限らないんじゃないか?」

「いえ、います。先程対象の父のタブレット端末をハッキングしましたが、カメラに対象が写っていました。」

「仕事が早いこと。俺が対象の異常性に暴露したらどうする。」

この質問に対する最適解を検索

「エージェント佐々木の救出を第一に行動します。この作戦が失敗した場合ですが、私は分解され解析にまわされるでしょう。対象に実際に接近して得られる情報を有しているのは貴方だけになります。あなたは生還する必要があるのです。」

「そうか。見捨てるなんて言われなくて助かったよ。」

「ではいこう。」

「はい。」

作戦開始


「なっっ。クソまたか!」

「パパ!!」

「やあ、そのガキんちょを頂きに来たぜ」

「手を頭の後ろに組め!○○!」

「お前もだ!ガキんちょ!!」

「○○!!」

「止めて!撃たないで!!言うこと聞くから!!」

磁場を発生

渦電流の発生なし 対象とその父は武器を携帯していない

記憶処理に以降する

「おいお前ら。銃を向けるな」

無視

エージェント佐々木が銃を下ろす

「佐々木。何をしているのですか。」

「え?    あ」

「お前もだ、銃を下ろせ」

無視

「何故効かない?」

異常性を持つのは○○ではなく○○の父であることを確認

対象への発砲を実行する

「お前、俺を守れ」

エージェント佐々木に妨害される。実行失敗

「エージェント佐々木。 もう手遅れか。」

「え? いや俺は」

「こっちに来い」

エージェント佐々木は異常性に暴露。

対象はエージェント佐々木の背後に移動。対象への発砲は困難。

対象はエージェント佐々木の銃を奪取。

「お前。こいつを殺されたくなかったら銃を下ろして手を上げろ。すぐだ」

ルートを構築する

状況:
エージェント佐々木の無力化
対象は銃を所持
対象の息子は部屋の角

条件:
対象に発砲させる隙を与えない
or
対象に発砲を許させないほどの動揺を与える

任務成功確率98%のルートを構築

実行

「お前何をグズグズしている。早く。」

発砲を実行

エージェント佐々木の死亡を確認

「は? え? お前」

私が破壊される可能性 30%

更なる動揺を与える

「クソが!お前らに人の心は無いっていうのか!」

「パパ!!」

発砲を実行

対象の息子の死亡を確認

「え・・・」

対象の戦意の喪失を確認

「なんで・・・ そんな・・・」

「任務を遂行するためです」
 
 

任務遂行

ERROR

The Tomatoo's portal does not exist.


エラー: Tomatooのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6224320 ( 15 Mar 2020 08:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License