記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


会社、と言うものは、数多の仕事で形成されているものだ。だがその仕事には訳のわからないものも存在していることが多い。
「なんで豚なんだよ」
理官。響きだけなら違和感ないだが実際は只の養豚だ。大変なことには大変だが、なぜこの財団内で豚を育てているのだろうか、そしてなぜ仕事の詳細が知らされないまま豚を育てられているのだろうか。

「はい畔木管理官、本日必要頭数32頭回収しました」
「了解しました。」
エージェント・境野。仕事以外で関わることがないがおそらく気は合わないだろう。
「ありがとうございました」
なんの意味があるのかもわからないありがとうを発し再び仕事に戻る。昔は自分の仕事に何か大きな裏があるような気がして、手を打たれない程度に探りを入れてみたこともあったが、年月に心と力は削り取られ風化していっていた。何処にもも濁りのない瞳で一生を生きる豚に対しての感情も

「あ、畔木さんお久しぶりです~」
「ああ久しぶり。元気でした?」
Dクラス職員にまともなやつはほぼ居ない。会話が通じるやつはなおさらだ。だけれども偶然気が合うということはあるもので、D-81252(本人が天月と呼んでほしいと行っていたため

ERROR

The reap900's portal does not exist.


エラー: reap900のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6144139 ( 22 Feb 2020 11:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License