花瓶

私はいつでも思い出す。夏の陽気にうんざりしても窓のそばから離れなかったあなたの髪が金色に輝いて綺麗だったこと。たまに吹いた風があなたのシャツをなびかせて、ボタンはキラキラ光っていた。私、いつだって思い出す。夏の日のこと、あなたは覚えていないこと。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはもう放たれています。窓を開けてください。

説明: 私たちの正しさを証明したのは一つのあるイメージです。
 

丹崎咫央を語る上で私たちは一つの事実を認める必要があります。それは彼女が一人の人間であったという事実です。もうそこに虫のように這い、振る舞い、居座る女はいませんでした。ただ丹崎咫央という一人の女性が唯一この場に記録として残り続けています。

これはストーリーのある映画ではありません。決められたゴールがあるゲームでもありません。私たちにできることは欠片を集め、整え、それを眺めることだけです。そして何かを体感してください。浮かび上がるそれは彼女か、あるいは孤独であったかもしれません。

「怖い夢を見たの?」

ERROR

The illionui's portal does not exist.


エラー: illionuiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6120259 ( 24 Jul 2020 04:37 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License