SCP-Undecided-JP 戦闘エリア193 G and B Channel-9--0296

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-Undecided-JP

オブジェクトクラス: Keter Neutralized

特別収容プロトコル: 銃器を装備したDクラス職員で構成された警備部隊を三個小隊組織し、交代で二個分隊にSCP-Undecided-JP-1を監視させて下さい。Dクラス職員にはSCP-Undecided-JP-1を中心に半径200m以内から出ることを禁じ、エリア-193の地理、警備に関する情報を与えないで下さい。指定範囲から出たDクラス職員は終了して下さい。

SCP-Undecided-JP-2が出現した場合、収容スタッフは、待機中の部隊を含めたDクラス職員に無線でSCP-Undecided-JP-2との交戦を指示し、Dクラス職員の損耗が10%に及んだ段階でエリア保安部に増援を要請して下さい。

増援に向かった部隊の指揮官が、SCP-Undecided-JP-2の襲撃を食い止められないと認識した時点で、エリア保安部はエリア-203に応援を要請して下さい。エリア-203の保安部隊ろ-2は、エリア-193からの応援要請を受けた後、速やかにエリア-193に向かって下さい。

Dクラス職員を除く保安スタッフは、狙撃、砲撃などの遠隔攻撃のみを行い、SCP-Undecided-JP-2に拉致される事の無いように注意して下さい。

追記: サイト-8181、サイト-8141においての特別収容プロトコルは現在策定中です。

SCP-Undecided-JPは無力化済みです。

説明: SCP-Undecided-JPは臨時保管エリア-193で発生する、武装集団による襲撃です。エリア-193が閉鎖、改組された場合を除き、エリア-193内で継続的に発生すると考えられます。

SCP-Undecided-JPは、エリア-193の西側にあるプレハブ小屋内に位置する楕円形の面(SCP-Undecided-JP-1)を起点とします。SCP-Undecided-JP-1は何らかの空間と繋がっていると考えられ、時折SCP-Undecided-JP-1からは黒色の装備で武装した人型の対象(SCP-Undecided-JP-2)が出現します。

出現したSCP-Undecided-JP-2は必ず1個分隊以上の人数で行動し、エリア内の保管セクターを目指します。保管セクターに到達したSCP-Undecided-JP-2はセクター内のSCPオブジェクトを回収し、SCP-Undecided-JP-1に戻ります。この一連の事象をSCP-Undecided-JPイベントと呼称します。SCP-Undecided-JPイベントの過程で財団職員を発見すると、SCP-Undecided-JP-2は職員を拉致します。これは、財団の警備状況やエリア-193についての情報を得るためと考えられます。

時折、SCP-Undecided-JP-2は停止して動かなくなる、踊ったりジェスチャーを出す、スクワットのような動きをするなどの、意図不明な挙動を見せます。

SCP-Undecided-JP-2は必ず、黒色の防具と思しき装備、銃器、無線を装備しています。個体によっては火砲、車両、爆薬、工具、無人偵察機と思しき飛翔体を装備している事もあります。

SCP-Undecided-JP-2は高い運動能力、格闘能力を持ち、しばしば訓練された財団職員を圧倒します。SCP-Undecided-JP-2は物理的な攻撃で終了可能ですが、装備している防具は一般的な防弾ベストよりも高い防護能力を持っているようです。

捕獲されたSCP-Undecided-JP-2は、他の個体が全て終了、捕獲、またはSCP-Undecided-JP-1を通過して消失すると、消滅します。

SCP-Undecided-JP-2の全個体が終了、捕獲、消滅、またはSCP-Undecided-JP-1を通過すると、SCP-Undecided-JPイベント中に負傷、または殺害された財団職員は快癒、蘇生します。死亡時に砲撃で身体が著しく損傷した場合、死因が味方の誤射だった場合などでも、この効果に変化はありません。

頻繁に確認されるSCP-Undecided-JP-2

ドッグタグの表記 主に使用する武器 独特の挙動 戦闘における技能
sis_1 スナイパーライフル しばしばsis2と共に行動している。主にSCP-Undecided-JP-2の分隊指揮官のような役割を果たしていると考えられる。
sis_2 散弾銃 しばしばsis1と共に行動している。SCP-Undecided-JP-2の分隊の前衛を担っていると考えられる。
0213 突撃銃 稀に、sis1やsis2と共に行動している。衛生兵のような役割を果たしていると考えられる。
water_melon バール様の近接武器 遊撃手の役割を果たしていると考えられる。

補遺-Undecided-JP-1: SCP-Undecided-JPは2███年にエリア-203内で初めて発生しました。複数名の保安スタッフが制圧、拉致され、SCP-████、SCP-████、SCP-████が紛失しました。SCP-Undecided-JP-2の全個体がSCP-Undecided-JP-1を通過して消失した後、負傷、死亡していた財団職員は全員快癒、蘇生しました。

