SCP-2932 追記分 翻訳案

このページの批評は終了しました。

Prisoner Name: Adam El Asem
Incarceration: Inactive
Date of Incarceration: 7-Moon 3-Cycle 4301-Rotation
Sentence: Endless Rotation
囚人名: Adam El Asem
拘禁設備: 停止
投獄日: 4301廻7月3夜
刑期: 無限廻

SCP-2932-A Notes: This one was a Child of the Sun, but the Children of the Sun abhorred him as much as the Children of the Night. Adam El Asem could will things into existence with a glance, could move mountains and dry riverbeds by touching them. Something great and terrible lived within his mind, and the Children wasted no time lashing him to the stone and giving him to Titania. There were others like him, dangerous Children of the Sun from the East, but they are not here. There is a cell reserved here for the one with desolation in his steps, and one for the other. I do not expect to fill them.
SCP-2932-Aの注記: こ奴は太陽の子じゃが、太陽の子らは彼を夜闇の子らと同じほどに忌み嫌っておった。Adam El Asemは一目見るだけで物を創り出し、彼が触れれば山は動き、川は枯れ果てた。彼の心には偉大で恐るべき何かが棲んどった。子らは時をおかずに彼を石に縛り付け、ティターニアに与えたのじゃ。彼のように東より来る危険な太陽の子は他にもおったが、そ奴らはここにはおらん。ここには、その歩みが荒廃を齎す者のために1つ、別の者のためにもう1つの予備の独房が準備されとる。儂はこれらが埋まるとは思っとらぬよ。

Additional Note: On 4/7/2015, the entryway to this cell collapsed and fell inward, an event later attributed to the gradual decay of the entire facility. The interior of the cell was found to be empty. When questioned about this, SCP-2932-A refused to admit that the cell was empty, and also refused to go look at the cell to confirm. While SCP-2932-A did not appear to have any predilections against the area around the cell, the entity now refuses to even approach it. The only substantive information gathered from SCP-2932-A regarding the empty cell is a comment made after questioning whether or not SCP-2932-A knows what any of the entities contained within SCP-2932 actually are, wherein the entity replied "I know what I was told. The dread has no reason to lie."
追記: 2015年4月7日、この独房への入り口が崩壊、内側へ倒れました。これは施設全体が徐々に腐敗していたことが原因と見られます。このとき、独房内部が空になっていたことが判明しました。これについて問われた際、SCP-2932-Aは独房が空であることを認めず、確認のために独房を見に行くことをも拒否しました。以前は独房周辺のエリアについて何ら関心を見せていなかったにもかかわらず、SCP-2932-Aは現在ではそこに接近することすら拒んでいます。空の独房に関してSCP-2932-Aから得られた唯一の意味ある情報は、SCP-2932-Aが、SCP-2392内に収容されていた実体が実際にはなんだったのか知っているか、と問われた後のコメントです。その中で実体は「儂は自分が何を言われたのか理解しておる。恐怖には嘘をつく理由なぞないのじゃ。」と回答しました。

改訳部分等のみ記載 新規翻訳部分は青字
日本語版現行訳:http://scp-jp.wikidot.com/scp-2932
原文:http://scp-wiki.wikidot.com/scp-2932


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The nuweno_t's portal does not exist.


エラー: nuweno_tのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6170700 ( 07 Mar 2020 05:28 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License