SCP-4473-あなたは私にこう感じさせる(You Make Me Feel Like)

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x

WARNING

The following file is currently under investigation by the Foundation Department of Miscommunications. As such, all research on SCP-4473 is frozen until further notice.

警告

以下のファイルは現在、財団の誤伝達部門によって調査中です。そのため、SCP-4473に関するすべての研究は追って通知があるまで凍結されています。

Item #: SCP-4473
アイテム番号: SCP-4473
Object Class: Safe
オブジェクトクラス: Safe
Special Containment Procedures: SCP-4473 is to be contained within an anomalous item storage unit located at Site-22, guarded by two security personnel at all times. All movement of SCP-4473 is to be achieved via use of machinery; no personnel are to come into physical contact with SCP-4473.
特別収容プロトコル: SCP-4473はサイト22の異常物品保管庫内に収容され、常に2人の保安職員が警備しています。 SCP-4473の移動はすべて機械を使用して行うものとし、SCP-4473と物理的に接触しないようにしてください。
Apart from SCP-4473, nothing is also present inside the containment chamber.
SCP-4473以外には、収容チャンバー内には何もありません。
Description: SCP-4473 is a large rectangular object superficially resembling a computer server. On its left side is a large cavity, through which a mass of bound-together bones1 and string is visible. On its right side, the words 'Oh You Lonely Little Thing' have been written in white spray paint.
説明: SCP-4473は表面上はコンピュータサーバーに似た大きな長方形のオブジェクトです。左側には大きな空洞があり、そこから結合した骨2と紐の塊が見えます。右側には、「Oh You Lonely Little Thing」という言葉が白いスプレーで書かれています。
When an individual makes contact with any internal component of SCP-4473, they will experience a sensation similar to a mild static shock. Subsequently, they will be affected by a series of anomalous phenomena over a period ranging between several minutes and twelve hours. These phenomena primarily affect individuals observing3 the person who made contact with the mass, hereafter referred to as the victim, and are as follows:
個人がSCP-4473の内部部品と接触する時、軽い静電気ショックに似た感覚を体験します。その後、数分から12時間の間に一連の異常現象の影響を受けます。これらの現象は主に塊と接触した人物(以下、被害者と呼称)を観測している人物4に影響を与えるもので、以下の通りです。
* Loss of Context: Over time, observers will become unable to recognize the context behind the actions of the affected individuals. The actual physical perception of these actions is not affected, but rather the ability of observers to comprehend either the motivations or consequences of the action. As time progresses, this lack of comprehension will worsen, with the observer's impression of the victim's actions growing more and more vague.
* Loss of Identity: Observers become unable to recognize the identity of the victim. As with the first symptom, the observer's actual knowledge of the victim is not affected, only their ability to connect that knowledge to what they are witnessing. At first, this phenomenon only affects primary designations of the victim, such as their name, but will quickly worsen to encompass nearly every detail concerning the victim.
* Disappearance: Once the previous phenomenon has worsened to the point that observers cannot recognize any details concerning the victim, said victim will completely disappear. Analysis using a number of instruments has confirmed that, following this, nothing now occupies the space where the victim previously was.

  • 脈絡の喪失: 時間の経過とともに、観測者は影響を受けた人物の行動の背後にある脈絡を認識できなくなります。これらの行動の実際の物理的認識は影響を受けませんが、行動の動機または結果のいずれかを理解する観測者の能力に影響を与えます。時間の経過とともに、この理解力の欠如は悪化し、被害者の行動に対する観測者の印象はますます曖昧になります。
  • 同一性の喪失: 観測者は被害者の同一性を認識できなくなります。最初の症状と同様に、被害者に関する観測者の実際の知識は影響を受けず、その知識を目撃しているものに結び付ける能力のみが影響を受けます。最初、この現象は被害者の名前などの主要な指定にのみ影響しますが、被害者に関するほぼすべての詳細を網羅するように急速に悪化します。
  • 消失: 観測者が被害者に関する如何なる詳細も認識できなくなる程以前の現象が悪化すると、被害者は完全に姿を消します。多くの器具を使用した分析により、これに続いて、被害者が以前いた場所に現在何も占有していないことが確認されました。

Discovery: SCP-4473 initially came into containment following an anonymous phone call5 from an apartment in Manhattan, New York. Upon investigating the source of the call, Covert Task Force Alpha-9 ("Curious Cats") initially located nothing. However, upon proceeding through a concealed entrance within the home, CTF Alpha-9 discovered a sizable collection of anart pieces, including SCP-4473.
発見: SCP-4473は当初、ニューヨークのマンハッタンにあるアパートからの匿名の電話6の後に収容されました。通話の発信元を調査したところ、秘密部隊アルファ-9(「好奇心の強い猫」)は最初何も見つけられませんでした。しかし、家の中に隠された入り口を通り抜けたところ、CTFアルファ-9はSCP-4473を含む膨大な異常芸術作品のコレクションを発見しました。
Inspection of the collection, and materials contained therein, revealed that the apartment was one of several homes owned by prominent anartist Julian Paget.7 In addition, correspondence included with SCP-4473 suggests that it was sent to Paget by a Mr. Gideon Saul.
コレクションとその中に含まれていた資料を調査したところ、このアパートは著名な異常芸術家アナーティストであるジュリアン・パジェットが所有していたいくつかの家の一つであることが判明しました。8 さらに、SCP-4473に含まれる通信文は、ギデオン・サウル氏によってパジェットに送られたことを示唆しています。
Following the discovery of SCP-4473, personnel proceeded to Mr. Saul's own nearby residence for questioning and he was temporarily brought into custody.
SCP-4473の発見に続いて、職員はサウル氏の近くの自宅に尋問のため立ち入り、彼は一時的に拘留されました。


Interview Log 4473-1:

Interviewer: Agent Grenn
Interviewed: Gideon Saul


<Begin Log>

(Agent Grenn trips over nothing as he comes into the room and stumbles slightly.)

