GoIF下書き「異世界跳躍先候補:510 "試練山脈ジョーカツ"」

このページの批評は終了しました。

U設定: #58|地域設定: 地球|言語設定:日本語

評価: 0+x
blank.png
IMG_1300%5B1%5D.JPG

試練山脈ジョーカツの風景の一部を切り取った写真。

基礎概要

跳躍先名称: 試練山脈ジョーカツ
└ ユニバースを構成している山の標高は100m以下のものからおおよそ1億kmを超える山もあります。

所属宇宙: ユニバース510
└ このユニバースの原住民族は存在せず、エルマ本国からの信徒がユニバースの管理を行っています。

現地エルマ規模:
└ 前述したようにエルマ信徒が登山道の整備、セーフハウスの設営、バトル会場の管理を行っています。

エルマより跳躍に関しての注意点: 有り
└ 荒くれ者のデュエルマリストが勝負を仕掛けてくる可能性が非常に高いため、現地へと赴くには「デュエルマ・スターライツ」の実力者か、或いはガイド兼用心棒につけることを強く奨励します。





現地紹介
試練山脈ジョーカツはユニバース#510に存在する山脈地帯です。元々は原生植物、微生物や虫に該当する小型生命体のみが棲息しており無人の地でした。

そのため、様々な理由で白黒つけようとする生命体が「決闘の地」としてジョーカツを選ぶ風習が古来より存在し、それはいつしかエルマ本国の統治に取って代わった今日まで残っています。エルマは跳躍先の文化を尊重するものです。

現在ジョーカツはエルマ外教が送る大人気トレーディングカードゲーム「デュエルマ・スターライツ」の公式大会会場になっています。デュエルマ・スターライツがその形式上周囲へ被害が及んでも大丈夫な環境で行った方が良いゲームであること、何より前述した「決闘の歴史」がこの地に存在していることから、ジョーカツでの公式大会に出場することはデュエルマリストの栄誉であると言われています。





補足説明:デュエルマ・スターライツ

デュエルマ・スターライツとは今エルマ外教で最も激しくアツかりしカードゲームです。元々エルマには様々な手法によってその教えを遍く世界へ広めようという試みが活発でした。女神エルマと教祖の邂逅を描いたアニメーション然り、女神エルマのその神々しいお姿を描いた抱き枕然り、このカードゲームもその中のひとつに数えられます。

カードに描かれているのは各地で伝えられている女神エルマの多種多様なお姿であったり、高名なエルマの信徒であったり、各地のエルマに関係する逸話が美麗なイラストレーションで描かれています。

誕生当初、デュエルマ・スターライツは児童向けに上述のような知識を楽しく覚えてもらうための知育玩具でした。ですがその人気が拡充していくにつれ老若男女問わずデュエルマ・スターライツをプレイし始め、競技性がより高くなり全ユニバース大会まで開催されるほどになったのです。

ルールはスタティックルールとダイナミックルールの2種類が存在します。どちらのルールでも

コストゾーンにカードを置き

遷教獣や跳躍呪文を使いこなして

相手のガードをすべて壊してダイレクトアタックを決める

という大まかな流れは共通していますが、

  • スタティックルールは双方の初期ガードが計5枚。
  • ダイナミックルールはそれぞれ遷教獣を最大3体まで召喚出来るエリア1と3、最大5体の展開が可能なセントラルエリアに区分されており、7枚のガードカードはそれぞれ2枚、4枚、1枚に割り振られています。1度出した遷教獣は一部の種族を除きそのエリアから移動できません。遷教獣をエリア移動させるには特定の跳躍呪文を発動する必要があります。

など、ダイナミックルールの方が複雑ではあります。大会等では基本的にダイナミックルールですが、気軽に楽しめるスタティックルールも競技人口は決して少なくありません。






ランドマーク

試練山脈ジョーカツは見渡す限り山で構成されているため、皆一様に「これだ」と一致するランドマーク的存在は無いかもしれません。強いていうならばジョーカツの中で最も標高の高い山「轟覇天山」がランドマーク的存在になりうると思います。セーフハウスの数も群を抜いて多く、エルマの技術力を以てしても登頂には至っていません。跳躍してくる信徒たちはこの轟覇天山に神秘的な雰囲気とジョーカツの決闘の歴史を感じ取り、畏敬を以ってデュエルマ・スターライツをプレイします。






体験談・逸話

TV:ユニバース1887放送『異世界跳躍バラエティー エルマの果てまでトンデQ!』第94回放送

この日、信徒ミヤザワはユニバース1887で放送するテレビ番組のためユニバース510を訪れていた。

ミヤザワ: ハア…ハア…なだらかな道を通ってくれてるのはありがたいけど…問題は長さやな…

ホージョー: 大丈夫かミヤザワ、もう少しだ…!

