或る遺書について

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

あなたがこれを読んでいるということは、私はもうこの世にいないのでしょう。長いようで短く、短いようで長かったこの二十余年、私がどれほど世界に貢献できたかは、見当の──

とろけるような紫色のインクが、クリーム色の罫線に囲まれ掠れ始める。僕は左手をちょっと伸ばして、インク瓶の蓋を外すと、ガラスペンの先をそれにつけた。

見当のつけようもありません。
それでも私は、この組織の一員として、数多の重要な任務に関われたこと、素晴らしい仲間たちと共にそれらに当たれたこと、このような形で世界に繋がれたことを、心から──

手が止まる。このあとは、何と言葉を繋げるべきか。「幸せでした」?「嬉しかったです」?いや、それはいくらか座りが悪い。辞書を出そうか。あぁでも、それではペンが乾いてしまう。
僕は今、書ききらなくちゃならないんだ。

心から嬉しく思います。

僕は綴り続ける。ガラスペンを便箋の上に滑らせ続ける。一画一画、魂を込めて。さざめく心に向き合いながら。

その果てに、このような終わりを迎えたことすらも。

次の仕事は気乗りがしない。
ガンホルダーに締め付けられた大腿がひりひり痛む。シグネットリングが、左手が重い。心臓の音がやけに煩い。
これはきっと、予兆だ。

忘れないでくれとは言いません。何を記憶に留め置き、何を捨て去るかは、全てあなたが選ぶべきことです。現に私の手元には、身に覚えのない友の形見がいくつもある。

ガラスペンを握る手に、力が籠る。

ひとつだけ、願いがあるとするならば、これを見たあなたが笑ってくれること。
笑顔で私を送り出してくれることのほかに、私は何も望みません。

Agt.████

ガラスペンを水の入ったグラスに浸け、封蝋と、少なくとも僕のものではない名が刻まれたライターを、デスク左手の抽斗から取り出す。こんなときにしか使わないけれど、火の扱いにも随分慣れた。震えそうになる手を制しながら、ゆっくりと、蝋を垂らす。パーリーアイボリーの蝋に縁取られたシグネットリングを眺め、僕はほっと息を吐く。

──これを見つけてくれる人はいるのだろうか?
頭の中で、友人と呼べる人々の顔が、次々と浮かんでは消えていく。僕と同じ、今日死ぬかもしれない人々の顔が。
軽く首を振り、時計を見やる。集合時間の10分前だ。封蝋から剥がしたリングを嵌め直し、僕は自室を発った。

誰が読むかも分からない、僕の遺書。
ちっぽけなプライドの込められた、僕の遺作、生きた証。
鍵付きの抽斗の中身と合わせて、十三通目になる。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The EveningRose's portal does not exist.


エラー: EveningRoseのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6222512 ( 14 Mar 2020 05:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License