Mr. Saul: (quietly) Sorry, it's messy.

Agent Grenn: The boys tell me you're ready to talk. That right?

Mr. Saul: (nods) Yes, sir.

(Agent Green hands over a fingerprint scanner to Saul.)

Agent Grenn: Need your fingerprints tested first — verify your identity.

Mr. Saul: Yes, sir.

(Mr. Saul does something with the fingerprint scanner.)

Agent Grenn: So. From what I understand, you're the creator of SCP-4473?

Mr. Saul: The creator of what?

Agent Grenn: The box.

Mr. Saul: Oh, um, yes then.

(Pause.)

Agent Grenn: We lost an agent to that thing before we knew what touching it did. Care to explain?

Mr. Saul: (moves) I - I didn't mean to hurt anybody — well, I did, but not really, I didn't mean it!

Agent Grenn: I assume the initial target was your Julian Paget. We looked into your background, and it looks like Paget was your art teacher. Am I correct in saying that you were one of his students?

(Mr. Saul makes some kind of facial expression.)

Man: Art teacher — my, my art teacher?! Sir, now, I don't mean to be disrespectful or anything of the sort, but that man is my mentor! It ain't - isn't that petty.

Agent Grenn: But you don't deny sending him the box.

Man: I … no, I don't.

Agent Grenn: Why, then?

(Pause.)

Somebody: He was like the sun to me. I was all alone when I came here, and just knowing that he approved of my — of my work, it was enough to keep me going, you know? But when he turned away from me, threw me away … I felt like … I felt like … you know. I wanted him to feel the same way.

(Pause.)

Somebody: (apologizes)

Agent Grenn: Oh shit. Get someone in here, now!

Somebody: (says something)

(Something makes a noise.)

(Two members of CTF Alpha-9 enter the room, responding to Agent Grenn's calls.)

CTF Alpha-9-5: Sir?

Agent Grenn: Shit. He's gone. Get a research team in here!

(Agent Grenn and the CTF Alpha-9 members leave the room.)

(Nothing does nothing.)

(Nothing happens.)

(Nothing.)

<End Log>

インタビューログ 4473-1:

質問者: エージェント・グレン
対象者: ギデオン・サウル


<記録開始>

(エージェント・グレンは、部屋に入ってきたときに何もないところでつまずき、わずかによろける。)

サウル氏: (静かに) すみません、ごちゃごちゃしていて。

エージェント・グレン: 坊やたちは、あなたが話す準備ができていると私に言っています。 そうですか?

サウル氏: (頷く) はい、サー。

(エージェント・グレンが指紋スキャナーをサウルに渡す。)

エージェント・グレン: まず指紋をテストする必要があります— 同一性を証明してください。

サウル氏: はい、サー。

(サウル氏は指紋スキャナーで何かをする。)

エージェント・グレン: さて。私の理解では、あなたがSCP-4473の製作者?

サウル氏: 何の製作者?

エージェント・グレン: 箱です。

サウル氏: ああ、ええと、はい。

(沈黙)

エージェント・グレン: 私たちはあれに触れるとどうなるかを知る前に一人のエージェントを失いました。説明してくれませんか?

サウル氏: (移動) 私は-私は誰も傷つけるつもりはありませんでした-いえ、そうしてしまいましたが、別にそういうつもりは無かったんです!

エージェント・グレン: 最初のターゲットはあなたのジュリアン・パジェットだったと思います。私たちはあなたの背景を調べましたが、パジェットはあなたの芸術の先生のようでした。あなたが彼の生徒の一人だったと言っても正しいですか?

(サウル氏は何らかの表情をしている。)

男性: 芸術の先生—私の、 私の芸術の先生?! サー、今、私は失礼なことを言っているわけではありませんが、その人は私の恩師です! そんな些細なことじゃない-ありません

エージェント・グレン: しかしあなたは彼に箱を送ったことを否定しません。

男性: 私は… いえ, 違います。

エージェント・グレン: では、何故?

(沈黙)

誰か: 彼は私にとって太陽のようでした。 私がここに来たとき、私は一人ぼっちで、ちょうど彼が私の-私の作品を認めたことを知っていました 、それは続けていくのに十分でした。わかりますか? しかし彼は私に背を向けると、私を捨てました…私はああ感じました…私はああ感じました…わかるでしょう。私は彼に同じように感じてほしかった。

(沈黙)

誰か: (謝罪)

エージェント・グレン: ああクソが。誰か来てくれ、早く!

誰か: (何か言う)

(何かが雑音を立てる)

(CTFアルファ-9の隊員二人がエージェント・グレンの召集に応じ、入室する。)

CTFアルファ-9-5: サー?

エージェント・グレン: クソ。彼は行ってしまった。ここに研究チームを呼べ!

(エージェント・グレンとCTFアルファ-9隊員が退室する。)

(誰も何もしない。)

(何も起こらない。)

(何もない。)

<記録終了>


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The crablue's portal does not exist.


エラー: crablueのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6129627 ( 18 Feb 2020 09:10 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License