闇寿司ファイルNo.XXX "空手"

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png

概論

空手とは打撃技を主体とする格闘技である。起源は琉球王国とされており、現在の空手には中国拳法や日本武術が取り入れられている。

何故空手が必要か理由を説明しよう。昨今の闇寿司界隈では勝負の際に対戦相手を直接狙う戦法が急増している。使う寿司は一つと見せかけて相手がその寿司に気を取られている間に懐から第二の寿司を取り出し直接相手を狙うというものだ。現在では同時に八個の寿司を扱うブレーダーまで出てきている。これに対抗するにはこちらも相手と同じ数の寿司を使うか、圧倒的な力でねじ伏せる必要がある。しかしながら、同時に複数の寿司を扱うのは非常に難しく習得には長い時間と訓練が必要となる上に複数の寿司を使っても混乱しない頭の良さが重要である。しかし寿司の扱いに気を使いすぎると今度は威力や回転がおろそかになり力負けしてしまう。そこで私が目を付けたのが空手だ。空手を使うことにより寿司だけではなく自分自身も戦闘に加わることが出来、さらには受けの技術を使い相手の寿司を捌くことが可能である。

数ある格闘技の中でなぜ空手なのかを説明しよう。空手はおよそ150 年前が起源であり、あまり歴史が無いと思われるかもしれないが空手には中国拳法が取り入れられている。要するに中国4000 年の歴史と空手の150 年を足して4150 年の歴史がある言っても過言ではない。また、空手には他の格闘技に比べ防御を目的とした技、つまりは受けの技術が豊富である。
空手には回し受けという技術が存在しており、これは相手の攻撃を回すように分散させて無力化させる技で達人ともなればあらゆる攻撃を無力化することが可能である。

スシブレード運用

攻撃力

防御力

機動力

持久力

筋肉痛

修得しやすさ

空手はありとあらゆるスシブレーダーに対応している。回し受け等の防御もさることながら正拳突き等の攻撃の威力は非常に凄まじい。相手が雑魚であれば寿司を出すまでなく勝負がつくほどのポテンシャルを持っている。しかし、習得に長い時間がかかることと訓練がきついのは弱みと言えるだろう。

寿司同士の戦いに相手が気を取られているうちに間合いを詰め、正拳突き等で相手をぶちのめすのが基本的な動きとなる。もし相手が標的を寿司ではなくこちらに向けてきたとしても回し受け等を使い防御が可能であり、その場合はフリーとなったこちらの寿司で直接相手を狙えば良い。

他の活用法

訓練で瓦や板を割ってストレスを発散させることが可能である。実際には切れ目が入っており簡単に割れるようになっているのだが、それでも爽快感があり楽しかった。しかし何故瓦や木を………?

エピソード

関連資料
グラップラー刃牙
入門書 初級編

文責:

ERROR

The kimyon's portal does not exist.


エラー: kimyonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6153823 ( 26 Apr 2020 15:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License