先導してくれるのはガイドのホージョーさん、何度もジョーカツを訪れておりデュエルマの実力も高い。現地でも有名なガイドだ!

ミヤザワ: というか、エルマ本国は会場の整備を担当してるんよな?なんでその道のりまでは面倒見てくれへんの…?

ホージョー: 「ここまで来たデュエルマリストはバトル会場に辿り着けるだろう」という仮定のためと、ジョーカツの厳正な雰囲気を失わないための配慮だ。ここまでのセーフハウスも赤や緑ではなく地味な茶色に塗装されていただろう?あれもその一環だ。

ミヤザワ: 変なところ気ぃ使っとんのに変なところ無責任やん…

そのような世間話を織り交ぜつつ登山すること数時間…

ホージョー: コウスケ!あれを見てみろ!

ミヤザワ: ええ~っ!?

そこで信徒ミヤザワが目にしたものとは!?

実際にカードのイラストを具現化させて戦うデュエルマリストたちの姿が!

ミヤザワ: めっちゃモンスターたちが暴れまわってて危ないやん!

ホージョー: そうさダイスケ!ジョーカツでの大会は実際にカードから遷教獣を召喚したり跳躍呪文を発動するのさ!

デュエルマ・スターライツ!それは激しくアツかりしカードゲーム!デュエルマがここまで人気になった理由として、カードに秘められたギミックが挙げられる!

カードの裏面に共通して描かれている文様、これは特殊なエルマ聖印が施されており、決闘の際に限ってそのカードを実際に具現化することができるのだ!

目的地についたミヤザワ、ホージョーさんの案内で会場内の視察に向かうことに。

ミヤザワ: なんか…歴戦の猛者みたいな人ばっかかと思ってたんですけど意外と子供もいてますね?

ホージョー: ふふふミヤザワ、見かけに騙されてはいけない。デュエルマの勝敗を決めるのは…魂なのさ!

ミヤザワ: はあ、魂…何言うとんねんこの人…

跳躍着地地点からここまで約6時間、時刻は夕方。明日の朝に開会式が行われる。そのため本日は貸テントで宿泊することに…

ADスタッフ: ミヤザワさんミヤザワさん。

ミヤザワ: んん、何…?今日すごい疲れてんねんけど…

ADスタッフ: 明日の開会式にデュエルマの、エキシビションマッチがあるんですけど。あの、野球の開会式みたいな。

ミヤザワ: うん

ADスタッフ: そこにミヤザワさん出てください。もう話は通してあります。

ミヤザワ: …ええ?

というわけでお祭り信徒ミヤザワ!急遽番組を代表してデュエルマ・スターライツの開会式に参加!

ADスタッフ: それでミヤザワさん、デッキの件なんですけど…元々組まれてる構築済みデッキを使うか、1からデッキ組むか、どっちがいいですか?

ミヤザワ: いや待って?

ADスタッフ: 構築済みデッキは明確なコンセプトが決まっている分すぐに練習しやすくてこっちが良いと思うんですけど。

ミヤザワ: いやじゃあそっちでええよ、うん。

ADスタッフ: でもやっぱり参加者たちは見たことのないコンボや試合を臨んでると思うんですよね、お祭り信徒ミヤザワさん。

ミヤザワ: …。

ミヤザワ、登山の直後に夜なべしてデッキづくりを行うことに。

ミヤザワ: いやでもエキシビションマッチはスタティックルールやろ?そこまで戦術的に複雑にせんでも、単純なカード単体の地力で選んでええんちゃうかな…

ミヤザワ: あーでも初動は手札事故が怖いから8枚入れよ…色の縛りは…





ミヤザワ: ワッショーイ!さあというわけで大会当日です!

