SCP-XXX-JP 未来が沈んだ美しい海

このページの批評は終了しました。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの異常性が発現する範囲に偽装用の石油吸出し施設を建設し、周囲に民間人が立ち入るのを防いでください。また、月に一度SCP-XXX-JP-aにDクラス職員を派遣し探査を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは、日本海に存在する直径400mほどの範囲を持つ視覚的に判別が出来ない海面(SCP-XXX-JP-a)とそこから転移出来る未知の世界(SCP-XXX-JP-b)です。海面(以降SCP-XXX-JP-a)に接触した人物は、例外なく気絶し、現在の地球と同形状でありながら、現在の水位より███m上昇している別世界(以降SCP-XXX-JP-b)に転移します。
SCP-XXX-JP-bは、水位が上昇していることと、生物が一切存在しないことを除いて異常は無く、水質は良好です。SCP-XXX-JP-bの水温は現在の日本海より高く、とても透明度が高いです。

補遺1:
補遺2:


ERROR

The reap900's portal does not exist.


エラー: reap900のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6144139 ( 22 Feb 2020 11:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License