SCP-XXX-JP R.I.P.証明完了

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-xxx-jpは、実験の申請がない限り施錠されたサイト██のルーム██に保管されます。実験が行われる場合バッテリー室に移動させ行います。

説明: SCP-XXX-jpは、2m×2mほどの大きさの、コンセントと人が入れる大きさのドアとA4の大きさの用紙が入る穴が付いている金属の立方体です。検査を行った結果、内部には多くの計算機械が入っているということが判っています。SCP-XXX-jpの内部に人が入り、コンセントが接続された状態で計算式が書かれたA4の紙を内部に挿入することで異常性が発現します。その場合内部の人間が死亡し、用紙に書かれた計算式の答えが印刷された紙が穴から出力されます。この紙の排出は電力が強いほど短時間で出力されます。

補遣:
実験記録001 - 日付2020/07/25

対象:
D-45482、SCP-XXX-JP
実施方法:
SCP-XXX-JP内部にD-45482が入っている状態で1+1と書かれた紙を挿入しコンセントを接続する。
結果:
D-45482は死亡し、2と書かれた紙が出力された。

実験記録002 - 日付2020/07/26

対象:
D-66237、SCP-XXX-JP
実施方法:
SCP-XXX-JP内部にD-66237が入っている状態でロシア語の筆記体で書かれた答えが80になる文章題を書いた紙を挿入しコンセントを接続する。
結果:
D-66237は死亡し、80と書かれた紙が出力された。

実験記録003 - 日付2020/07/27

対象:
D-84572等、SCP-XXX-JP
実施方法:
SCP-XXX-JP内部にD-84572が入っている状態で、物語文と主人公の心情を考えるという問題が書かれた紙を挿入しコンセントを接続する。
結果:
D-86752は死亡し、主人公の心情を説明する回答がなされた紙が出力されたが、複数回の実験の結果、毎回違った答えが出力され、主人公の心情を的確に説明できていないものも存在した。
分析:

実験記録004 - 日付2020/07/28

対象:
D-10005、SCP-XXX-JP
実施方法:
SCP-XXX-JP内部にD-10008が入っている状態で、[世界の真実]と書かれた紙を挿入しコンセントを接続する。
結果: D-10005は死亡し、一枚の紙が出力された。その 紙を見たエージェントXXは発狂したため終了された。

補遣2:発狂した職員の脳内記憶を調査したところ数十年前のニュースや数千年前の人類についてなど現在の科学では解明できていない情報が発見された。またその時出力された紙にはミーム性が確認されたため保管中。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The reap900's portal does not exist.


エラー: reap900のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6144139 ( 22 Feb 2020 11:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License