勝負山脈ジョーカツの雲の様子は快晴、格好のデュエルマ日和に恵まれた!会場は複数のユニバースに中継されており、報道陣も詰めかけている。我々TV:ユニバース1887もそのひとつだ。

ミヤザワ: うわ、結構メディアいますね!?みんなあの道通ってきたんかな?

ホージョー: いや、メディアの人たちはそもそも会場の近場に跳躍できる。君が通ってきたのは大会参加者用の道だ。

ミヤザワ: え?は?ちょちょちょ待って?いやなんで?

ホージョー: だって君は開会式でデュエルマするんだろ?なら君も立派な参加者だ!

ミヤザワ: うわ知っとったやん…ホージョーさんも最初から…

テンションダダ下がりのミヤザワをよそに、開会式が始まる。この日登壇するのはデュエルマ運営であり第一人者、エバス=ンミジョ氏。

ミヤザワ: あの人…人?顔から触手までホントにヨボヨボなんやけど大丈夫なん?

ADスタッフ: ミヤザワさん、あの人と戦います。

ミヤザワ: なるほど?肩書きからして強そうは強そうやけど…

ホージョー: ミヤザワ!

ミヤザワ: はい、何ですか?

ホージョー: 俺が昨日言ったデュエルマの勝敗を決めるもの、覚えてるか?

ミヤザワ: えっなんやったけ…魂?

ホージョー: ああそうだ、頑張ってこいよ!

ミヤザワ: ああ、ありがとうございます…?

会場のボルテージも最高潮になったところでお祭り信徒、登壇!

ミヤザワ: ワッショーイ!本日はよろしくお願いします、エバスさん!

エバス: はい、どうも、よろしくお願いいたします。では早速始めましょうか。

ミヤザワ: はい、決闘前の挨拶があると聞きましたが…?

エバス: ええ、ではいきますよ…

2人: ルール:スタティック!毎ターンドロー1枚!デックアウト有り!

2人: 女神エルマの名に誓い、決闘を申し込む!

2人: デュエルマ、スタート!!

生粋のお祭り信徒、宮澤幸助VS(人間換算で)御年684歳、エバスさん!今戦いの火蓋が切って落とされた!





お互いに1ターン目はドローとコストチャージで終了。先行2ターン目、ミヤザワが動く!

ミヤザワ: ドロー!コストチャージ!2コストで跳躍魔法《跳躍のための第一歩》発動!1コストチャージや!

エバス: なるほど、ではこちらは…ドロー、コストチャージ、エンド。

ADスタッフ: ミヤザワさんは初動のコストチャージを引けましたけど、エバスさんは引けなかった感じですかね、運が悪いな…

ホージョー: いいや、まだわからない。初動のコストチャージ魔法やドロー魔法は入れなくても回るデッキはあるからね…

ミヤザワ: ドロー!コストチャージ!跳躍魔法《異葬鞄の墓荒らし》!デックトップから4枚を墓場に置いてカードを1枚回収!

エバス: ドロー、コストチャージ。3コストで《導炎の鳥・メイラー》をサモン。

導炎の鳥・メイラー: メッラメラ~!

ADスタッフ: 炎を纏った小鳥が出てきた!この試合初めての遷教獣ですね…!

ホージョー: ああ、ミヤザワは一見すると場を順調に整えているがガードを割れる遷教獣を場に出していない。それに…

ADスタッフ: それに?

ホージョー: メイラーの能力は種族ドラゴン・ジョウントのサモンコストを軽減する、その炎は龍たちの灯火になるぞミヤザワ…!

ミヤザワ: ドロー!コストチャージ!5コストか…《跳躍のための第一歩》で1コストチャージして…ターンエンドや。

ADスタッフ: えっ!?

ホージョー: ミヤザワ…手札事故か?いや先の墓荒らしでカードを回収したはずだ。

ADスタッフ: まさかミヤザワさん…申し訳程度の初動の他は全部高コストの重いカードばかりなんじゃ!?

