誘導灯
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号:SCP-XXXX-JP
オブジェクトクラスKeter
特別収容プロトコル
SCP-XXXX-JPの本質的な収容は、その性質上、現時点では不可能です。
SCP-XXXX-JPの発生が確認された場合、SCP-XXXX-JPが発生した建造物(以降SCP-XXXX-JP-Aと呼称)に一般人が立ち入らないよう、SCP-XXXX-JPが確認されなくなるまで、警察による飛び降り自殺の調査を装ってください。また、SCP-XXXX-JP発生後、2日おきにDクラス職員をSCP-XXXX-JP-Aに侵入させ、SCP-XXXX-JPの状態を確かめてください。
説明
SCP-XXXX-JPは建造物物内に発生する異常性を持った誘導灯群です。SCP-XXXX-JPが発生する建造物は、主に日本国内の3階建て以上の構造を持つものに限られます。発生頻度は年に1度から2度で、発生から平均して14日程度で異常性は消滅します。
SCP-XXXX-JPの異常性は、自殺衝動を持った人間が、SCP-XXXX-JP-Aに侵入することにより活性化されます。SCP-XXXX-JP-Aに自殺衝動を持った人間(以降SCP-XXXX-JP-1と呼称)が侵入すると、SCP-XXXX-JPの表示内容は、通常の避難経路を示すものから、SCP-XXXX-JP-Aの三階以上の窓、もしくはベランダへの経路を示すものに変化します。SCP-XXXX-JP-1は、SCP-XXXX-JPの示す経路に沿って進み、最終的に飛び降り自殺を図ります。このとき、SCP-XXXX-JPが示す経路は、SCP-XXXX-JP-1の

ERROR

The RENTO-P's portal does not exist.


エラー: RENTO-Pのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6137474 ( 31 Mar 2020 09:36 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License