侵食する夜

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

%E5%A4%9C

SCP-XXX-JP

特別収容プロトコル: 現在SCP-XXX-JPはその存在の予想される可能性の膨大さと、SCP-XXX-JPの持つ性質上収容することは出来ていません。日本国内でのSCP-XXX-JP-aの出現、又はSCP-XXX-JP-bの存在の出現を全国に設置した防犯カメラ、財団製のSNSのワード感知ソフトによって24時間体制で監視しその存在を確認し次第、それがSCP-XXX-JP-bの場合であり、かつその数が少ない場合はSCP-XXX-JP-bの処分を、SCP-XXX-JP-aの場合であり、かつその数が少ない場合は記憶処理を双方共に1時間以内に行ってください。SCP-XXX-JP-a又はSCP-XXX-JP-bの大規模な出現があった場合、BK-クラスの発生が危惧されます。その場合SCP-XXX-JP-cをどのような意味であれ、別の意味への置換を早急に行ってください。現在確認できるもので一番古いSCP-XXX-JP-a又はSCP-XXX-JP-bの出現記録は8█年前であり、それ以前での出現は確認できていません。

説明: SCP-XXX-JPは人類に定義された「夜」の概念1そのものです。現在SCP-XXX-JPは実在するということ以外、人類の意識の中に存在するのか、現実に存在するのか、それが特異性を引き起こす物体なのか、空間なのか判明していません。SCP-XXX-JPは不定期に夜の概念を、明るさを連想・知覚させる何かの概念、事象、物体、空間などに付与します(SCP-XXX-JP-b)、又はそれを夜だと認識させるミーム汚染を人類に向けて発します、そうして暴露された人間(SCP-XXX-JP-a)は夜(オリジナル)を夜と認識したまま、SCP-XXX-JPの特異性によって夜と認識させられたモノも夜と認識します。その際、SCP-XXX-JP-aはそのことに違和感は覚えず、SCP-XXX-JP-a同士の会話はその内容に矛盾が生じていても成り立ちます。SCP-XXX-JP-aが認識した夜、又はSCP-XXX-JP-bを見て認識した夜の意味(SCP-XXX-JP-c)は誰が見ても同じ意味を持った夜だと認識しますが、その意味の説明を求めた際、その説明される言葉や文章は一律して同じ内容なのにも関わらず、それはSCP-XXX-JPが本来持つオリジナルの意味とは異なり、過去に発生したSCP-XXX-JP-a、SCP-XXX-JP-bの持つ夜の意味とも異なると発言します。SCP-XXX-JP-aとSCP-XXX-JP-bの出現数はSCP-XXX-JP-cの定着率と比例しており、双方とも3,3440以上の出現に伴い完全な記憶処理と元の意味への再定着は不可能となりますが、その言葉の認知度によって限りなく元の意味に近い意味への再定着が可能です。その後の定着率は変化しません。
 
 ー 過去の発生事例(一部抜粋) ー

SCP-XXX-JP 資料:SCP-XXX-JPの出現経緯を調査していた際、千葉県の██村で行われていた「夜迎祭り」の伝承とSCP-XXX-JPの特徴が酷似しているのを発見、その後現地での調査を進めました。以降調査結果となっています。

補遺: SCP-XXX-JPの捕獲や封じ込め、ミーム汚染の回避や防衛などは全て失敗に終わっており、現在この現象は日本国内でのみ発生しています。既に█3%の概念、事象、物体、空間は、SCP-XXX-JPの影響を受けています。近年SCP-XXX-JPの活動頻度は以前より28%増加しています。

Footnotes

1. ポテトチップスを使った若者飯
2. 日没から日の出までの時間のこと。太陽が地平線や水平線の向こう側にある時間帯のこと

  • keter
  • jp
  • scp
  • 認識災害
  • 夜コン21

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Taaanu's portal does not exist.


エラー: Taaanuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6126017 ( 30 Aug 2020 11:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License