ホージョー: うむ…

エバス: ドロー、コストチャージ。《頭部無き鶏龍・アグァアール》召喚。能力でデックトップを公開。…ドラゴン・ジョウントではないですね。墓場に捨てます。

ADスタッフ: 僕も素人なので間違っていたら申し訳ありませんけど…「デーモン・ジョウント」、「エンジェル・ジョウント」、「ドラゴン・ジョウント」の3種族がデュエルマでは強くて人気なんですよね?

ホージョー: ああ、その大きな翼をはためかせ跳躍する3つの種族。古くから別次元に存在する組織「世界オカルト連合」のエルマ信徒に対する識別コード、揶揄表現であったが、デュエルマ運営がその語感のカッコよさから設定に組み込んだという背景がある…

ADスタッフ: 地球における鉄の女みたいな感じかな…というかホージョーさん急に早口になるじゃないですか。

ホージョー: ああ!デュエルマリストであり、デュエルマオタクだからね!

エバス: 《導炎の鳥・メイラー》でミヤザワさんのガードを1枚割ります。

導炎の鳥・メイラー: メララ~!

ミヤザワ: ぐっ…

ADスタッフ: メイラーでガードを割った!?

ホージョー: 普通は相手の遷教獣による反撃を恐れて攻撃はしないが、ミヤザワの場には未だ遷教獣がいない故の強気な行動…!だがしかし、反撃の手段はそれだけではない!

ミヤザワ: 来た…!TTトラップ・トリガー発動!《虹の池に降り注ぐ祝福》!デックトップから1枚をコスト、1枚を手札に!

ADスタッフ: ガードゾーンから手札にカードが加えられた時、そのカードがTTならコスト不要で使える!でも…

ホージョー: ああ、今回のトリガーは相手の遷教獣を止められるものでも、ガードの身代わりになるものでもない…現状打破とはいかない効果…運が良いのか悪いのかは、次の動きで決まる!

ミヤザワ: いける…いける!よし!

ミヤザワ: ドロー!コストチャージ!7コストで《憎悪悪魔・ラデン》をサモン!能力で相手のデーモン・ジョウントではない遷教獣を破壊!対象は《頭部無き鶏龍・アグァアール》!

エバス: …!

ミヤザワ: さらに!相手の遷教獣が破壊された時、ラデン以外の遷教獣は敵味方問わず存在力-1000!存在力0になったメイラーは墓場行きや!

ADスタッフ: やった、逆転した!

ホージョー: いいぞミヤザワー!

エバス: なんと、素晴らしい…そのコンボは?あなたが考えたのですか?

ミヤザワ: コンボってほどのもんやないです。序盤にコストをめっちゃ貯めて、相手の攻撃を何とか耐えて大型獣を出す。自分今回が初めてのデュエルマだったんで、これくらいシンプルな方がいいのかなって…

エバス: 謙遜なさらないでください。それがあなたの魂に合った戦法やカードなら、素晴らしい巡り合わせだ。

ミヤザワ: また魂…ここに来る前も言われましたよ、何なんです?

エバス: ははは…ではこちらのターンです。

ミヤザワ: いや教えないんかーい…

エバス: このエキシビションが終わりましたら、お教えしましょう。ドロー、コストチャージ。墓場に赤文明のカードが3枚あるのでコスト3軽減。《ジャーニー・レド・ドラゴン》サモン。

ミヤザワ: !?マズ…!

エバス: 《ジャーニー・レド・ドラゴン》は跳躍酔いしませんので出したターンに攻撃できます。2枚ガードを破壊。

ミヤザワ: あ、アカン…

エバス: さあ見せてくださいミヤザワさん。あなたの…カードとの魂の共鳴を!

ミヤザワ: …正直言ってることは今もピンと来へんけど…これだけは分かる。

ミヤザワ: ルールもわからず嫌々やってたのに、こんなにピンチなのに、むっちゃ今ワクワクしとる!

ADスタッフ: ミヤザワさん…

ホージョー: ミヤザワ…そうか、君もデュエルマリストとしての魂を持っていたんだね…!

ミヤザワ: 俺のターン!ドロー!コストチャージ!切り札!《超次元の壁尻サイキック・アスウォールマダルシィ》をサモン!

エバス: 地面から…巨大な半ケツがせりあがってくる!

