妄想

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


renerdrenerdさんへ、ご質問ありがとうございます。おそらくは長文になると予想してサンドボックスにて回答をします。多分しばらくしたら消えるかもしれないので役立つ情報がございましたらコピペ等していただけると幸いです。

先ず、私が妄想しているTiamat周りの設定は以下です。

Tiamatオブジェクトの収容方法

財団単独では収容、確保が難しいと判断された場合、他の友好的な要注意団体との合同作戦が開始される。だいたいがGOCだがオブジェクトの由来的、信仰的、生誕的に密接な関係がある団体が作戦立案や無力化作戦に駆り出される事がある

SCP-5034の脚注にある「パンゲア協定」と「パンゲア議定書」を発動。以下の手順が行われる。

・BK-クラス:ヴェール棄却シナリオを財団とGOCの合同で発表。財団が自主的にヴェールを放棄した際に行われるシナリオ。これは財団以外のパンゲア協定を締結している各国政府にも行使される。
・財団と世界オカルト連合、UIUや特事課といった以上に対する捜査機関や軍事組織がアノマリーの存在を知らなかった他の部署に対して命令権利を行使可能。早い話財団とGOCの下にパンゲア協定国の全戦力を集結できる。
・段階的なThaumielオブジェクトクラスの使用許可。最初は人々を守護、避難のためだが、割と早期にオブジェクト破壊のためのThaumiel使用が許可される。
・財団職員のクリアランス制限の解除。一部の(オブジェクトに汚染されているなどの理由)報告書を除き財団の全情報が閲覧可能。


全世界合同の最終作戦が発動。我らの身体を燃やす。この作戦が失敗した場合以下の手順が実行される。
・倫理委員会とO5の共同裁決による、全人類への集団安楽死の選択権
・Thaumielも含めた全オブジェクトの無制限使用許可
・SCP-2000の稼働
・オブジェクトクラスをApollyonへと移行
・(手段が残されていれば)基底世界放棄による別次元への避難

オブジェクトの収容に成功した場合、
・パンゲア協定に基づいたヴェール棄却を想定した財団主導の地球文明の再興
・財団とGOCの協定解除。こ、今回はたまたまアンタらと手を組んだだけなんだからっ!!
・情報が開示された、もしくは使用されたオブジェクトの特別収用プロトコル見直し



Apollyonクラスとかに編集者の独白とか入っているのはパンゲア協定によるクリアランス制限解除が理由…というヘッカ






財団世界におけるTiamatとApollyonオブジェクトクラスの立ち位置

2つは元々想定の上で設定されたもの

Apollyonはあくまで「世界の破滅」を目的としているのに対して、Tiamatは「対象の基底世界の再構築を目的としているため、その過程で破滅させる」オブジェクト
Apollyonとは破滅と権力の象徴、ヒト世界の文明を無かったことにするためにそれは訪れる。戦争として。抑止力として。理不尽として。
Tiamatとは再生と原初の象徴。ヒト世界の文明を最初に戻すためにそれは訪れる。母胎として。熱狂として。神話として。

Apollyonはその破壊力故に世界の破滅を完遂した後に、もしくは道半ばで崩壊する。故にApollyonは複数個体存在する。人類が再び王の偉業に恐れおののくために、新たな世界でアポリオン王の冠はその時まで忘却の部屋の中に置かれる。

Tiamatはその再生力故に肉体活動に終わりはなく、自らの体も「再構築」する。故に全てのTiamatは姿役割違えど同一個体である。人類が再びゆりかごで眠るために、新たな世界でティアマトの母はその時まで原初の海の中で子らの成長を監視する。

このうち、パンゲア協定の元ネタとなったSCP-5034ではBK-クラスの詳細は書かれておらず、「パンゲア議定書」に至っては名前すら出てきません。なのでこの2つは完全に私の妄想なのです。

これに加えて、私はTiamatというオブジェクトクラスの初出であるSCP-3895:Our Unrestが「明らかにクトゥルフ神話へのオマージュが見られる点」、「生きている死んでいる関係なく人間をを遺伝子レベルで変異させる」という内容であることから、
「ただ一つTiamatその存在は、地球の生命構造そのものを書き換えてあらゆるいのちの頂点に立つことを目的として飛来した宇宙生物である」という妄想もあります。
この時点で「破滅」が主目的であるApollyonたちとの対立が発生し、最終的にTiamatとApollyon軍団の怪獣大戦争が発生、刺し違えた結果それが現在の宇宙創成に繋がったという妄想です。






とまあ、長々と妄想を書いたのですがそもそもの話これは私が

「Tiamatオブジェクトもっと増えねえかな…」

「Apollyonとの差別化や設定の導入が必要だ、でもこれは半ばTiamatというオブジェクトクラスを私が私物化、独占する形になる…まどーせこんなマイナークラス誰も使わないし増えないんだし長々のんびり罪悪感なしにやるか…」

「?????????(大豊作)」

といういきさつがあるので、私はこの設定を作品として組み込むのは消極的賛成の立場です…だって明らかにTiamatのバリエーションを狭めてしまうやないですかこんなん設定としてブラッシュアップしたら…ですが使って下さるのならこの上なく喜ぶとは思います、その際には積極的な援助、設定の考案をお手伝いさせていただきます。

ERROR

The EianSakashiba's portal does not exist.


エラー: EianSakashibaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6139370 ( 21 Feb 2020 13:55 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License