くだ
評価: 0+x
blank.png

悪いな、こんな急に家泊まるとか言い出して。

そうそう、辞めたんだよ塾。いや別にそんな面倒とかそういう理由じゃ無くて。何て言うんだろ。何と言うか、あんまり気持ち良くないものを見たというか。


俺割と遅い時間に受講してて。終わればもう夜10時ぐらいの。まぁ何となくコンビニでおにぎりとか買って、もそもそ食べながら家に帰るみたいな感じだったの。

その日、帰り道の高架下に車が止まってたんだよ。黒い軽自動車みたいなのが。まぁ本当はあんまり良くないんだけど、車の中こっそり覗いたの。どんな人が乗ってるのかなくらいの気持ちで。

そしたらさ、なんだろ、カエルの卵とかわかる?池の底の方に沈んでる、卵がいっぱい入ったチューブみたいなの。あれをちょっと太くしたような肌色のチューブがシートにどさっと積まれてて。運転席に。それで動いてた。心臓みたいに定期的に、びくんびくんって。

いや見間違いじゃ無い。少なくとも生き物ではあった。喋ってたんだよ。いや喋ってたと言うよりは、鳴いてた、みたいな。車の中に意識を向けないと聞こえないぐらいの音で、なんか、ざわざわざわざわみたいに。


いや生き物だってホントに。だって俺踏んだから。


車の中のそれから逃げる時に、その管を、ぐにぃって。肉の繊維を噛みちぎったときみたいなぷちって音がして。そのまま家に走って帰って靴の踵を見たら、血みたいなのついてた。

でも、朝になったら血の跡も車も外には無くて。なんも。綺麗さっぱり。

あぁいや、これで辞めた訳じゃなくて。キモかったけど跡形もない以上気にしてもどうにもならないと思って、塾はまだ行ってた。

一週間後くらいだったかな。

車の窓が閉まってて。



中が一切見えないくらいに、その管が詰まって、どくどく動いてて。さっき、ざわざわって言ってたじゃん。多分聞き取れてなかっただけなんだよあの時。その日はドア越しでくぐもってたけど、はっきりと聞こえた。


















「ふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるなふんづけるな」

前の時は焦ってて気が付かず踏んだと思ってた。でも多分違う。床に管なんて落ちてなかった。でも感触はあるし、やっぱり靴は血で汚れてた。

そう。それが一昨日?でそのまま辞めて、今日お前の家に来た。え?いやぁ、ははは。

昨日の朝さ、マンションの前に警察止まってたんだよ。車囲んでさ。黒い、小さい車。




警察官の人曰く、中から何かが膨らんで破裂したみたいにぶっ壊れてたって。窓ガラスとかも割れてて。車の中のシートとかハンドルとか潰れてぐちゃぐちゃだったんだってさ。

そのまま部屋戻ろうか迷ってる時に上見たらさ、多分俺より先に踏んでたんだろうな、4階の一部屋からそのチューブみたいなのが垂れてて。いや、窓は見てない。そのまま俺スマホと財布取って逃げたから。

そのさ。






ごめんな?俺どうしても、一人で死にたくなくて。

付与予定タグ: ここに付与する予定のタグ


ERROR

The redbluefumikiri's portal does not exist.


エラー: redbluefumikiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6144139 ( 22 Feb 2020 11:18 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License