その後SCP-Undecided-JP-1に対して行った実験により、SCP-Undecided-JP-1より大きな物体を押し付けることで、SCP-Undecided-JP-1を移動させられる事が判明し、SCP-Undecided-JP-1はエリア-203内の収容ユニットに収容されました。

観測機器やDクラス職員を送り込んでSCP-Undecided-JP-1の内部を調査する試みは全て、機器・職員の消失に終わりました。

EuclidクラスがSCP-Undecided-JPに割り当てられました。

以下はその後の特筆すべきSCP-Undecided-JPイベントの記録です。

前イベントとの警備体制の差異 SCP-Undecided-JP-2側の兵力 財団側兵力 SCP-Undecided-JPイベントの推移 財団の損害 備考
SCP-Undecided-JP-1を収容ユニット内に収容 1個小隊規模のSCP-Undecided-JP-2・偵察ヘリコプター1機・迫撃砲数門 エリア-203保安部門 SCP-Undecided-JP-2が爆発物でユニットを破壊した。保安スタッフがSCP-Undecided-JP-2の半数を終了したが、職員█名が拉致された。20分後、SCP-Undecided-JP-2が再び現れ、異常物品保管庫への移動を始めた。 拉致:█名・紛失:オブジェクト2個・死傷者██名(全員快癒)
エリア-203のオブジェクトを他のエリアに移送し、保管エリア-203を臨時武装エリア-203に改組 同上 保管エリア-8193保安部門 SCP-Undecided-JP-1が消失し、エリア-8193に再出現した事で封じ込めは失敗した 拉致:█名・紛失:オブジェクト3個・死傷者██名(全員快癒) あくまで目的はオブジェクトということか。
保管エリア-8193を、財団本部直轄の臨時武装保管エリア-193に改組。オブジェクトは移送せず、保安部隊を拡充。 2個中隊規模のSCP-Undecided-JP-2と黒色の戦車 臨時武装保管エリア-193保安部門(1個大隊規模) 保安スタッフが拉致され、エリアの防衛設備に関する情報が漏洩した。その後、SCP-Undecided-JP-2が保管庫へ移動を開始し、保管庫まで1kmの位置まで進攻した。機動部隊が投入され、SCP-Undecided-JP-2は終了、または捕獲された。この後、捕獲したSCP-Undecided-JP-2が消失し、代わりに紙片が発見された。 拉致:職員3名・死傷者██名(全員快癒) SCP-Undecided-JPにKeterクラスが割り当てられた。回収された紙片については補遺-Undecided-JP-2参照。
エリア-193の保安部隊を拡充 三個大隊規模のSCP-Undecided-JP-2と、黒色の戦車、自走砲、装甲車、ヘリコプター 臨時武装保管エリア-193保安部門(1個連隊規模) SCP-Undecided-JP-2は保安スタッフを拉致した。その後、ヘリコプターに搭乗したSCP-Undecided-JP-2と、地上の車両群が保管庫への移動を開始し、保管庫まで100mの位置まで進攻した。財団の機動部隊と在日米軍が投入され、SCP-Undecided-JP-2は終了または捕獲された。この後、捕獲したSCP-Undecided-JP-2が消失し、SCP-Undecided-JP-1から拉致された財団職員とSCP-████が出現した。 拉致:職員██名・死傷者███名(全員快癒)

補遺-Undecided-JP-2: 回収された紙片

財団の皆、初のイベントクリアおめでとう!ご褒美にスタッフとSCP-████、SCP-████は返してあげるよ。これからもイベントは続くから、頑張ってね! -███

この紙片の通り、SCP-Undecided-JP-1から、拉致されていた全ての財団職員とSCP-████、SCP-████が出現しました。拉致されていた職員は、SCP-Undecided-JP-2に拉致された後、拷問によってエリアの警備状況についての情報を自白させられたことを報告しました。

補遺-Undecided-JP-3: 阿川博士の仮説に基づき、エリア-193の保安部隊は中隊規模に縮小され、機動部隊が付近の施設に配備されました。二ヶ月後、SCP-Undecided-JP-1が若干膨張し、一個中隊規模のSCP-Undecided-JP-2が出現しました。全てのSCP-Undecided-JP-2を終了、捕獲しました。

この後、エリア-193の地理に鑑み、設置する地雷などの兵器、配置する部隊の規模などが決定され、保安スタッフが拉致される可能性に鑑み、現在の特別収容プロトコルが策定されました。

Euclidクラスの割り当てを検討中です。

補遺-Undecided-JP-4: SCP-Undecided-JPに対する実験について

エリア-193司令部からの通達
SCP-Undecided-JPイベントの特殊性を踏まえ、倫理委員会許可の下、SCP-Undecided-JPに対する実験案を募集する。但し、イベント中の人員損失は回復されるが、施設への損傷は回復されないため、施設に損害を与えうる実験は禁止する。-エリア管理官ジョン・サトウ

