SCP-XXXX-JP 魔女の隠れ家
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはその性質により、周辺施設と同時に収容されます。付近にはスクラントン現実錨を設置し、平均ヒューム値を0.97Hm以上に保持して下さい。

説明: SCP-XXXX-JPは神奈川県██市のマンションの一室で発生した極度に低下したヒューム値を内包する時空間です。SCP-XXXX-JPは内部に広大な空間を保有しており、(SCP-XXXX-JP-aと定義)、ドアを開け中に入ることで接続が可能です。SCP-XXXX-JP-a内部は様々な空間に接続していますが、内部にはいくつかの敵対的または友好的な生物実体(SCP-XXXX-JP-bと定義)が存在しています。

・地面から指が生え、対象者の進行を阻害する草原

・雨が降り続ける広大な空間。なお対象者は1㎡の空間でしか動く事が出来ない。

・地面が大量の眼球で構成されている空間。眼球は常に対象者を見ている。

・1㎥の空間。内部には血液が半分ほど満たされている。定期的に外部から強い衝撃が与えられる。

・学校の屋上と見られるモノクロの空間。周囲からは拍手が聞こえる。対象者は強い希死念慮を抱き、自殺を試みる。

・一軒家のみが存在している空間。外気温は8℃であり、対象者は認識災害により例外なく戸を叩き、中に入ろうとする。

・稼働中の電車。車窓からは夕日といくつかの未知の植物の自生する砂漠のみが観測出来る。

・定期的に不明瞭な罵声とおぼしき声が聞こえる不規則に存在する街灯以外の物品が存在しない空間。一部箇所に血溜まりが生成されている。

・異常性の無い部屋。調査の結果、SCP-XXXX-JP発生前の部屋だと確認された。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The reap900's portal does not exist.


エラー: reap900のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6144139 ( 22 Feb 2020 11:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License