SCP-XXXX-JP 蓋か嘘か
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト8264の低レベル異常オブジェクト保管ロッカーに保管されます。

説明: SCP-XXXX-JPは、神奈川県相模原市n区n中学校の34期生の卒業ファイル125点です。いずれかの内部を閲覧した場合、例外なく「3年2組の生徒が一人収録されていない」という認識災害を発現します。異常性の曝露者は収録されていない人物を「渡貫 玲奈」であると主張し、渡貫玲奈に関する情報を模索しようとします。

補遺:

インタビュー記録:SCP-XXXX-JP

対象: 霜原 緑(当時n中学の3年B組生徒)

インタビュアー: エージェント・松庭

付記: [インタビューに関して注意しておく点があれば]

<録音開始, >

松庭: 宜しくお願いします。早速ですが、「渡貫玲奈」という名前の人物について何か、知っている事はありますか。

霜原 緑:渡……貫……?あー…なるほど。一応覚えています。でもクラスにやっぱりそんな名前の人はいなかったですし、顔も知りません。あれですよね、なんか居るだの居ないだのの話になったあれ。なんか進展があったんですか?

松庭:いえ。そう言うわけでは無いのですが。何か他にも、周辺で当時起こった事ですとか、そういったものはありませんか?

霜原 緑:あー…[数秒の沈黙]いや、ありましたね少し。当時中学生ですからね、みんな怪談みたいなのが好きなんですよ。だからこう、誰かに殺されたこの学校の生徒の怨念だーみたいになって。犯人探しとかもして。まぁ勿論犯人なんて見つかるわけもないんですが。あとは実は不登校の生徒だみたいな話にもなって家を探したりして。

松庭:なるほど。他には何か?

霜原 緑:そうですね。でも何かその下りで、誰かが自殺した死体?を見つけて。大騒ぎになったんです。でも確か警察の結果だとホームレスだったとかで。でも実はそれが渡貫だったんだとか、警察関係者だったから誤魔化したんだなんて、根も葉もない噂立てるやつも居ましたね。

松庭:なるほど。発見の経緯について、今一度伺っても?

霜原 緑:はい。あれは…卒業式の10日前とかでしたね……
[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

「曖昧なものって、誰もがはっきりさせたがるんですよ。」

曖昧に記憶に住み着くSCP。それを餌に強くなる実態。誰かに知ってるかと問うたびに強くなる。

ERROR

The redbluefumikiri's portal does not exist.


エラー: redbluefumikiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6144139 ( 22 Feb 2020 11:18 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License