SCP-XXX-JP はい、おしまい

このページの批評は終了しました。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの収容方法は発見されていません。

説明: SCP-XXX-JPは自分の死の0.0001秒前に訪れる心理的現象と考えられています。SCP-XXX-JPを起こす人間に規則性はなく、原因も不明です。SCP-XXX-JPは、██博士が死亡した後に財団の██████による脳のデータから明らかになりました。その他にもにた証言が多く発見されたことからSCP-XXX-JPはオブジェクトとして登録されました。SCP-XXX-JPを起こした人間(以降SCP-XXX-JP-a)は、広大な菜の花が咲く草原にたどり着きます。SCP-XXX-JPにはSCP-XXX-JP-a以外の動物が存在せず、一つ古い木製の小屋が観測されています。SCP-XXX-JPのなかで0.0001秒は10分であり、10分後SCP-XXX-JP-aは意識が現実世界に戻り多幸感と共に確実に死亡します。

補遺: SCP-XXX-JPにおいて、SCP-XXX-JP-aである██博士が小屋に座り、なにもない場所に数分間語りかける様子が観測されました。SCP-XXX-JP-aにしか見えない、恐らくSCP-XXX-JP-aと過去に関わりがある人物がSCP-XXX-JP-aには見えると推測されています。

死の先はまだ解明されていないが、これは恐らくそれに関わる現象なんだ。我々はいずれその先を見つけなければならないんだ。もしこれを収容できたなら、我々は死に勝つ日が来るかもしれないんだ-█████博士


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The reap900's portal does not exist.


エラー: reap900のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6144139 ( 22 Feb 2020 11:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License