CRC-601--67fb

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png

領域番号: UE-XXXXXXX-JP
概要: 地図や航空写真などあらゆるデータとしての記録が不可能な橋。撮影した映像も消失してしまう。
収容日時: 2019/██/██
場所: 日本国 熊本県 ██郡
保安プロトコル: カバーストーリー「老朽化」を適用、近辺をバリケードで封鎖し監視を継続中。


新たな情報により、この記録文書は更新されました。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: 当該オブジェクトは移動不可能な吊り橋であるため、周囲を河川に沿ってバリケードで封鎖してください。吊り橋に接近した現地住民などの非認可人物には、老朽化の為工事中であると説明されます。映像として記録できない反ミーム性を持ちますが、ライブ映像をディスプレイ越しにもう1つのカメラで撮ることでSCP-XXXX-JP-1を監視、映像の記録が可能です。
異常性の調査の為エージェント・盤州はサイト-██にて拘束され、帰宅や外出を禁じられます。ですが、本人の希望による食事やカウンセリングなどは可能な限り承認されます。
5度目以降の事象-XXXX-JPの発生を抑止する為、英智研究員の延命治療を継続してください。またエージェント・盤州の英智研究員との面会の要求は承認されます。
英智研究員の延命措置は不要となりました。

2020/05/10:SCP-XXXX-JPの異常性の緩和が認められ、未解明領域への再分類が決定しました。この特別収容プロトコルはいずれ緩和される方針です。

説明: SCP-XXXX-JPは熊本県██村に存在するとされる吊り橋と、それに関連して発生する異常現象の総称です。

SCP-XXXX-JP-1は西側の入口に"まんげつばし"と掘られている██川の上に架る吊り橋です。このオブジェクトは以前、"徒歩など直接訪れることで存在を確認できるが、地図や写真で記録できない"という異常性を持つ未解明領域UE-XXXXXXX-JPとして財団の管理下にありました。当該オブジェクトはエージェント・盤州によって発見され報告や調査が本人と英智研究員によってなされました。記録されてから、近隣住民やその他生物が内部に侵入した痕跡はありません。

2019/11/12 0:00丁度、初めての事象XXXX-JPが発生しました。SCP-XXXX-JP-1に、封鎖されている吊り橋の内部に侵入する手段が無いにも関わらず2人の成人男性(以下、SCP-XXXX-JP-2、SCP-XXXX-JP-3と呼称)が出現します。
その後、SCP-XXXX-JP-2は抵抗しているように見えるSCP-XXXX-JP-3の腕を掴んで吊り橋の中心部まで引きずり、SCP-XXXX-JP-3を持ち上げて河原に向かって落下させます。SCP-XXXX-JP-2はその後消失しますが、SCP-XXXX-JP-3は落下した河原で少しの間叫んだり、吊り橋の一部を掴んで登ろうとする素振りを見せます。
SCP-XXXX-JP-3が落下して間もなく、シオマネキ(Uca arcuata)と同じ外見的特徴をもつ実体の群れSCP-XXXX-JP-4が出現しSCP-XXXX-JP-3の摂食を始めます。SCP-XXXX-JP-4の持つ異常性として、SCP-XXXX-JP-1近辺はおおよそ一般的なシオマネキが生息する環境でないことと、強い肉食性であることが確認されています。SCP-XXXX-JP-4群に捕食されたSCP-XXXX-JP-3はすぐに意識を失い、血液などの体液を一切排出せず完全に消失します。

後に類似の事象が更に3度発生しています。調査の結果、SCP-XXXX-JP-2は身体的特徴からSCP財団サイト-██に勤務するエージェント・盤州であり、SCP-XXXX-JP-3はエージェント・盤州との血縁関係や交流を持つ人物4人であることが判明しました。
エージェント・盤州の執務室に取り付けられていた監視映像には、イベント発生時に部屋で眠っていたエージェント・盤州の体が消失しているのが確認されており、時間ちょうどにSCP-XXXX-JP-1のもとに転移していると考えられます。

添付データ-XXXX-JP: イベント発生時におけるSCP-XXXX-JP-3の人物とエージェント・盤州との関係
識別番号 発生日時 名前 性別 エージェント・盤州との関係 現在の状況
1 2019/11/12 0:00 盤州 淳之介 父親 死亡
2 2019/12/12 0:00 野上 光 友人。かつての交際相手 死亡
3 2020/1/11 0:00 手嶋 菜奈 母親 死亡
41 2020/2/9 0:00 英智 藍樹 友人。英智氏は財団で働く研究員 意識不明 財団のサイト-██にて延命治療中

過去4度に渡る事象-XXXX-JPの発生日時から、このイベントは毎月10日前後の満月の日に起こると考えられ、最後のイベント発生から1ヶ月後の2020/3/10を含む1ヶ月の間、SCP-XXXX-JP-1周辺とエージェント・盤州の監視・警備を徹底しました。ですが、5度目のイベントは発生せずエージェント・盤州の体が転移する現象も確認されませんでした。これに即し、4人目のSCP-XXXX-JP-3である英智研究員が死亡していないことから5度目以降のイベントが発生しないと仮説が提唱されています。現在、英智研究員の延命治療を継続することにより、事象-XXXX-JPの発生の抑止を成功させています。


ERROR

The CRC-601's portal does not exist.


エラー: CRC-601のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6151471 ( 13 Mar 2020 05:40 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License