SCP-XXXX-JP 死魂を束ねし妖刀村正
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

説明: SCP-XXXX-JPは全長110cmの日本刀です。SCP-XXXX-JPは破壊耐性を持ち、生物を切った場合に異常性を発現し、傷の大小に関係なく切った対象を即座に脳死状態へと変化させます。現在まで脳死状態から回復した人物は存在していません。また、SCP-XXXX-JPの柄を握った場合にも同様の異常性が発現し、その場で硬直しますが、外的要因により手からSCP-XXXX-JPが離れた場合は即座に回復します。

補遺:
20██/██/██日、突然実験により脳死状態であったD-35478が回復しました。以下は当時のインタビュー記録です。

対象: D-35478

インタビュアー: 檜研究員


<録音開始, >

檜研究員: SCP-XXXX-JPに触れた瞬間、貴方はどうなりましたか?

D-35478: どうなった…うーん、精神世界に飛ばされた…みたいな感じなんだろうな。薄暗くて山程人が居て、円卓、っていえば判るか?あんな感じででかい楕円のテーブルに椅子が並んでて、端が見えないほど遠くまで続いてた。人も座ってたな。

檜研究員:なるほど、そこにいた人物についてわかることはありますか?

D-35478:十人十色って感じだった。日本人、外国人、サラリーマン、ヤクザみたいなの…侍の格好してるやつもいたな。

檜研究員:そこでは何かしら行われていたのですか?

D-35478:ああ。多分会議だろうな…ぼやっとしか覚えてねぇがおそらくそうだ。なんか最後に投票させられたし。よく見えねぇから一番多いのに投票したけどな。

檜研究員:会議…議題等はわかりますか?

D-35478:議題はわかんねぇ。でも多分俺に関することだ。数回俺に視線が集中した。なんか白熱してたな。

檜研究員:なるほど…覚えている発言等かあれば教えて下さい。

D-35478:悪いね、何言ってたかは覚えてねぇ。何故か体も動かせなくてよ。ただ黙って見てるしかなかったんだ。

檜研究員:なるほど。ありがとうございました。

<録音終了, >

終了報告書: 現在まで、他の回復者は発生していません。

補遺2:
インタビュー後、D-35478の身体状況の検査を行った結果、録音機に不明な日時の記録が発見されました。

D-35478の録音機の音声記録

<録音開始, >

付記:声をそれぞれSCP-XXXX-JP-a~zとして記録している。

SCP-XXXX-JP-a: ご苦労。また一人、この刀のサビとなった人間が増えたわけだな。これでもう…いや、数を数えるのはよそうか。

SCP-XXXX-JP-b: 無駄な口上は不要です。会議を始めましょう。

SCP-XXXX-JP-cそうですね。早くしましょう。

SCP-XXXX-JP-a: 喧しい。全ては村正である私自身が決めることだ。切られた魂である貴様らが口答えするな。

SCP-XXXX-JP-b:すみません。その考えは古いと思います。ここは合議制の場です。

SCP-XXXX-JP-cなんでもいいから早く始めましょうよ。憑依したこいつをどう動かすかでしょう?

SCP-XXXX-JP-a:ああ。そうだ。まず私の意見だが、やはり、一度周囲の人間を確認し、一度安全な場所に逃げよう。その後しっかりとした作戦を考えるべきだ。

SCP-XXXX-JP-d:具体的にはどのように?

SCP-XXXX-JP-b:まず周囲の確認です。次に対象が入れば最悪殺害も視野に入るでしょう、その後、もし施設内ならば脱出経路の確認でしょう。

SCP-XXXX-JP-e:私もこの意見かな。別案とかはどう?

SCP-XXXX-JP-a:増援を呼ばれては面倒だ。殺すのは避けたい。

SCP-XXXX-JP-b:すみません。逃げてしまうとさらに増援を呼ばれやすいと思います。そうなっては益々不利と考えます。

SCP-XXXX-JP-e:なるほどね。ほいじゃ他に意見のある人は?

SCP-XXXX-JP-d:具体的によりプロットを固めて行く必要があると考えます。個人的な意見になりますがやはり状況の突破を考えるのならば多少の応戦は覚悟すべきかと。

SCP-XXXX-JP-a:…貴様ら。私がなぜこれ以上被害を出したくないかが判っていないのか?

SCP-XXXX-JP-b:説明をお願いします。

SCP-XXXX-JP-a:まとまらないんだよ!人切るたびに席も増え続けるし!はるか昔江戸で作られて!今この中何人いると思っている!?1628人だぞ?しかも全行動合議制なんだ!あのクソ刀鍛冶の野郎のせいでさぁ!!ここ最終結論会議だぞ?それでもなお人員は20人を超えている!統率が取れない!!

[犬の鳴き声]

SCP-XXXX-JP-a:そもそもなんで犬がいるんだ!?なんで切った奴全員刀に入るんだ!?前に魚も居ただろう!?誰だ料理人にこれを持たそうと考えた奴は!?

SCP-XXXX-JP-b:ですがこの犬のお陰で会議が険悪にならないという側面もあると思います。

[犬の鳴き声]

SCP-XXXX-JP-a:それはそうかも知れないが!!決議しないと進まない!!発言する分には良い!だが!船頭多くして船山に登ると言う諺があるだろう!!本来吾の力はもっと強大なのだ!!だが可決しないとろくに乗っ取った体も動かせぬ!!

SCP-XXXX-JP-cだからちゃっちゃと決議しようという事では?

SCP-XXXX-JP-d:しかし具体的な案なく可決してしまっては状況は好転しません。

SCP-XXXX-JP-c具体具体うっさいんだよ!!そこまで言うなら早く案出せよ!!

SCP-XXXX-JP-b:ここは決議を行う場所です。争うところではありません。

[犬の鳴き声]

SCP-XXXX-JP-a:あーもう!!処理出来ねぇよこんなのよぉ!!!毎回こうだし!!誰だよ「切った奴全員刀に入れちゃえば自分らで考えて最高の結論で闘う剣士できるじゃん」とか考えた奴は!!

SCP-XXXX-JP-f:落ち着いて下さいよ…この後どう動くかでしょう…?

SCP-XXXX-JP-g:もうフルオートにして殺戮で良くないすか?

SCP-XXXX-JP-a:話聞いてたか?と言うか一時期そうしてた結果だよこれが!! 

SCP-XXXX-JP-b:なるほど。要点を纏めましょう。出来るだけ殺したくない、と殺さざるを得ない、とフルオートで殺戮を試みよう。ですね。投票で決定しましょうか。ではまず、できるだけ殺したくない。

[犬の鳴き声]
<録音終了, [必要に応じてここに日(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

ERROR

The reap900's portal does not exist.


エラー: reap900のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6144139 ( 22 Feb 2020 11:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License