雨島のTale
rating: 0+x
blank.png

 そろそろ梅雨に入る頃合いだというのを、櫛の通りにくい髪の毛で気付かされた。
 
 ひとつため息をついて、手の中の道具を小さな櫛からヘアブラシに持ち替える。
 肩に落ちた白髪を指先で弄ぶ。いつもはさらりと流れる髪は、うねりを持って指に絡みついた。
 小さく舌打ちをしてから、膨れた髪をざくざくとブラシで梳く。

 言うことを聞かない長髪を両手で後ろに流し、目にかかる前髪をピンで留めた。
 いつもより少しだけ背を伸ばす。普段より少しだけ素敵な自分を思い描く。
 
 今日は大切な日なのだ。
 最後の仕上げとばかり、真っ白な手袋をきっちり嵌めて、雨霧あまぎり霧香きりかは部屋を出た。


ERROR

The Taga49's portal does not exist.


エラー: Taga49のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6217955 ( 25 Mar 2020 05:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License