SCP-XXXX-JP - 虚ろ(仮)

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x
アイテム番号: SCP-XXXX-JP LEVEL 2
オブジェクトクラス: Ticonderoga Restricted

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはその特性上、一般人に気付かれることはありません。また、危険性が無い為効率の良い収容方法が見つかるまで収容は行われません。

説明: SCP-XXXX-JPは財団が開発したクラスN認知強化剤を服用した場合のみ観測することが出来る霊的実体です。SCP-XXXX-JPは限りなく透明に近い白色をしており、概ね人間の形をしていますが体毛や目などの器官が存在せず、マネキンによく似た外見をしています。SCP-XXXX-JPは如何なる計器にも反応しない為、クラスN認知強化剤を服用する以外の方法で発見する方法はありません。また、こちらからのリアクションに反応せず、意識があるかは不明です。SCP-XXXX-JPはごく稀に徒歩や這いつくばる形で移動しますが、基本的にその場から動きません。SCP-XXXX-JPはおよそ██億体存在しています。

補遺: 都市部のSCP-XXXX-JP群を観察していた際、交通事故が発生し被害は怪我人8名、死者3名に及びました。その際SCP-XXXX-JP群が一斉に死亡した人間に近寄っていくことが確認され、その後の実験によってSCP-XXXX-JPは死に瀕している人間に近づくことが確認されました。しかし、対象が死亡した場合SCP-XXXX-JPは通常通りの行動に戻り、死に瀕している人間から半径100m程度のSCP-XXXX-JPしか反応しないことから、この方法を用いての収容はSCP-XXXX-JPの個体数を踏まえ採用されていません。

書くこと くねくね見たいな外見 人が死ぬ時だけ近寄ってくる(死ぬとはなれる) 数が数億以上 建物通り抜けられない 大きさバラバラ 性別分かんない それぞれ行動に差はあるが意識があるように見えない

ERROR

The kimyon's portal does not exist.


エラー: kimyonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6153823 ( 26 Apr 2020 15:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License