SCP-XXXX-JP-j 
評価: 0+x
blank.png

対象: [人間、団体、SCPオブジェクトなど]

インタビュアー: [インタビュアーの名前。必要に応じて█で隠しても良い]

付記: [インタビューに関して注意しておく点があれば]

<面接開始, >

エージェント溝野: 次の方、どうぞ。

誰かさん: (ドアを3回ノックする)はい。失礼します。

エージェント溝野: よろしくお願いします。それでは、ご自分の異常性、ストーリーについての説明をお願いしたします。

誰かさん: はい。身長2.5mのチワワです。知能が高くて、三角関数くらいまでなら問題なく行えます。後は目からビームが出せます。ストーリーは…特にありません。

エージェント溝野: うーん、なるほど。巨大なチワワというインパクトは問題ないと思いましたが、そのインパクトを越える情報がなく、尻切れトンボになっていると感じました。あと、目からビームが出る必要を感じませんでした。ともかく今の情報だけだとSCPというよりはanomalousアイテム止まりという印象です。
[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に

付与予定タグ: ここに付与する予定のタグ


ERROR

The redbluefumikiri's portal does not exist.


エラー: redbluefumikiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6144139 ( 22 Feb 2020 11:18 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License