ミヤザワ: まだまだこんなもんやない!このケツの穴から仲間がやって来る!ケツの情熱に感銘した奴らが超次元からやって来る!

ミヤザワ: 自分の手札、コストゾーン、墓場からそれぞれ《アヴァターラ・ロコ》、《養老天使・セイミン》、《支柱兄弟・クレアン》をコスト不要でサモン!!

エバス: 聖なるケツから天使たちが…!

ミヤザワ: ターンエンドや、エバスさん。次のターンで決めたる!

エバス: わかりました…ならば私も信じます、私のデッキを、相棒を!

エバス: ドロー!コストチャージ!《性的劣情を煽動しうる龍・パハドラゴン》!

ミヤザワ: あっ…

エバス: 能力によりあなたの遷教獣1体、今回は《アヴァターラ・ロコ》を選びます!このターン私の攻撃の妨害は出来ません!

アヴァターラ・ロコ: アカンめっちゃあのドラゴンエロく見える…

ミヤザワ: 《アヴァターラ・ロコ》ー!!てか俺と口調似てるー!?

エバス: あなたとカードの魂が共鳴した…非常に見事なデュエルマでした!《ジャーニー・レド・ドラゴン》で2枚ガードを破壊!

ミヤザワ: ぎ、逆転のTTは…無し!?

エバス: 《性的劣情を煽動しうる龍・パハドラゴン》、でミヤザワさんにとどめだぁ!!

ミヤザワ: うわああああああ!!





ミヤザワ、敗北。

よくよく振り返ってみれば主人公らしい啖呵を切っておきながらエバスさんのガードを1枚も割ることなく散っていった。エバスさんが強いのかミヤザワがあまりにもぶっつけ本番だったのか、その両方か…

ミヤザワ: うう…

しょげるミヤザワをよそに大会は無事に進行、優勝者が決まった!ミヤザワは最後に、あの疑問を質問する。

ミヤザワ: あの~ホージョーさん、エバスさん。結局「デュエルマの勝敗は魂で決まる」というのは、一体どういうことだったんですか?

エバス: …エルマ外教によって拓かれた世界には様々な生命がいます。ですがそのほとんどがすぐには仲良くなれません。

エバス: その時に私たちは様々な形で対話を試みます。身振り手振りで、歌で、絵で、遊びで、祈りで…そこで私たちは「デュエルマ」という形を採用したのです。全ての壁を取り払って、お互いの魂をむき出しにしてぶつかり合い、相互理解を深めていく…

ホージョー: 自分と容姿の違う他人を避けたり糾弾するのはごく当たり前に起こりうる。自分にとって未知の部分で構成されているため、怯えや排除本能に繋がるからね。当然それ自体が嘆かわしいことだし、あってはならないことだと気をつけなくてはいけない。…理屈ではわかっていてもどうしてもそんな諍いが起きてしまうけどね。

エバス: ですがそんな自分と他人でもデュエルマが終わればみんな友達です。そこにはもう忌避すべき肉体的特徴も、言語の壁もなくなっているのです。容姿で優劣をつけるのではない。裸の熱い魂を全力のデュエルマによってつなげたのですから。

ミヤザワ: 他人への偏見を無くして、未知の世界へ繋がるためのデュエルマ…

ミヤザワを含めた我々ロケ班はその話を聞き、デュエルマ・スターライツは残すべき文化であり最高のコミュニケーションであると確信した。今まさにそのデュエルマ・スターライツ大会の優勝者が表彰台に上がり、主催者であるエバスさんからトロフィーと副賞のプロモカードが贈呈される。

エバス: では、優勝したアントラルウさんには《永遠に紅い幼き月、レミリア・スカーレット》のプロモバージョンが差し上げられます!優勝おめでとう!

こうして今回の大会も無事に幕を下ろしたのだった。よかったよかった…

ミヤザワ: いやそのルール著作権は守っていかんのかーい!!!

Qのコンテスト2022に参加させていただきます。使用したQは謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!です。

http://scp-jp.wikidot.com/eden-leap-510

付与予定タグ: goi-format jp エルマ外教 qコン22


ERROR

The EianSakashiba's portal does not exist.


エラー: EianSakashibaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6139370 ( 21 Feb 2020 13:55 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License