実験記録

実験申請内容 申請者 実験の是非 結果 備考
試作装備品の実地試験 81管区研究開発部門 承認 下の実験と同時に実施。機動部隊員に試作品を貸与。得られたフィードバックに関しては別紙参照。 いやー、良いデータが取れましたよ。-研究開発部門
対人戦闘訓練 機動部隊█ー█ 承認 Dクラス職員と保安部門職員を機動部隊員と交代させて実施。演習終了報告書参照。
対強化尋問訓練 同上 倫理委員会と協議の上、条件付きで許可。参加者は2名に限定 [削除済] 以後、同様の実験は禁止とする。
新型毒ガスの実地試験 本部研究開発部門 承認 ガスをSCP-Undecided-JP-2とDクラス職員に対して使用。SCP-Undecided-JP-2にはある程度の効果が見られ、Dクラス職員は即死した。 二度とこんな実験やらないで下さい。イベント終了後にもガスが残留して、█時間も除染に掛けたんです。-エリア-193保安部門・施設部門施設管理課
SCP-106をSCP-Undecided-JP-2に回収させる。 ██研究員 却下 「返品」後のことも考えて下さい。阿鼻叫喚になるでしょうが。-阿川博士
新型核弾頭の実地試験 本部研究開発部門 却下 但し書きを読め、この[罵倒]!-エリア-193施設部門施設管理課
SCP-Undecided-JPイベント中にSCP-Undecided-JP-1に突入する。 ██研究員 保留 必要がなくなったため実施せず。 別任務を実施中の機動部隊もー9(モータルオフィサー)に打診予定

補遺-Undecided-JP-5: インシデント-Undecided-JP-2█の後に回収された紙片

財団の皆、イベント1-20クリアおめでとう!楽しんでるみたいだね。レベル2始まるよ。頑張ってね! -███

この紙片が回収された一週間後、サイト-8181、サイト-8141、サイト-15、サイト-19、サイト-64にSCP-Undecided-JP-1が出現、その後SCP-Undecided-JP-2の侵攻が複数回発生し、SCP-███-JPをはじめ、██点のオブジェクトが奪取されました。現在に至るまで奪取されたオブジェクトの奪還には成功していません。

SCP-Undecided-JPに対する実験を無期限で中止します。-エリア管理官ジョン・サトウ

その後SCP-Undecided-JPイベントは発生していません。

補遺-Undecided-JP-6: 「神の審判軍」とカオス・インサージェンシー(以下、CI)の内紛に対する介入の過程で、CIのベースを制圧することに成功しました。ベースには用途不明の大型機器の他、財団からSCP-Undecided-JP-2によって奪取されたオブジェクトが回収されました。
以下は、CI構成員に対する強化尋問の記録です。

回答者: ジョン・アッカートマン
質問者: ██尋問官

前書: 制圧したCIベースで確保された捕虜が、SCP-Undecided-JPに関する情報を持っていると判明したため、強化尋問を実施。

<記録開始>

██尋問官(以下、尋問官): はじめましょう。まずはこの映像を見てください。(回答者ジョン・アッカートマンにSCP-Undecided-JPイベントの映像を見せる。)あなたに質問するのは、このSCP-Undecided-JPイベントについてです。

ジョン・アッカートマン(以下、JA): 何だ、楽しそうな映画だったな。あんたら、シネマのフロントでも作るのか?

尋問官: (JAの腕を掴んで[削除済])さて、あなたに尋ねるのは、このSCP-Undecided-JPイベントについてです。

JA: (沈黙を保つ。)

尋問官: この、オブジェクトを奪取している黒い人影は、貴方達カオスのメンバーですか?

JA: クソが。

尋問官: (嘆息してJAに[削除済])このSCP-Undecided-JP-2は、貴方達カオスのメンバーですか?

JA: (沈黙を保つ。)

尋問官: (JAに対して再び[削除済]。その後[削除済]。[削除済]。)SCP-Undecided-JP-2は、カオスの工作員ですね?

JA:…違う。

尋問官: ([削除済]に手を伸ばす。)

JA: おい、やめろ!説明するから、一旦それを降ろせ。

尋問官: 納得のいく答えをしてくだされば、使うことはありません。お言葉通り、説明をどうぞ。

JA: はあ…、とりあえず、こっちに向けるのはやめてくれ。…この黒いのは、俺達じゃない。というか、人間ですらない。あんたらなら気付いていてもおかしくない筈だが…。

尋問官: では、貴方達が作ったオブジェクトですか?

