SCP-XXX-JP 失敗と成れの果て

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、一日一度栄養剤を投与しサイト-██の人形実態収容室で保管されます。またSCP-XXX-JPから発せられる音声はすべて録音し、モールス信号に変換して下さい。また、SCP-XXX-JPが血液を吐瀉した場合、Dクラス職員が清掃を行ってください。SCP-XXX-JPの暴走が発生した場合、収容室の入口を封鎖してSCP-XXX-JPが自然に沈静化するのを待って下さい。

説明: SCP-XXX-JPは、日創研によって実験を重ねられたとされる5才ほどの女児です。SCP-XXX-JPはある程度知能を有していますが、会話や筆談などを行うことはできません。過去に財団の機動部隊が特定された日創研のラボに突撃した際に、他多数の異常実体と共に発見されました。発見された当時、SCP-XXX-JPは「廃棄予定」とされた倉庫内に保管されていました。SCP-XXX-JPには、内臓が一部存在せず、腹部に縫合の痕があることから摘出されていると考えられています。SCP-XXX-JPの血液は、体内の免疫を活発化させ、感染症を防ぐのに高い効果を示しました。SCP-XXX-JPは一般的な5才の女児の血液量の40%ほどしか血液がありません。また心臓がが動いていないにも関わらず、血液の流れが止まることはありません。本来口がある部分は縫合され、片目と右手と左足は欠損し、頭蓋には半径1cmほどの空洞があります。ています。SCP-XXX-JPは、あらゆる薬剤に対して耐性を持ち、精神安定剤も効果を示しませんでした。SCP-XXX-JPは外界からの攻撃に対して非常に強い恐怖を持っていますが、外傷は非常に早い速度で治癒し、痕が残ることはありません。SCP-XXX-JPは、定期的に頭部の空洞から音声を発します。この音声はエージェント  の提案により録音されモールス信号に変換されます。

音声記録20██/██/██

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The redbluefumikiri's portal does not exist.


エラー: redbluefumikiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6144139 ( 22 Feb 2020 11:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License