椅子に座る死体コンテスト下書き

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

説明: SCP-XXX-JPは██県██市に位置する██第2公園の男子トイレより侵入可能な異常空間です。これまでの調査により、SCP-XXX-JP内部は全長不明な一本道であり、左右の壁に非異常性の椅子が並んでいる事が判明しています。

SCP-XXX-JP内部の椅子の上には稀に何らかの物品が発見される事があります。これらの物品には際立った異常性は確認されていません。

実験記録XXX-JP

対象: D-22567

実施方法: 通信機器を持たせたD-22567にSCP-XXX-JP内部を探索させる。

<記録開始>

D-22567がSCP-XXX-JP内部に侵入する。

D-22567: はいよっと、入ったぜ。

██博士: 周囲の様子はどうなっていますか?

D-22567: あー、まず真っ暗だ。懐中電灯がなきゃなんも見えねえ。あとは椅子だ。両方の壁際に椅子がめちゃくちゃ並んでる。

██博士: 椅子?

D-22567 ああ。見える限り先の方までずっと。とりあえず、行ける所まで行ってみる。

[D-22567がおよそ1時間ほど進む。]

D-22567: ……ん?おい、博士。椅子の上になんかある。拾っても大丈夫か?

██博士: 拾ってください。

D-22567: あいよ。んだこれ、メモ?なんかの紙切れみたいだ。

██博士: 何か書いてありますか?

D-22567: 文字じゃねえな。これは……積み木、か?なんだってこんなのが……?

██博士: それはこちらで調べますので気にしなくて結構です。そのまま探索を続けてください。

[D-22567がまた1時間ほど進む。]

D-22567: ……おい、博士。ここに入ってからどれくらい経った?

██博士: だいたい2時間ほどですが……どうしました?

D-22567: いや、ちょっと疲れてきたんだ。2時間も歩きっぱなしなんだぞ?どこまで行けば……

██博士: とりあえず、行けるところまで行ってください。帰還のタイミングはこちらから指示します。

D-22567: なんだよそれ、って言っても俺には拒否権なんてないんだろ?進みゃいいんだろ、進みゃ。

[D-22567がおよそ40分ほど進む。D-22567の呼吸が浅くなっている。]

D-22567: [荒い呼吸音]……おい、まだ戻っちゃダメなのか?

██博士: ええ。まだ進んでください。

D-22567: 勝手な事を……なあ、また椅子に何か置いてあるぞ。今度は……コンパスだ。方角を調べる方のやつ。

██博士: 何か特徴はありますか?

D-22567: 針がこの道の奥を指してる。そっちが北なのか?

██博士: いえ、そちらは南東の筈ですが。他には何かありますか?

D-22567: ……いや、特にはないな。

[D-22567が30分ほど進む。明らかに呼吸音が大きくなっている。]

D-22567: [荒い息]なあ[咳き込む]まだ進むのか?

██博士: もう少しです。

D-22567: ……クソ、頭も働かなくなってきた。この椅子に座っちゃダメなのか?

██博士: ええ、念の為です。何が起こるか分かりませんから。

[D-22567が8分ほど進む。]
██博士: D-22567、どうですか?

D-22567: [荒い息]

██博士: D-22567?

D-22567: また[咳き込む]なんかあった。

██博士: 何がありましたか?

D-22567: 俺は[荒い息]知らない。なんも分かんねえ。もう疲れた。

██博士: D-22567、今すぐ帰還してください。

D-22567: いた、聞いた、見えた、触った。あいつらがいた、俺もここに座るべきなんだ。

██博士: 繰り返します。帰還してください。

D-22567: これは置いてくぞ。……じゃあな。

[不明なノイズ]

<記録終了>

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The ichinasi234's portal does not exist.


エラー: ichinasi234のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6202805 ( 11 Mar 2020 01:54 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License