JA: 俺たちが…、ああ、そうだな。

尋問官: 貴方達カオスのメンバーが作ったんですね?作ったのは、誰ですか?

JA: 負号の連中と、ちょっと前に入った五行の連中の合作だ。俺は製作に加わってないから、名前は知らんぞ。

尋問官: 負号部隊と五行結社ですか。

JA: ああ、式神の技術と、不死身の兵隊の技術の合わせ技らしい。細かいことは俺に聞くなよ。

尋問官: 結構です。では、こちらの機械は?(ベースから押収した大型機器の写真を示す。)

JA: サーバーだ。

尋問官: サーバー?何のですか?

JA: サーバーはサーバーだ。あれでゲームを管理してる。

尋問官: ええと、ゲームのサーバーですか?

JA:そうだ。巫山戯たことに、俺達は上に、ゲームの配信をやらされてたんだよ。

尋問官: つまり、ゲームでサイトを襲っていたんですか?

JA: そうだ。少なくとも、あの黒いのを動かしてる奴等はな。

尋問官: というと、SCP-Undecided-JP-2は、自律行動しているのではなく、操作されているんですね?操作しているのは、CIの構成員ですね。

JA: 違う。さっき言っただろ。俺達は配信してるだけだ。動かしてるのは、何も知らないプレイヤーだ。

尋問官: 何も知らない?一般人を巻き込んだのですか?

JA: まあな。新種のゲームのテストだって言って、時間当たりいくらでやらせてた。ついでに、アノマリーを回収できたら、ボーナスもつけた。

尋問官: 分かりませんね。わざわざそんな回りくどいことをせずとも、貴方達が自分で攻めてくればいい。

JA: 時代はアウトソーシングだ。戦争だって例外じゃない。財団は遅れているな。

尋問官: (無言で[削除済]を手に取る。)

JA: ま、待て!半分は本当なんだ。ちょっとしたジョークなんだ!

尋問官: では、冗談抜きでもう一度。

JA: 審判軍との内紛で戦闘職の人手が足りないんだ。だから、わざわざこんなゲームを運営するはめになった。

尋問官: では、こうやってたまに棒立ちしているのは…。

JA: 回線切れだ。たまにこういうバグやラグが出るせいで、FREの連中を切れなくなった。

尋問官: FRE、ですか?何かの略称ですか?

JA: Fictional Reality Entertainmentだったか?

尋問官: 貴方達が製作した訳ではないのですか?

JA: 自前なのは負号と五行の連中の作ったアバターだけだ。ソフトとハードはFREとトーへー・インダストリに外注した。

尋問官: 東弊重工ですね。…しかし、他の団体に外注してまで、なぜゲームなんて回りくどいシステムにする必要があったのですか?

JA: 上の考えなんざ知るか。ただFREには前々から、こういうリアルでアバターを動かすゲームの企画はあったらしい。それと、戦闘員不足の状態でも作戦を実施したい上の意向が噛み合ったわけだ。というか、戦闘員不足を、財団から奪ったアノマリーで補うつもりだったんだろうな。

尋問官: ですが、アノマリーは返却されますよね?

JA: FREのせいだ。あいつらがゲーム性にこだわったせいで、財団にも通知を送ったり、アノマリーを返したりすることになった。

尋問官: それでは意味が無いのでは?

JA: そうだ。だから頃合いを見て、FREを切ってゲームは終わりにすることにした。財団の他のサイトにも襲撃をかけて、アノマリーを根こそぎ奪って、用済みになったFREを追い出した。

尋問官: FREは納得したのですか?

JA: まさか。だが、トーへーは文句を言わなかったし、ちょいと脅したら大人しくベースから帰って行ったよ。

尋問官: 東弊重工の目的は何だったのですか?

JA: 目的も何も、あいつらは機械とプログラムを提供しただけだ。まあ、FREと違って金を出せば文句は言わない、プログラムも実戦投入された兵器の転用だからちゃんと動く、とまともな連中だったな。。

尋問官: 実戦投入された兵器?東弊が兵器を製造しているのですか?

JA: 製造してるのかって、お前らが注文したんだろ?対サーカイト用に。黒いアバターをゲーマーがコントローラーで操作できるのは、あれのプログラムのおかげだ。

尋問官: なるほど…。インタビューを終了します。
<記録終了>

後書: 我の強い他の団体と共同で作戦を実施させられた腹いせからか、このCI構成員は尋問に協力的な姿勢を示すようになった。今後もCIに関して尋問する予定。

東弊重工がTH-G関連商品の販売を拡大している可能性が判明した。警戒が必要である。

この尋問を踏まえ、SCP-Undecided-JPは無力化したと考えられたため、Neutralizedクラスが割り当てられました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The G and B Channel's portal does not exist.


エラー: G and B Channelのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6166848 ( 01 Mar 2020 01:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License